夜中にトイレに行く回数を減らすのに効果的なアレとは?

June 02 [Thu], 2016, 22:45

「夜中にトイレに行く回数が多くてぐっすり眠れないから
 もうツラくてツラくて…!?」


と、あなたは悩んでいませんか?


夜間頻尿で夜中に何度も起きてトイレに行くと、
ぐっすり眠った感じがしないですよね。

そして、体はだるくなったりぼーっとしたり…

いろいろツラいですよね。



「夜中にトイレに行く回数を減らす方法を知りたい!」
と、あなたは思いませんか?


■夜中のトイレの回数を減らすには?


夜中のトイレの回数が多い原因は、
男性の場合はほとんどが前立腺肥大です。

前立腺肥大になると尿道が狭くなります。

そうなると、膀胱にたまった尿を
1回のトイレで出し切ることができなくなるわけですね。

ですから、夜中であっても
頻繁に尿意をもよおすようになるんです。


そして、膀胱に尿が溜まっている状態が続くと
膀胱に負担がかかります。

そのせいで過活動膀胱になることがあります。

過活動膀胱になると膀胱が尿を出そうとする
働きが強くなるので、
頻繁に尿意が起こるようになるのです。


尿は膀胱によって出したり出さないようにしています。

しかし、過活動膀胱になると膀胱の働きが活発になり、
出さないようにしようとしなくなってしまうんです。

ですから、夜中だろうと尿を出そうとするので、
夜中に頻繁にトイレにいくようになるんです。


それで、夜中にトイレに行く回数を減らすには、
前立腺肥大と過活動膀胱の両方を改善していく必要があります。



■前立腺肥大と過活動膀胱に効くアレとは?


前立腺肥大は、前立腺を肥大させる酵素があるんですが
その酵素が増えることが原因です。

ということは、前立腺肥大の原因となる酵素を減らせば、
前立腺肥大を改善することができる、
ということになりますよね。


ところで、前立腺肥大の改善にペポカボチャ種子が効果的
だということを聞いたことはありませんか?

ペポカボチャには前立腺肥大の原因となる酵素の働きを
阻害する成分が含まれているんです。

ですから、前立腺肥大に効果的なんですよ。


そして、尿がアルカリ性になると膀胱への負担が大きくなり
過活動膀胱になりやすくなるんですが、

クランベリーという植物には
尿をアルカリ性から酸性に変える成分が含まれています。


ただし、ペポカボチャ種子もクランベリーも
実物を手に入れるのはかなり困難です。

ですから、通常はサプリでそれらの成分を補います。


「希望光」というサプリには、ペポカボチャとクランベリー、
そしてバナナの皮に含まれるバナチンという成分が
配合されているんです。

ちなみに、バナチンには前立腺肥大の原因となる酵素の働きを
阻害する作用がありますので、
前立腺肥大の改善に効果的なんですよ。


それで、実際にこのサプリを飲んだ多くの人が
「夜中に目が覚めることがなくなりました」
などと満足しているんですよ。


夜中にトイレに行く回数を減らしてぐっすり眠りたい
と思っているあなたに「希望光」はおススメです。

詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

夜の不安【希望光】詳しくはこちら

























.