スコーン3種

November 19 [Wed], 2014, 23:08
みたびスコーン
フランスパン用の小麦粉と植物性ホイップで作るシリーズです
今回は、リスドォルじゃなくてブリアンスを使います



新作オレンジとチョコレートの組み合わせ



作り方は一緒のなので省きます(^m^)
ほのかにオレンジ香るチョコスコーンです♪



アールグレイ(紅茶)のスコーンは
前回も作りました。
中身なし



りんごのコンポート入りは
ちらっと中身見せ♪



新作ココナッツとパイナップル



思ったより甘さ控えめになりました。
オーブンで焼いている間、ココナツの甘くて
香ばしい香りに包まれました^^



この3種も味見隊員さまにお届け♪

我が家の砂糖たち^^

November 04 [Tue], 2014, 15:48
お菓子を作るのを趣味としているので
家には様々な砂糖があります。

先日、スコーンを作るときに
どれくらいの種類があるんだろう〜と
ふと、並べてみました。

左上から時計回りで
グラニュー糖、三温糖、上白糖、ザラメ、ワッフルシュガー
カロリーゼロ、ラカントS、粉砂糖、和三盆糖、トレハロース
てんさい糖、素焚糖、双洗糖、黒砂糖、きび砂糖



画像には写って無いですが
ブラウンシュガーと、メープルシュガー
クリスタルシュガーもありました。
思ったよりありました@@

通常、こんなに無いですかね?(笑)
今度、塩も並べてみようかな^^


スコーン スコーン

October 31 [Fri], 2014, 13:54
フランスパン用の粉と植物性ホイップクリームで作る
スコーンにハマっています。
ハマると飽きるまで作り続ける習性だったりしてw
味見隊の皆様にぼちぼちと送り付けてたりしています
感想を聞かせて貰えると嬉しいです^^

スコーンと言えばチョコチップ
少し前に某チェーン店のチョコスコーンにハマリました。
チョコって焼いて冷ますと食感が変わりますよね〜
自分の好みは大きめのカットチョコがゴロゴロと
入ってるもの
でも冷めると硬くなるので、以前、妹からチョコが大き過ぎると
言われたので、今回はやや小さめにカットしましたw
冷蔵庫の中のストック、色々と取り混ぜてみました。
リンツのミルクチョコは劇甘@@
大丈夫だろうか(笑)

作り方と配合は下の記事とほぼ同じなので
さらっと〜
粉類は全てボウルに入れ、泡だて器でぐるぐる混ぜます。
植物性ホイップクリームを入れて混ぜ、最後に
チョコを入れます

200度のオーブンで15〜20分ほど焼きます。

混ぜて焼くだけ簡単です^^
リンツのミルクチョコが偏って、劇甘スコーンと
それほどでもないスコーンとに
分かれていない事を祈る(笑)


そして
作り方は一緒なので、焼き上がり画像だけw

ココアとチョコのスコーンです。
生地にココアパウダーを混ぜ込みました。
前回のダブルチョコスコーンとの違いは
今回は生地に溶かしたチョコを入れませんでした。
なので、割とあっさりしてるかも。
(実はまだ食べてませんw)


前回と同じスコーンもリピしました
アールグレイ(紅茶)とりんごのコンポート
気持ち、りんごの甘煮を増やしましたw


抹茶と粒あんのスコーンもリピ♪
何故か画像が何処かへ行ってしまったので
前回の写真です(^^;
中に餡子をたっぷりと入れるので、どうしても
大きなスコーンになってしまいます。
半分にカットしてもいいかも


スコーンは焼きたてが美味しいと思うので
食べる前に、トースターで数分、焼いて下さいね〜^^



抹茶とつぶあんのスコーン

October 26 [Sun], 2014, 23:07
フランスパン用の粉と植物性ホイップクリームで作る
スコーンシリーズ第四弾です

粉はリスドォルです
アールグレイとリンゴのスコーンと
作り方は一緒です

準強力粉、BP、三温糖、抹茶をボウルに入れ
泡だて器でグルグルと混ぜます

つぶあんを軽くまとめてく丸めておきます
ボウルに植物性ホイップクリームを入れて
混ぜます

生地を二等分にして丸め
6等分ずつにして2枚一組にします
中につぶあんを挟んで形を整えます。
表面にハケで牛乳をぬります

200度のオーブンで15〜20分焼きます

焼き立ての周りサクサクがたまらない
つぶあんたっぷりなので、まるで抹茶のたい焼きですw


これ、リピ決定です^^



ダブルチョコレートスコーン

October 25 [Sat], 2014, 0:45
フランスパン用の粉と植物性ホイップクリームで作る
スコーンシリーズ第三弾です

欲しかった粉が見付かりました
最寄りの駅周辺では売って無かったのですが
たまたま近所のショッピングモールに行った時に
売り場にありましたw
灯台下暗しとはこの事か。

