1歳7ヶ月。

March 21 [Tue], 2017, 15:33

結婚式の時の集合写真を見せて『お父さんどれ??』って聞いたら、一歳半検診の保健師さんに見せたいくらいにすぐに指差したのに、『お母さんは??』って聞いてもジーーーっと写真を見つめるばかりで、保健師さんには見せられない状態だったポコ太、1歳と7ヶ月になりました。


なんでお母さんわからんのさーーー??
えー??なんでーーー??どこか変わってるーーー????


最近のポコ太はと申しますと、オッパイ星人です。
今月始めの突発性発疹以来、オッパイ星人になってしまいました。
それまでは、このまま卒乳出来んじゃね??くらいにオッパイ無しでイケる感じだったのが一転、やたらめったらオッパイです。甘えもあるんやろなぁと思いつつ、とにかくグイグイとヨメの襟ぐりあたりを引っ張り、授乳クッションを持って来て泣きべそかいて訴えてきます。
そして、いよいよヨメの母乳もスズメの涙ほどの量しか出てないっぽく、明け方の添い乳時なんかは満足してもらえずにずーっとオッパイを求められ、眠たいし疲れるしと拒否したら6時くらいから覚醒して動き出すという悲劇。
唯一、お風呂上がってから夜寝る時だけはオッパイ無しでいける様になっていて、オックンがお風呂上がりの着替え→歯磨き→寝かしつけ。と、やってくれるので助かります。


虫歯を気にして夜中の授乳を渋ってたヨメでしたが、『母乳には虫歯の原因になるショ糖は含まれてないから大丈夫』って助産師の先輩が教えてくれて。ヨメ衝撃。
いやいやちょっと待たんかい。んじゃあの世の中に出回ってる情報は何さ。一歳半検診の時にも言われたぞ。母乳神話に対する嫌がらせか。粉ミルク会社の逆襲か。
母乳が赤ちゃんにとって何よりも良いと母乳の出ないお母さんを追い込み、そのクセある時期を過ぎれば虫歯の原因になるから飲ませるなと言い、世のお母さん達は追い込まれるばかりだよ。
つーか、その辺の情報ちゃんと統一してくれん??それとも早目の卒乳推進派とそうじゃない派との派閥争い的な??矛と盾が争ってるの??

という感じで矛と盾がどちらも頑丈なのは事実の様ですが、ヨメはヨメとポコ太にとって良いと思える方が真実だと思いまして、その話を聞いて以来夜中の授乳にも虫歯の心配をしなくて済む様になったヨメですが、ヨメの乳腺はもうダメなのかもしれない。今日、ヨメのオッパイではポコ太を昼寝にいざなう事が出来ませんでした。いつまでも吸い続けられ、そして寝てくれなかった時の疲労感及び絶望感たるや。

そろそろ卒乳せざるを得ないのかな。

ところで卒乳ってどうするの??ひたすら拒否??オッパイくれと授乳クッション持ちながらギャン泣きする息子に対してひたすらNOって言うの??


出来る気がしねーーー。





個別相談。(続々・一歳半検診)

March 16 [Thu], 2017, 15:53
続・一歳半検診の続き、個別相談のおはなし。


一歳半検診の中の保健師さんとの面談の中で指差しのテストをした訳ですが、そこで出された3つの質問(犬、靴、車)を全て犬の絵を指差したポコ太。
問診票ではヨメが“育てにくさを感じる”や“育児は大変だと思う”に丸を付けていた事も考慮して個別相談とさせていただきます。と言う事だったんですけれども。


その時はその事をスンナリと受け入れたヨメだったんですが、後日の個別相談となり間が空いてしまった事でヨメの中でも疑問が生まれてきて。
そもそもあの指差しのテストって何のテスト??って言う。
言葉の理解力であれば、クック(靴)もブーブー(車)もわからなかったポコ太ですが、『ポコちゃんリモコン持ってきてー』はめっちゃ通じますよ??理解してリモコン持ってきてくれますよ??
『ポコちゃん寒いから閉めてー』って言ったら階段の引き戸を閉めてくれますよ??
『ポコちゃんイチゴ食べよっか??』って言ったら浮き足立ちますよ??
こっちの言葉、めちゃくちゃ理解出来てますよ??それに合った行動も出来てますよ??だから何にも心配ないよね??


