dracom 祭典 『今日(こんにち)の判定』 、『ソコナイ図』 京都公演

June 14 [Tue], 2016, 14:05
dracom 祭典 『今日(こんにち)の判定』 、『ソコナイ図』 京都公演
(7月15日〜18日)



dracomが久々に京都で公演を行います。2008年に発表し、多くの観客や舞台関係者に強烈な印象を与えた、“ルール”について考察する『ハカラズモ』を大幅に改訂した(ほぼ)コメディーと、2015年末から2016年にかけての年末年始に実施した初演が好評だった、都市部で起こった餓死事件を基にした悲劇作品を新演出でお送りする、dracomとしては初めての、2本立て公演です。この作風が全く異なる2作品はdracomの到達点でもあり、新たな出発点ともなるでしょう。

ご多忙かとは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。
ご来場をこころよりお待ちしております。



<ご予約>
ご予約は こちらから どうぞ。
https://www.quartet-online.net/ticket/dracom16kyoto?m=0bbdcaf
2作品鑑賞共通チケットをお求めの場合は、2作品目の鑑賞日時を備考欄にご記入ください。

<開演日時>
2016年 7月
15日(金)19:30☆
16日(土)13:30☆ / 19:30◯
17日(日)11:30◯ / 17:30☆
18日(月)11:30☆ / 17:30◯
(☆→『今日の判定』  ◯→『ソコナイ図』)
*受付開始は開演の30分前、開場は15分前

<会場>
アトリエ劇研⇒ アクセス
京都市左京区下鴨塚本1
TEL:075-791-1966(月〜土 9:00〜17:00))

<料金>
一般:前売2500円 当日2800円
学生:前売2000円 当日2300円(要学生証)
共通チケット(2作品鑑賞チケット)4000円(前売りのみ)

dracom 祭典『ソコナイ図』

January 03 [Sun], 2016, 17:00


年越しを一人で過ごしている女の物語
かつて人が住んでいたアパートにあるアートスペースを会場にして、
そこはかとない絶望を描くおかしみのある悲劇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
dracom 祭典『ソコナイ図』
(作・演出/筒井潤)
2015年12月30日(水)〜2016年1月3日(日)
@アートスペース ジューソー/#13
(大阪市西成区山王1丁目5-31 新・福寿荘内)
URL http://dracom-pag.org/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【作・演出】筒井潤
【出演】鎌田菜都実、キタノ万里、筒井潤、村山裕希、稲葉俊、長洲仁美

【開演日時】
2015年
12月30日(水)17:00
12月31日(木)23:15★

2016年
1月 2日(土)17:00
1月 3日(日)17:00

* 受付開始・開場は開演の20分前
* ★…21:00よりプレ・パフォーマンスイベント開催(途中入場歓迎)。終演後、「鐘つき会」を行ないます。

【会場】アートスペース ジューソー/#13
大阪市西成区山王1丁目5-31 新・福寿荘内
○地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前」駅2番出口から徒歩6分
○JR「天王寺」駅、「新今宮」駅、地下鉄谷町線「阿倍野」駅から徒歩12分
http://www.artspace13.com/


【チケット料金】
<一般> 前売2000円 当日2300円
<学生> 前売1500円 当日1800円

* 日時指定、全席自由。席数に限りがございます。早めのご予約をお勧めします。
* 学生チケットの方は、当日学生証を提示ください。

【チケット取扱】
WEB予約フォーム(カルテット・オンラインにとびます)
・メール予約 dracom制作部
件名を「ソコナイ図 チケット予約」として、お名前、日時、券種、枚数、電話番号をご明記の上、
info@dracom-pag.org までメールをお送りください。

【注意事項】
会場となるアートスペース ジューソー/#13は、築60年の木造アパートを改装したアートスペースです。
暖房器具も用意していますが、どうぞ温かい格好でお越しください。

【お問い合わせ】
TEL:070-5046-4604(内山)
E-mail:info@dracom-pag.org (dracom制作部)


私がこの企画を考えたのですが、こんなときに誰が観に来ていただけるのでしょうか(笑)。
でも、こんなときだからこそ観て欲しいのです。鑑賞後に眺める街の風景は、
それまでのものと少しだけ印象が変わると思います。」(dracom リーダー 筒井潤)