材料はこちら
チョコは溶かして生地に混ぜ込むのと
チョコチップの2種類使います

フランス ヴァローナ社の高級チョコです
これを湯煎で溶かして置きます



チョコチップは少し大きめのものでにすると
しっかりと存在感が出ます

粉、ココアパウダー、BP、三温糖、塩を
ボウルに入れ、泡だて器でグルグルと混ぜます

真ん中をへこませて、植物性ホイップクリームを加えます

溶かして置いたチョコも混ぜます

最後にチョコチップを投入して混ぜます

まとめてから好きな大きさにカットして
表面に牛乳をぬって、200度のオーブンで15分焼きます

少しビターテイストでした
焼き立てのサクサク、中ほろりが美味しい^^









新食感、スコーン

October 23 [Thu], 2014, 23:32
久々にスコーンを焼きました。
スコーンと言えば、小麦粉にバターを切り込んで
牛乳でまとめると言うのが定番ですが
植物性ホイップを使うレシピの試作です^^

本当はフランスパン用の準強力粉を使うのですが
最寄り駅周辺のスーパーで見つからず見付からず
似たような強力粉を使います。

材料はこちら

ボウルに強力粉、BP、塩、三温糖を入れ
泡立て器でグルグルと混ぜます。

真ん中をへこませて、そこに植物性
ホイップクリームを投入
ゴムベラで混ぜます。

粗方混ざったら、ドライクランベリーを
入れて混ぜます。

丸く形を整えて、スケッパーで6等分に。

表面にハケで牛乳を塗ります

200度のオーブンで15分〜20分焼きます。

焼きたては周りサクっと中はふんわり!
クランベリーの甘酸っぱさがアクセントになってます





続いて紅茶(アールグレイ)とりんごのスコーンを・・・
粉類の配合は同じです。
紅茶の葉はすり鉢ですって、粉末にします

ホイップクリームを混ぜる所まで、クランベリースコーンと同じです。
クランベリーの代わりに紅茶の粉末を混ぜます。

中に挟むのはリンゴのコンポート(甘煮)
少し前に作って置いたものです。

こんな感じで中に挟み込みます

同じように表面にハケで牛乳を塗ります

200度のオーブンで15〜20分ほど焼きます

スコーンは食べる前にトースターで焼き直すと
焼きたての食感と同じになります^^


クランベリースコーンも、紅茶スコーンも外かり
中ふわほろでなかなかでした。

こんなに軽い食感のスコーンは初めて
暫くハマるな(^m^)