って思ってたんですけれども。個別相談でそれを伝えても、『じゃあ心配ないですねー』とはならなかったです。
育てにくさや子育ての大変さは、息子云々の問題ではなく私自身の問題なんです。と伝えても、それに対するヒアリングなどは一切無く、いくつかのテストをポコ太に出され、そして診断結果は『もう少し色んな事に興味を持てるようにしてあげましょう』でした。そして、2歳になったらまたもう一度個別相談をして、『どれだけ言葉が増えてるか見ましょう』でした。


なんやろう。なんなんやろう。そもそも、ポコ太の何があかんかったんやろう。


“我が子の未発達さを認めたくない親”になってるだけなのかも知れんけどさ。
確かに車には興味ないけどさ。でも鳥は大好きよ??公園でハト追いかけ回してるよ??スズメを嬉しそうに指さすよ??それじゃあかんの??車じゃないとあかんの??
ヒトの事が大好きでさ、公園にいる初めて会う人にもガンガン自分から近付いていって、まだ話せない中でも何かしらのコミニュケーションを取ろうとしてるよ??
音楽も水遊びも落ち葉拾いも大好きよ??初めて見るものにすごく興味を示すよ??
まだまだ小さい世界で生きてるけど、その世界を十分に楽しんでると思うよ??だってポコ太は毎日本当に笑顔が絶えないお子様なんです。


でも、まだまだ不十分みたい。
ヨメがポコ太の世界を狭めてるのかな。


ポコ太に出されたテストも、なんかやたらに杓子定規と言うか。
例えば、積み木の遊び方は積み上げていく以外ありえません!みたいな。コレはこうして遊ぶもので、それ以外の用途で遊ぼうとするのは間違ってます!みたいな。正しい遊び方が決まっていて、それが出来ないと、『出来ない子』というレッテルが貼られている様な気がしました。


でも、相手は相手で(そもそも『先生』と呼ばれていたけれど、医者なのか保健師なのかそもそもどちら様だったのかもわかりませんが)プロなんだろうし??そのプロがそう言うんならそうなんだろうけれども。
でも、そのプロが言う“要経過観察”として出された案が2歳になってからの『どれだけ言葉が増えてるか見ましょう』って、え??ポコ太は言葉が遅いから今日ここに相談に来たん??って思って、結局何しに来たんや。と、謎が深まっただけで、オックンとも何やったんやーと、納得いかんなーって言いながらモヤモヤして帰りました。

ただ、そのモヤモヤのおかげなのか、『ウチの子は出来ひん子なんや』みたいな思いは一切無く。最近は毎日『ポコちゃん賢いなぁ』って褒める事が増えて来て、ポコ太自身、そう言われたら自分で自分の頭を撫でてます。


確かにこれは前々からヨメも言ってたけど、言葉は周りと比べたら少し遅いかもしれません。でも、エネーチケーの番組『すくすく子育て』で、言葉を話すと言う能力は生まれ持っての能力なので、訓練したから早く話せる様になる訳ではないって言ってたよ。誰もが持ってる能力だから、個人差はあるけど必ず話せる様になるって。
これはヨメ自身が甥っ子2人にオックンとこの甥っ子達、そして色んな友達のお子様を見てきて感じてた事だったし、そのテレビを見て更に確信できた事だったので、全く心配してないんだけど。
てゆか、一歳半の時点で言葉が早いとか遅いとか言われるの??ポコ太が今三歳とかならまだしもー。


だけど、↑のどれもこれも、客観的に見たら“我が子の未発達さを認めたくない親”でしかないのでしょうか。
むーーー。


という感じで、次の個別相談は10月です。
ポコ太、立て板に水の如く話せる様になってなってへんかなー。









関門突破。

March 11 [Sat], 2017, 18:11
そろそろやられるやろなぁと思ってたんですけれども。
本日ポコ太がリビングとキッチンの間のネットをイスを使って越えてました。



はっ!と気付いたら関所越えてたよね。


奥田家の中枢であるガスやら床暖やら電気やらのスイッチを押したい放題押し、リトルグリーンメンの人形を搾取。
由々しき事態であります。

対処法と致しましてはポコ太用の子供椅子の置き場所を変える事でしょうか。


同じ様にして冷蔵庫に貼ってあるマグネットを外したりして、冷蔵庫の扉を開けるのも時間の問題かなと思ってます。
冷蔵庫の扉はそれ用のロックがあるからいいけれど。
ガスや床暖の操作盤には、やっぱりチャイルドロック欲しいわーーー。


