自覚

April 09 [Wed], 2014, 11:59
レンタル彼氏が自分をレンタル彼氏として自覚するタイミングとしてよく言われるのが、お客さんからお金をわたされるときです。
先払いのときはそのレンタル彼氏としての自覚が先にくるので普通に仕事として割り切れるのですが、後払いだった場合そうもいきません。
普通にお客さんと打ち解けて、普通にデートして、普通に楽しんでしまった時、そして最後にお支払いとなると、今まで恋人気分で接していたのが急にレンタル彼氏という仕事に引き戻されるのです。
かくいう僕も、そんなことがよくあります。
ベテランのレンタル彼氏ともなればそんなことはもうないのかもしれませんが、僕みたいにまだ新米に分類されるレンタル彼氏だと、レンタル彼氏というよりは本当の彼氏として接してしまった方が仕事としてもスムーズに進むので、気付けば本当に気兼ねなくいろいろ話してしまってるんです。
もちろんお客さんも楽しそうなのでまったく問題なくデートはフィナーレを迎えるのですが、そのフィナーレで急に自分がレンタル彼氏であったことを思い出させられるので、そのギャップにたまにとまどってしまうのです。
そして同時に、何かお客さんに対して失礼なことはしてなかっただろうかとか、ちゃんと気をつかえていただろうか、とかいろいろ考えてしまうんです。
僕はまだレンタル彼氏としても若い方なので、お客さんも僕にそういう面を期待してきてくれる人が多いからいまだに問題が表面化してないのだと思うのですが、もしもっと歳を重ねたレンタル彼氏になったときは、そうもいきませんよね。
なのでこれからはもっと最初から最後までレンタル彼氏WarmRelationの一員としての自覚をもって、デートに臨みたいと思います!
では、さようなら(^−^)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:吉野
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
ヤプミー!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yokoanvbhe/index1_0.rdf