パイナップル豆乳ローションは白斑せずに美肌になる!

February 10 [Fri], 2017, 14:04
カミソリ負けして肌がボロボロに傷んでしまっても、パイナップル豆乳ローションでムダ毛処理をしたところ、ムダ毛が目立たなくなって肌荒れも改善できた人がたくさんいます。

口コミでも「朝剃っても夕方にはムダ毛が生えていたんですが、すっかり薄くなりました!」「痛い思いを我慢して脱毛器をつ飼い続ける必要がなくなりました!」といったうれしい感想がたくさんあります。



他のムダ毛処理方法とは大きく違って、使えば使うほど肌の調子を整えてくれる効果もあるのがパイナップル豆乳ローションのうれしいメリットの一つ。

このブログでは白斑を起こす危険がないのか?そもそも白斑はなぜ起きてしまうのか?といった話を中心に安全性について確認しています。




■白斑が起きる原因

白斑とは、シミや色素沈着とは反対に、肌に白いシミに様なものができた状態。主に美白成分の間違った使い方で、肌色を薄くし過ぎてしまったことが原因です。

肌を美白すると言うのは、具体的に言うと肌の中に生成されたメラニン色素を薄めたり取り除くことを意味しています。



メラニン色素は私たちの肌を外部の刺激から守るために分泌される成分で、カミソリによる刺激で肌にダメージが蓄積しないようにしてくれます。

また、紫外線のダメージから肌を守ってくれるのもメラニン色素の働きです。光を吸収しなければいけないため、黒っぽい色をしているわけです。



代表的な美白成分としてはハイドロキノンがあるんですが、ハイドロキノンはメラニン色素から色を奪ったり、メラニン色素が生成されにくくなる効果があります。

美容外科でシミ取りをしてもらう場合も、ハイドロキノン配合の美容液が使われることが多いものの、ハイドロキノン自体が肌に刺激が強いというデメリットもあるんです。


あまり濃度の高いハイドロキノンを使ってしまうと肌が腫れたりかぶれることがあるし、一か所に集中して使い続けることで色を薄くし過ぎてしまい白斑を起こしてしまう可能性があるわけです。

パイナップル豆乳ローションの場合はその点、ハイドロキノンのように肌に悪影響を与える心配なく、黒ずんだ肌を美白していくことができます。



肌色を改善するには、メラニン色素を薄める以外にも方法があります。メラニン色素そのものを肌から追い出してしまうわけです。

ちょうど、日焼けした皮膚が肌からはがれていくように、肌の新陳代謝を促すことができれば、メラニン色素のないきれいな肌を取り戻すことができます。


パイナップル豆乳ローションには、肌の新陳代謝を促す美容成分が含まれているので、肌が黒ずんでしまう前の状態へと肌をリセットすることができるんです。




■新陳代謝で肌質改善!

肌の新陳代謝が改善するということは、肌色が改善するだけじゃなくて肌質だって良くなります。肌理が整って肌の弾力だってよみがえります。

肌内部に蓄えられる水分量だってアップしますから肌の透明感もアップ。肌のトーンもうんと明るくなってくれるんです。



カミソリで剃ったり毛抜きを使っているうちは、肌にダメージを蓄積させてしまい、いずれはいろんな肌トラブルに悩まされることになります。

ムダ毛は確かになくなったとしても、肌が汚くなってとても、人に見せられる状態じゃなくなってしまいかねません。それに対してパイナップル豆乳ローションならムダ毛を目立たなくすることと、肌をきれいにすることの2つを同時に実現することができますよ。




肌トラブルを起こす心配なく、ムダ毛をきれいに目立たなくしてくれるパイナップル豆乳ローションの効果を返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓









パイナップル豆乳ローションで肌の保湿力もアップ!

November 28 [Mon], 2016, 13:56
肌の保湿を担っているのは、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分です。肌組織に保湿成分がたっぷり含まれることで、肌がみずみずしくなります。
ただ、こうした保湿成分は肌のいちばん深い部分で生成されています。たいていのスキンケア用品だと、浸透力が弱くて、とてもそこまで深い位置まで成分はしみ込みません。

それに対してパイナップル豆乳ローションであれば、浸透力を強化する工夫が施されていますので、美容成分を肌の奥までしっかり送り届けて、保湿成分の生成も助けてくれますよ。


パイナップル豆乳ローションの効果的な使い方

November 27 [Sun], 2016, 13:59

パイナップル豆乳ローションの抑毛効果を引き出すには2つのポイントに気を付けると良いです。まず一つ目は保管方法です。
パイナップル豆乳ローションには添加物がほとんど組まれていないため、ある意味、天然のしぼりたてジュースみたいなものです。

湿度や気温によって成分が劣化してしまう危険がありますから、直射日光を避けて冷暗所に置くようにしましょう。理想なのは冷蔵庫に入れておくことです。
使うときだけ冷蔵庫から取り出して使うのが良いですよ。


2つ目のポイントは、パイナップル豆乳ローションを肌に塗る前にしっかりと洗っておくことです。肌が汚れていたら、抑毛成分の浸透を邪魔してしまいます。
目で見て汚れていなくても、古くなった角質(垢)、汗、皮脂などは肌に蓄積していくものですから、肌を洗わないでパイナップル豆乳ローションを使うのはもったいないの一言に尽きます。