横田真一のゴルフ上達法「ゴルフの理-達人への道」をブログにて解説しています。初心者でも上級者でもこのテクニックをマスターすれば簡単にゴルフが上達し達人と呼ばれる日もそう遠くはないでしょう。

横田真一のゴルフの理-達人への道

ネット限定販売中!!

カテゴリアーカイブ
横田真一プロフィール
横田真一(よこた しんいち、1972年2月6日 - )は、東京都出身のプロゴルファーである。茨城県水城高等学校、専修大学卒業。身長171cm、体重67kg。日本ゴルフツアー通算1勝(1997年・全日空オープン)。妻はタレントの穴井夕子。

選手名 : 横田 真一 (ヨコタ シンイチ)
所属先 : サクセスプロ
生年月日 : 1972年02月06日
出身地  : 東京都
身長 : 170cm
体重 : 68kg
血液型  : B型
出身校 : 専修大学
趣味 : 車
ゴルフ歴 : 8歳〜
スポーツ歴 : テニス
得意クラブ : パター
アマチュア時代の戦歴 :
 1992日本オープンローアマ
 ツアープレーヤー転向 1994年10月07日
 ツアーデビュー戦 1995年03月09日 東建コーポレーションカップ
師弟関係 : 岩本尚士 丸山茂樹 高野逸夫

専修大学時代に参加した日本オープンでローアマを獲得し、一躍注目を浴びる。
卒業してプロ入りすると、翌年にはシード権を獲得。それ以降、常に安定したプレーを展開し、トッププロの地位を不動のものとした。初勝利は1997年の全日空オープン。

2005年から2年間選手会長を務める。
社会貢献やファンサービスを推進するべく東奔西走した。
選手会長の2006年、ルーキーイヤーから守ってきたシード権を失った。
JGTOの特例措置でのシード権を辞退し、チャレンジトーナメントから
の復活はゴルフファンを超えて感動を与えた。
2007年チャレンジツアーで2勝、ランキング4位でシード権獲得。
2008年『パインバレー北京オープン』で4位タイフィニッシュ。
復活の狼煙をあげる。
その後、順調なプレーを続けシード権を確保(ランキング55位)
2009年シーズン前から体作りに重点を置き、生活やメンタルのケアも
行ない、2勝目を照準に定めている
 
   
横田真一について / この記事のURL
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:横田真一
読者になる
横田 真一はプロゴルファーであり、
現在もJGTOのシード権を持つツアープレーヤーです。

現在に至るまで、ゴルフに関する雑誌やテレビなどでも
数多くのレッスンや上達法をお伝えしてきています。

【ゴルフ】横田真一ゴルフの理 達人への道が絶賛発売中!
ネット限定販売で現在口コミで販売本数を伸ばしています。


多くのレッスン本や番組などで言われている基本とは全く違った
私のゴルフ理論は、オーソドックスで型に当てはめない、非常に
シンプルなものです。

ゴルフの幅を広げ、もっとゴルフが上達し、ゴルフの楽しみ方が
増える、そんなあなたのゴルフスタイルを実現させましょう。
 
 Powered by yaplog!