先日、初めて洗濯物を干してる間に窓の鍵を締められる。という事件が発生したばかりだし(幸いすぐに開けてもらえた。真冬なら死人が出た。)、なんか成長を感じたり、ただただ困ったり、賢いなーって感心したり、とりあえず毎日イソガシイです。




続・一歳半検診。

March 10 [Fri], 2017, 14:55
先月のポコ太の一歳半検診の時のお話の続きですが。


一歳半検診では何かしらダメ出しされちゃうらしいよー。なんて聞いてたんですけれども。
ポコ太の場合、それ以前の問題と言いますか。ウチの子はこんなにもヒドイのか。と、検診が始まる前の時点でヨメはココロがポッキリといってしまいました。


それはポコ太の動きまわりっぷり。じっとしてなさ加減。


検診の時間が13:15から14:00という、いつも昼寝し始める時間やんけ!午前中にやったらんかい!という感じで、いつもより朝早く起きて、その分早く昼寝させて少しでも寝させてから検診に挑むか、いつもより遅くまで寝ておいて遅めの昼寝になるようにするか…と考えてヨメは後者を選んだ訳です。無理やり昼寝させようとして失敗した時のリスクは高いなと思ったので。
そしてその日はあんまり天気もよろしくなくて、午前中は公園に行かず家で過ごしたんですが。
それが良くなかったのか、ポコ太の充電が全く減っていなかったようで、番号札を取って受付を待ってる時から動く、動く、動く。
受付を済ませて助産師さんかな。保健師さんかな。マンツーマンで事前に配布された問診票を元に話したりする順番を待ってる間にも動く、動く、動く。

具体的にどう動くかと申しますと、まず外に出て行こうとする。行こうとするっつーか、外に出る。非常階段を登っていく。事務所の扉を開ける。エレベーターのボタンを押そうとする。これを何度も何度も。
他のお子様は、待合室の椅子にお母さんと一緒に座ってたり、抱かれて寝てたり、置いてある絵本を読んでいたり、動き回ると言ってもお母さんを軸に半径1メートル以内におさまってる感じで。
もちろん他にも動いてお母さんに追いかけられているお子様もいらっしゃったけど、ポコ太に比べたらぬるい。なまぬるい。


一斉に歯の磨き方などの話を聞くのに並べられたパイプ椅子に座った時にも、一番壁側の奥に座ってポコ太が動き回らぬようにしたつもりが、椅子の上に立ってその部屋の電気のスイッチを押して消してしまったり、椅子の下をくぐって前の列に行こうとしたり、どれだけ制止してもムダでヨメはぐったりココロはポッキリ。


ウチの子はこんなにもじっとしてられんのか、という事と、他の子はこんなにも動かないものなのか。という事実。この2つのギャップにただただビックリ。


いつも元気で活発でよろしい。
そう思ってたけど、これはもしかすると何かしらの障害なのか??とか思ってしまった訳です。
『活発』は褒め言葉だけど、それが過ぎるとADHDの1つの多動性ってやつ??この2つの境目はどこにあるのだろう。そんな事を考えてる間にもポコ太はオムツ一丁(身体測定や内科検診の為の格好)でご機嫌に歩き回って他のお母さん達に笑顔を振りまいてました。
そのクセ、順番待ちが長いのでヨメが保健師さんにポコ太を頼んでトイレに行って戻った時には保健師さんに抱かれて泣いてるポコ太。なんでやねん。
聞くと、ヨメがいない事に気付いて、探しても見当たらないから泣いたらしくて。いつもヨメそっちのけでウロウロするクセにどないやねん。可愛いやないかい。


今回の検診の中の『指差し』のテスト(車や犬や靴やお茶碗などの絵を見せて『ワンワンどれ??』と子供に聞いて、正しく指させるかどうか)でポコ太は犬しか出来ず。
犬(ワンワン)と靴(クック)と車(ブーブー)の3つを出題されたポコ太でしたが、何を聞かれても犬を指差してました。
そして、事前の問診票でヨメが“子育ては大変だと感じる”という質問と“育てにくさを感じる”という質問にマルをつけてた事も踏まえて『個別相談』する事になりました。
健康診断で言う『再検査』的な??


