介護福祉,介護福士

January 30 [Fri], 2009, 14:39
介護福祉士は介護の仕事の中ではプロの資格を持つ人材で国家資格保有者ということになります。介護福祉士は、社会福祉士、介護福祉士の法律のもとに認定されている資格です。具体的には身体障害者や知的障害があるという方々のために、援助や介護をするというのが介護福祉士の役目です。介護福祉士は仕事の需要が高く、高齢化社会が進むにつれて、介護福祉士の需要は今後さらに増えると予想されています。介護福祉の具体的な仕事としては、介護の一環として食事の介助や入浴介助、排便、排尿や身の回りの世話、リハビリテーションなどが介護福祉士の仕事とされています。
老人福祉施設だけに限らず、最近は訪問看護ステーションなどもありますから、介護士として訪問してご年配者のケアをするという仕事もあります。介護福祉士になるためには、国家試験を受験しなければいけません。国家試験ですので、実務経験を3年積んだ人や、高校卒業後、福祉系の大学へ進んだ人でなければ取得ができません。しかし国家試験を受験せずに護福祉士の資格が取得できる専門学校を卒業することで介護福祉士の資格を取得することは可能です。介護福祉士の資格は国家資格として、これからもまだまだ需要は増えていく事と思われます。

介護老人保健施設とは

January 31 [Sat], 2009, 17:05
介護老人保健施設とは、平成12年から開始された介護保険制度により、、今まで地域の介護が必要だったお年寄りを支援していた施設のような形で介護老人保健施設と言う物ががあります。
介護老人保健施設では、病気の状態が安定している人、あるいは治療や入院までは必要としないがリハビリを行った方がいい人など、また要介護認定を受けている人は、介護老人保健施設を利用することが出来ます。
介護老人保健施設といってもさまざまな施設があり、そのいくつかを揚げると ケアサービス施設、リハビリテーションのための施設、在宅復帰施設、在宅生活支援施設などがあります。
介護・福祉のポータルサイト

介護老人保健施設の目的というのは、利用する人の必要に応じて医療の一環で管理をしてケアしていくというもので、担当のリハビリテーションのスタッフがリハビリを手伝いをしてくれるので、機能回復や自立への手助けを行うことができ、介護老人保健施設で機能回復を目的としたリハビリテーション訓練が行われています。介護老人保健施設の利用料というのは、基本的に食事の料金が必要でそのほかの利用料は、各介護老人保健施設施違っています。

介護用品の入手の仕方

February 01 [Sun], 2009, 18:13
介護用品と言っても介護を受ける方の状態で必要なものは変わってきます。しかし今は色々な種類の介護用品が製造、販売されています。たとえば介護用品はどのようなジャンルに分けることができるのかというと、介護食品なども介護用品に入ります。ご年配の方が食べやすいように硬さなどを考慮した介護食品も今は人気があるようです。そして介護用品としては自立支援のためのステッキなどもありますし、移動や歩行を助けるための、車いす、履きやすいシューズなども介護用品として当てはまります。また介護用品として一般的によく知られているのがトイレ用品で大人用のおむつや失禁対策グッズ、トイレ用品など、幅広いジャンルに分けることが出来ます。

介護用品を取りそろえている介護用品専門店がお住まいの地域にあるというところは少ないと思います。訪問看護ステーションなどでも介護用品を販売しているところもありますが、小物などはドラッグストアやホームセンターで購入したり、ヨーカドーなどの大型ショッピングモールの介護用品売り場を利用するとよいでしょう。ベットとか車椅子など大型の介護用品はもインターネットでの注文も可能で、ある程度まとめて購入すれば、送料が無料になるという介護用品店もありますので、介護に付きっ切りで外へ買い物へ行けないという方などは介護用品を簡単にネットで注文することが可能です。また、ベットなど大型のものわざわざ購入なさらなくともレンタルなどもありますから必要に応じてレンタル品を利用するのもよいのではないでしょうか。

介護保険システム

February 05 [Thu], 2009, 14:03
介護保険というのは、必要に応じて介護を要した場合その有する能力に応じて自立して生活ができるよう、お年寄りの介護生活を支えるためのシステムの一つです。介護保険に加入することが義務付けられているのは、一般的には40歳から64歳までの方で、介護保険の保険料は医療保険の保険料に加算されて40歳から支払ます。介護保険サービスを何らかの形で受けたという場合には、自己負担は1割負担であとは介護保険がてきようされます。介護保険を利用する人というのは、初老期痴呆、認知症になった人や脳結果疾患などにかかってしまった人など、指定されている16種類の病気があるいは、要介護状態になったり、支援が必要になった方というのが、介護サービスを利用できる人です。

介護保険のサービスろ受けられる人は65歳以上ならだれでも受けることができますし、先ほど紹介したように、40歳以上なら特定の病気になっときや、介護の支援が必要になった場合に介護保険が利用可能です。介護保険のシステムのひとつのなかに介護が必要な人には給付金があります。9割介護保険が適用され1割だけの負担で本人負担がすむというのは、経済的にもたすかります。