パックン・マックンが吹きガラス体験!

November 17 [Mon], 2008, 18:43
パックン・マックンが吹きガラス体験!

11月10日(月)、パックン・マックンが、当米澤吹きガラス工房
吹きガラスを体験しました。

SBSテレビで放送されている「みちブラ!」の取材で、
パックンとマックンが当工房にやってきて、
それぞれ吹きガラスに挑戦する様子が、テレビに収録されました。

ほんとうにぶっつけ本番で、説明もそこそこに、いきなり体験で
しかも少し面倒なグラスを作ることとなり、
彼らを相手に、怪我があってはいけないし、悪戦苦闘(?)の時間に
なりました。
まじめに取り組んではくれましたが、職業意識(?)の高い彼らは、
さすがに笑いを取りに走ろうとするし、教える側としては、
怪我や失敗があってはと、ヒヤヒヤの冷や汗ものでした。

何とか無事に、2人とも作品を完成することができました。
まさに、嵐のような収録が終わったあと、
ホッとするとともに、どっと疲れが出た1日でした。
とはいえ、彼らのお笑いタレントとしての職業意識と、とても真摯で
まじめな人柄も垣間見られ、良い刺激とともに、
楽しい時間を過ごすことができました。

この放送予定は、
12月13日(土)の昼12時から、
SBSテレビ「みちブラ!」のなかで放送されます。

どんなふうに放送されるのか、
いまから楽しみです。
ぜひ、ご覧になってみてください。


真剣な表情で説明を聞く、パックン・マックン。




道具の使い方を、


教室風景を、

テレビで放送されます!

November 07 [Fri], 2008, 0:43
11月12日(水)、17:00からテレビで放映されます!

この11月6日、7日に、静岡朝日テレビの工房取材がありました。
レポーターの女性が、吹きガラス体験で、グラスづくりに挑戦した
シーンを中心に、教室や工房の紹介が放送されます。

静岡大学の学園祭の紹介に関連して、大学の周辺地区の紹介に
当工房がとり上げられました。
楽しいシーンが期待できると思いますので、ぜひご覧ください。

放送の予定日は、11月12日(水)、夕方の「とびっきり静岡」のなかで、
午後5時頃からの番組のなかで放送されるそうです。

万年燈

November 03 [Mon], 2008, 17:18
万年燈

少し前になりますが、今年の6月、
由比町で「由比宿東海道あかりの博物館」を運営している
館長の片山光男氏が、当工房を訪ねて見えられました。

手に、「万年燈」と称する古びた真鍮製の小さな装置で、
何やら江戸後期の照明器具を持ってこられた。
さる旧家から出た貴重な逸品だそうで、初めて目にする
品物だった。カンテラの原型でもあるらしい。
菜種油を使い、タンクから必要量だけ流れ出してきて、
灯心に火がともるとのこと。
ただ、残念なことに、ホヤにあたるガラス部分が割れて
消失してしまっていた。
館長さん自ら、このガラスホヤを代用品で作ろうと試みて
かなりがんばられたが、やはりうまくいかず、
そこで当方に相談に見えられたのだった。

求められたガラスホヤの形状は、さほど難しいものには
思われなかったので、この再現を引き受けることにした。
ただ、ちょうど作品展などが始まる忙しいタイミングで、
その後ずっと慌しい状況が途切れず、10月まで持ち越して
しまった。

いざ取り組んでみると、
やはり寸法、形状、支える留め金の形状など、
いろいろクリアーしなければならない点がたくさん
出てきて、結局、1個のために20個以上作っていた。

現在、完成したガラスホヤは、片山氏のもとにわたり、
同氏のあかり博物館で展示されていると思います。
忙しくて、まだ訪れてはいませんが、
古今の様ざまなあかりが展示されている同館を
覗かれることをお勧めします。


「由比宿東海道あかり博物館」
 〒421-3112 静岡市清水区由比町寺尾473-8

 0543-75-6824


万年燈本体とガラスホヤ


製作したガラスホヤ



ガラスホヤを下部で受ける留め金
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:米澤正彰
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:静岡県
読者になる
静岡市で、米澤吹きガラス工房を主催。
作品作りと教室で、毎日、熱い?時間を楽しむ。
2008年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像えみえみ
» 体験を楽しまれました。 (2008年05月10日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/yone-gls/index1_0.rdf