でもこの指差しに関しては、ポコ太がどうのではなく、ヨメの責任かなぁって思ったのです。
犬には興味があって、普段からワンワン言うてますが。普段ポコ太に靴を履かせる時もヨメは一度たりともクックと表現した事はないし、車の事もブーブーとは言わないし、ヨメの声かけの仕方が不十分だったのかなぁ…と。
そして、育てにくさを感じたり子育ては大変だと感じているのはポコ太がどうのこうのではなく、ヨメ自身の問題。ポコ太は関係ないのです。

本来はその日のうちに個別相談するのですが、待ってる人が多いらしく、後日改めてという事になりました。
それが昨日で、たまたまオックンも指定休だったので3人で行ってきたんですが、すこぶるモヤモヤして帰る事となりました。


長くなるのでそれはまた後日ー。






ハーネス。

March 08 [Wed], 2017, 17:28
電動自転車を買って、(・∀・)フー!これでどこでも行けるぜー!!ってなってるヨメですが。(まだ届いてない。)
早々に落とし穴に気付いた訳ですよ。

エキスポシティには行けるけど、万博公園に行くのは難しい。
ちょっと遠めの薬局には行けるけど、その向かいにあるお気に入りのパン屋さんに行くのは難しい。


なぜならばー。
行ったその先でー。
ポコ太を乗せるモノがないからーーー。


手を繋いで一緒に歩く。という親子としての基本スタイルがまだまだ出来ないポコ太。ベビーカーに乗せてないと水を得た魚のごとく、アッチコッチ行っちゃうのが目に見えている。
スーパーとか薬局とかには子供乗せるカートがありますけれども。それがないところに行くのは危険なニオイがプンプンする。
パン屋さんでは確実に陳列されているパンを触るに違いない。パンのトレーとトングを持ちながらパンを物色しつつポコ太を制止する事が出来る自信がない。出来る人なんていないと思っている。
万博公園ではある程度のびのび動いてくださって結構ですが、目的地までまっすぐ歩いてくれるハズはなく、歩き疲れて寝ちゃった時にヨメが抱いて歩くにはポコ太は重すぎます。(と思って調べたら、万博公園にはベビーカーの貸し出しがありました。)


なので、どこでもかしこでも電動自転車で行けば良いってもんではないという事に気付いたヨメです。
まぁ毎日の公園&買い物には今まで通りベビーカーで行くつもりだし、使用頻度としては電動自転車は週1とか週2とかになるのかなー。


そして、いよいよハーネスの出番なのかなぁと考えております。
ハーネスだけのよりリュックに付いてるのがカワイイかなぁと思ってるんですが。
なんか、ハーネスについては賛否両論っつーか、無知と悪意による否定の意見がある気がします。犬の散歩みたい的な。
子育て経験者であれば、絶対に否定できないと思うんやけどな。だって、子供は手を繋いで歩いてくれない時が必ずあるし、急に親の手を振り払って走り出す時が必ずあるし。その走り出した先に車が来たら??考えただけでオシッコ漏れるわ。

『迷子防止』を謳って売ってる事が多いハーネスだけど、ヨメやオックンの中では、ハーネスは『命綱』やなぁと思ってます。
そのへんのお子様よりも確実に手を繋いで歩いてくれないであろう、ものすごい力で繋いでる手を振り払って急に走り出すであろうポコ太の命を守らなければならぬのだ。


とか思ってた矢先、今日は実家近くの公園で急にポコ太がヨメに向かって手を繋げと自分の手を差し出してきて。
非バリアフリーな場所でもないのになんで??って思いながらも嬉しくて、ポコ太と初めて手を繋いで歩いたヨメ。
ポコちゃん、成長したなぁ。。ってシミジミしているヨメが連れて行かれた場所はこちら。


公園を出たところにあるガード下に続く階段。
速攻で繋いだ手を離されてひとりトコトコ階段降りて行ったよね。
ハーネス確実に早急に必要って確信したよね。





プロフィール。
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:亜希
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる
Welcome★
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ヤプミー!
読者になる