ついに入手した!テレビが報じない朝青龍レイプ騒動の証拠写真 

December 15 [Sat], 2007, 15:56
トラブル続きの横綱・朝青龍に、今度は“下半身スキャンダル”が取りざたされている。



「あの夜、朝青龍は前後不覚になるくらい泥酔していましたね。パーティーには5〜6人のソープ嬢が来ていましたが、特別セクシーな格好をするでもなく、普通の服装でゲストにお酌をしていました。コンパニオン役ですよ。その中に、お店でナンバーワンの娘がいたんです。目鼻立ちのくっきりした、誰もが見入ってしまうような美人です。朝青龍はその彼女と交渉して自室に連れ込み、セックスをしようとしたんです」
こう話すのは、横綱・朝青龍も参加した、あるパーティーの出席者だ。


11月30日に日本に戻り、来年初場所での本格復帰を目指す朝青龍だが、全治4週間の右足関節周囲炎が見つかり、友綱部屋から出稽古を断られるなど、相変わらずトラブルが続いている。



そんな“お騒がせ横綱”朝青龍に新たなスキャンダルが発覚したのは、12月11日のことだった。『週刊朝日』が、'03年4月5日の夜に起きた、朝青龍の“レイプ騒動”を報じたのだ。被害女性の代理人弁護士が、朝青龍と師匠の高砂親方に送った「内容証明郵便」には、次のように記されている。

〈ドルゴルスレン ダグワドルジ殿(注・朝青龍の本名)は、直前まで行われていたパーティー会場からでてきた通知人が強く拒絶しているのに同人の肘をつかんで無理矢理自分の居室まで連れ込み、通知人の意思を抑圧して抵抗不可能にしたうえ、異常な性行為を強要して強姦し、その際、全治約20日を要する傷害を与えました〉

「後に、朝青龍と親しい人から聞いた話ですが、朝青龍は彼女に『普段はいくらで売ってるんだ?』と聞いたそうです。彼女は『6万5000円』と答えました。すると横綱は『7万円でどうだ。俺の部屋に来い』と言って、彼女を自室に連れ込んだそうです」(高砂部屋関係者)

No.1ソープ嬢の“お持ち帰り”に成功した朝青龍は、さっそく彼女をベッドルームに入れる。しかし酒をしたたかに飲んだ横綱に、この時“悲劇”が起きた。

朝青龍は飲みすぎて、気持ち悪くなったんでしょう。5分もたたずに、トイレへ直行。激しく嘔吐したそうです。室内で何が起きたのかわかりませんが、すぐ後に出てきたソープ嬢は『こんな目に遭うとは思わなかったわ』と真っ赤な顔で怒り、付け人の差し出す7万円も受け取らず帰ってしまいました。きっと急に気分が悪くなった横綱が、ソープ嬢を突き飛ばして部屋を出たので、彼女にケガをさせたか、よっぽどイヤがるプレイを強要したのでしょう。彼女は背中を痛そうにして、出ていったそうです」(前出・部屋関係者)

彼女から「内容証明郵便」が届いたのは、それから2週間ほどたってからのことだった。慌てた朝青龍は、さっそくソープ店オーナーに連絡する。

「数日後、オーナーは『話はついたから大丈夫ですよ』と、横綱に話したそうです。オーナーが20万円ほど彼女に渡し、説得したと聞いています。その後は何事もなかったので、無事決着したものと思っていました」(前出・部屋関係者)



一件落着したはずのレイプ騒動が、4年ぶりに蒸し返されたわけだが、朝青龍の身から出たサビだろう。真偽を確かめるため、高砂部屋に朝稽古へ向かう途中の朝青龍を直撃した。

──“レイプ騒動”が、報じられていますが?

「えっ? ないよ」

──'03年に起きたんですよね。

「ないよ、ないよ。知らないよ。そんなの知らないよ」

質問を遮るように部屋に入ってしまった朝青龍。名横綱として出直すつもりなら、“過去の清算”もしっかりすべきではないだろうか。

⇒【画像】衝撃写真No1ソープ嬢の独占告白&朝青龍との証拠写真1

⇒【画像】衝撃写真No1ソープ嬢の独占告白&朝青龍との証拠写真2




P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yokozuna00
読者になる
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる