おつかれさま

April 24 [Mon], 2017, 8:06
新聞、TVでフィギュアスケートの村上佳菜子選手が引退



数年前、地元のアイスショーで魅せてもらった彼女の姿

当時の頃を思い出すと、行って良かったぁ〜



















でも、もうちょっと戦う姿を観たかったな

「こんがり、パン」

April 22 [Sat], 2017, 8:03



パンにまつわるアンソロジー


甘いパンが好きな私

勝手にそんな甘い話が多いと思ったら、作家さんたちのパンの思い出は異なり、もう少し真面目なエッセイ集だった


それでも、海外のサンドイッチは日本のものとは別物の美味しさらしい

あの!イギリスでも朝食のパンはおいしかったという人が多く、食べてみたい

行ってみたいと、珍しく思った

家の花たち

April 20 [Thu], 2017, 8:32
なんだろ、ケータイからの画像が送られるものとそうでない場合があるのはどうしてだろう





1週間ほど前に撮った(早咲き)チューリップ 第1弾

今では先っちょが枯れ始めてきた

ピエール・ルメートル「傷だらけのカミーユ」

April 20 [Thu], 2017, 8:22



シリーズ3部作のラスト

主人公カミーユ警部の恋人アンヌが襲われる冒頭の暴行シーンに相変わらず読んでいる自分自身がイカれている気分になったが目が離せない展開で一気読み

真犯人・真相にまさか・・・の「ガツーン」と作者にまんまとやられた感にうなり声を上げてしまった

グロく、邦題・表紙に違和感があるが、フランス小説の(悪い)イメージが払拭されプロットの高度さとミステリーらしいどんでん返しがイイ


グロ(残虐な暴行シーン)がもう少し弱ければ大きな声で絶賛できるけど、人を選ばないとならない海外ミステリー

ま、表紙で判断すればわかるってもんです

森美由紀「お手がみください」

April 18 [Tue], 2017, 15:11




どちらかといえば、こちらのほうが好み


主人公の女の子が子供の頃に一緒に暮らしたおばあさんとの思い出

今でいう文盲のおばあさんに、学校の宿題である音読のサインを書いてもらえば、先生からごまかすはやめろと注意され、母親からガスは使わないように夕食はレンジで温めるようにいわれていても、つい使ってしまいバレてしまう始末

ありそうな出来事たち・・・

それでもやめない二人にクスッと笑える


小さい子供が親以外の大人と接することの大切さ

年寄りの経験豊かな言葉の重みを子供はどのように感じるのだろう


ラストシーンに大泣き、おすすめです

森美由紀「おひさまジャム果風堂」

April 18 [Tue], 2017, 15:07




青森県在住の作家さん

友人に「いっしょにあンべ!」を紹介したら、こちらの小説を薦められた

普通の一般書籍コーナーに置いてあった



急遽した妹の忘れ形見である娘(姪っ子)と二人暮らしを始める独身男性が主人公のお話


血のつながり、絆の物語



凍庫の中に眠っている(霜だらけの)ルバーブのジャムが作りたくなった

ヘニング・マンケル「ファイアーウォール」上・下

April 16 [Sun], 2017, 7:05







ヴァランダーシリーズ

今回の事件は、少女二人が乗ったタクシー運転手を殺害容疑で逮捕。ATMの前で死亡した男性との因果関係を追うお話


今から20年ほど前に出版された小説

ケータイ電話とインターネット社会の入り口(一般化っていうのかな)

発売当時、読んでいたらもっともっとハマっていたと思う

そんな電子社会についていけない主人公

署内でもどんどん自分は年上になり、同僚や部下たちとの意思疎通が難しくなり孤立する


スエーデンって、青森より寒そう

寒いとそれだけでつらいよなぁ〜

今日のラジオ

April 14 [Fri], 2017, 18:28
友人との会話の中で、なぜか聞いた「ラジオ」の話を度々していた

すると「むっちゃんって、人の悪口っていうか、そういうの好きだよね」

と、言われた。気がつかなかった

ま、ノー天気な私の話を聞いてくれる友人に感謝だ



で。。。

本題の今日のラジオ

「人生の最初で人に裏切られた出来事」だった

えー、なんだろ

人生最初といえば・・・



そうこう考えているうちに

「補助輪を外した自転車の練習」だそうだ

なるほどね〜

「後ろの手、離さないでね!」とギャーギャー騒ぎながらフラフラしながら何度も練習したっけ



母にその話をすると

「そんなの裏切りでもなんでもないことよ」

ヤッパリね・・・

子供(私)の気持ちがわかる人ではない

あー、大人って・・・




そして、相方には違うラジオの話をしていたのだが

栄養士の人がゲスト出演していた

「同じものを食べ続けていると肥満になる」とかで(うろ覚え)

司会の男性が「私は3年間学生時代毎日焼き鮭がお弁当に入っていた」といい

栄養士の人が「え・・・飽きませんか?」と、意味深な空気で答えていた

司会の男性はなんの疑いもなく「好物なので嬉しかったです」と言ってのけた

で。私の話を聞いた相方も好物の一つだったこともあり

「金持ちだなぁ〜」だった



車の運転中に聞く短い時間のラジオだけど、けっこう面白い

佐々木裕一「若返り同心 如月源十郎」

April 11 [Tue], 2017, 9:23




佐々木さん版

孫のために隠居したおじいさんの奮闘記


ほぼ、風野真知雄さんの「わるじい」とかぶります



孫を思う気持ちはみんな同じ

不思議な飴玉を食べることで若返り、その効力が消えると体力を消耗します


シリーズ化しそう、この先の展開が楽しみです

風野真知雄「わるじい」7

April 11 [Tue], 2017, 9:19




シリーズ7作目

わるじいらしく、イタズラごころが楽しい

長屋の入居人の断り方が面白い

孫の桃子のために、悪いものを取り除こうとするおじぃちゃんがかわいい



あっという間に読めてしまう薄さがもったいない・・・
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
■プロフィール■
■名前:むつこ■
■趣味など:読書、映画鑑賞、TVドラマ■
■最近気になること:花粉情報■
http://yaplog.jp/yomu-miru2005/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:むつこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:青森県
  • アイコン画像 職業:専業主婦
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書
    ・家庭菜園
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R