熔解炉のツボ換えが完了です。

August 22 [Fri], 2008, 16:03
今月、熔解炉のメンテナンス作業を行っていました。

6ヶ月間、昼夜燃やしっぱなしの熔解炉は、ガラスを溶かしている坩堝(ルツボ)が消耗して
炉内にガラス漏れの危険が出てきます。こうなると、あとが大変なことになるため、
定期的に新しいルツボと交換していきます。あわせて、炉内の痛みもひどくなるため、
これらを補修するなど、けっこう大仕事になります。

炉を冷ましたあと、熔解炉をばらして、
炉内に漏れたガラスのハツリ作業(コンクリーより硬くなっています)や、
耐火モルタルの塗り込み作業など、大汗をかきながら、肉体労働になります。

ここ数日、汗と埃に紛れ、慣れない土方作業に悪戦苦闘しながら、
無事、真新しいルツボをセットし、
もとの状態の熔解炉の組み上げ作業を完了しました。

これから、3日間、ゆっくり火を入れて温度を上げていき、
それからガラス原料を投入してしっかり熔かしたあと、
また、9月から工房が再開となります。

あとしばらく、お待ちください。

熔解炉をばらしています。


補修作業中。


元通り組み上がりました。



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:米澤正彰
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:静岡県
読者になる
静岡市で、米澤吹きガラス工房を主催。
作品作りと教室で、毎日、熱い?時間を楽しむ。
2008年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像えみえみ
» 体験を楽しまれました。 (2008年05月10日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/yone-gls/index1_0.rdf