【スタッフ】
舞台監督:西野真梨子
舞台美術・音響・照明:dracom
宣伝美術:三澤敏博(絡繰堂)
制作:内山幸子、dracom制作部

【主催】dracom
【助成】公益財団法人 セゾン文化財団
【協力】アートスペース ジューソー/#13、劇団走馬灯

「箱庭ラジオ」忘年会

December 21 [Mon], 2015, 20:35

昨日は年末恒例の「箱庭ラジオ」忘年会でした。


なんと1年ぶりの収録となるわけですが、この忘年会がなければ、1年ぶりもないと思うと、開催してよかったなぁと思います。


僕と河合くん、小坂くんの他にも豪華なゲストにお越しいただきました。


細々とでも続けていければいいなぁと思います。


更新は来年初頭になります。


また、告知しますのでぜひきいてみてくださいね。

がんばれおれ

December 19 [Sat], 2015, 23:42

今日も仕事で凡ミスをしてしまった。


ずいぶん長いこと気付かなかったが、僕はだいぶとボケているらしい。


以前ある人に「ムラヤマさんって無邪気ですよね」。


と言われたことがある。その時は


「何を言うか!」


と、思ったが、もしかしたら、僕のヌけている部分をオブラートに包んでうまく言い表していたのかもしれない。


酔った頭でいろいろ思い悩んでも酒のことしか考えられないので、


よし!とりあえず明日もがんばろう!


と、思うことにしたのだった。


駅に着いた。

身体からときほぐす

December 16 [Wed], 2015, 23:07

部屋を整理し、いらないものを捨てている。
捨て出すと止まらない。
俺の部屋の中にはこんなにいらないものがあったのか。


部屋がどんどん広くなる。
「このスペースにソファを置いてみようかしら」
などと、とんでもないことを思いつく。


ものを捨てることで思いつかなかったことを思いつくようになり、感情にも変化が生まれた。


気になっていたことは放っておくより行動に移した方がいいと気づいた。


「行きづまったら、頭より先に身体からときほぐすようにしている」
という池波正太郎先生の言葉を思い出したのだった。

こえぴょん

December 16 [Wed], 2015, 0:43

桂小枝が好きだ。


小枝不動産が好きだ。


探偵ナイトスクープの小枝探偵が好きだ。


「や〜って、みよーっと!」など、狂言のような独特な言い回しは誰しもマネしたことがあると思う。


大学生だった頃、民族音楽をやっていて、年末にテレビ番組のコーナーに出演したことがある。
その時のメインMCが小枝さんだった。
とても優しく接していただいたことを覚えている。


大阪に桂小枝がいてよかった。

忘年会

December 14 [Mon], 2015, 23:28



昨日は秋に出演させていただいた遊劇体さんの忘年会に呼んでいただいた。


稽古中に何回か通った立ち飲み屋の3階を貸し切っての開催だった。居心地も最高で、ものすごい量の料理が出てきて、フードファイターに敬意を払う僕でさえ、たじろぐほどだった。


楽しくて楽しくて飲みすぎてしまった。

繋がる、世界

December 12 [Sat], 2015, 0:28

最近、自分があまりにも、ものを知らないことに愕然としている。


むかし、ものごとを深く理解するためにはそれを捉える言葉を多く知る必要があると気づいた。しかし、それと同時に、言葉を知ることで、ほんとうは繋がっているはずのこの世界を言葉で細分化してしまい、ほんとうにあるべき世界を見落としてしまうのではないか、と思ってしまった。


そんなこんなで、今日も本を開いて文字を眺めながら、読まないことを繰り返している僕は、ずっとぼんやりしている。

粗大

December 10 [Thu], 2015, 22:41

年末に向けて街は華やいでいる。
電車で「俺の空」をむさぼるように読んでいるサラリーマンを見て、まだ夢の途中だな、と思う。


市役所に電話して、粗大ゴミを大量に引き取ってもらうことにした。
古本屋が引き取ってくれなかった「ゴルゴ13」もだ。


ダンボール箱にして12箱を処分したら我が部屋は少しだけ広くなったようだ。

加藤清正とフードファイト

December 09 [Wed], 2015, 22:49

年末が近づいている。


夜にはフードファイトを見ながら食事をすると、食がすすむような気がしている。


ギャル曽根とジャイアント白田はホントにすごいなと思う。


このところ納豆を毎晩食べている。
納豆が好きだ。


納豆を発明したのは加藤清正だったかどうだったか?


どうだかわからないが、ありがとうございました!加藤清正!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Murayama Hiroki
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
2016年は映像作品に挑戦したい。 ライブを再開し、音楽活動の幅を広げたい。