栗の渋皮煮2014

October 15 [Wed], 2014, 16:24
すっかり更新が遅くなってしまいました(^^;
やっぱり定番のコレ
今年は2回作りました。

栗はたっぷりの熱湯に30分くらい漬けて
鬼皮を剥きやすくします

鬼皮を剥いたら水に漬けて置きます

鍋に栗を入れてひたひたの水と重曹
大さじ1を入れて火にかけます
煮立ったら弱火にして、あくを取りながら
10分ほど茹でます
最初は真っ黒になります

流水にさらします
黒い筋を竹串で取り除きます
煮ているうちに取やすくなるので
ここでは無理に取らないで置きます

鍋に栗を戻して、ひたひたの水と
重曹大さじ1を入れて火にかけ
沸騰したら弱火にしてあくを取りながら
15分茹でます

湯を捨てて流水にさらします

栗を鍋に戻してひたひたの水で
今度は重曹なしで沸騰したら
5分ほどゆでます
湯を捨てて流水にさらします

これを3回繰り返して、食べてみて
栗の渋味が残っていたら、更に繰り返します。
大体、3回やれば渋は取れます
流水につけながら、残ってる筋を
手で取り除きます

栗をざるにあげて鍋に戻し、ひたひたの水を入れて
弱火にかけます
ひと煮立ちしたら紙ぶたをして弱火で10分
きび砂糖の半量を入れて、ごく弱火で5分煮ます

残りのきび砂糖を加えてごく弱火で20分煮ます

火からおろして、紙ぶたをしたまま室温で一晩置きます

翌日、栗を取り出して、煮汁を半量まで煮詰め
再び栗を鍋に戻して紙ぶたをして弱火で10分煮ます



渋皮煮は毎年作っているので、失敗しませんでした^^
時間はかかるけれど、手作りはやっぱり美味しいですね


これは来年もきっと作ると思います。



失敗!マロングラッセ・・・にならなかった(^^;

October 09 [Thu], 2014, 22:51
少し前に秩父方面の道の駅巡りをしました。
おいしそうな栗をGET

毎年、栗の渋皮煮を作っていますが、今回は
マロングラッセを作ってみようかな〜と

参考にさせて貰ったレシピはもちろん

マロングラッセの作り方(特選男の料理) ←クリックで飛べます

熱湯につけて鬼皮をむきやすいようにしましたが
剥いてるうちに冷めて来ちゃった。
思いのほか、時間がかかりますね(><)

しか〜し、鬼皮より時間かかったのは、渋皮でした(^^;
夜中までかかって、今夜は徹夜になるかもと思っていたら
見るに見かねた夫な人が、、まさかのお手伝い
渋皮が栗に張り付いてなかなか剥けませんでした

ひとつひとつガーゼでくるみます
縛るの忘れてます(くるんだ意味なし)

鍋に栗を入れてひたひたの水に砂糖を加え
火にかけます。
砂糖が溶けたら、そのまま一晩置きます。


次の日、砂糖を足してまた溶けたら一晩おきます
砂糖が結晶化するまでこれを繰り返します。
ラム酒は最後の香り付け


何が失敗かと言うと・・・
砂糖が結晶化しませんでした。
栗は結構割れてしまい・・・
本当は結晶化したあとに栗を乾かすのですが
断念(><)

甘煮として食べました(^^;;
なので画像は無いです

失敗が続くと、凹むわ〜〜



桃モッツアレラ

September 29 [Mon], 2014, 23:36
少し前にTwitterで話題だった桃モッツァレラ
桃の季節に作ってみました
作ると言っても、ただ混ぜるだけなんだけど。
これです

余りの美味しさに震える、幽体離脱しそうになった、めっちゃハマル!
などと絶賛の嵐だったんですが・・・
そうでもない・・・
まさかの失敗? ORZ

で、よくよく調べたら、一応ちゃんとしたレシピがあるらしい

ツレヅレハナコ blog ver

もう一回、レシピと同じ材料で作ってみようかな・・・と
思っていた所に桃の頂き物
懲りずに作ってみましたよ。
桃、モッツァレラチーズ、オリーブオイル、白ワインビネガー
黒コショウ、塩、レモンの皮です
前回、オリーブオイルと塩入れなかった(><)


これらをただ混ぜ混ぜ・・・


UFO皿を引っ張り出して、ちょっとお洒落に盛ってみたけど


うーん・・・
不味くは無いけど、ハマらないw
何がいけなかったんだろう??
少し落ち込みますわ


レモンは皮の部分しか使わないので・・・
絞ってレモンスカッシュ
これが一番美味しかったというww






サク、ほろ、中国風餡パイ

August 20 [Wed], 2014, 20:13
暑いですね〜〜(合言葉)
エアコン無しでは過ごせません

またまた古いネタです。
ウワサでは去年のとかw

見た目、おやきですが・・・w

中身はこしあんが入っています。
生地はパイ風です。
サクサク、ほろっと軽く、美味しかったです^^



2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
☆ここの管理人について☆
☆HN : よー☆
☆好き:猫・テディベア作り
☆嫌い:マナーを守れない人☆
最新コメント
アイコン画像うさぎさんへ >よー@管理人
» スコーン3種 (2014年11月26日)
アイコン画像ひろりんさんへ >よー@管理人
» スコーン3種 (2014年11月26日)
アイコン画像しずさんへ >よー@管理人
» スコーン3種 (2014年11月26日)
アイコン画像ハッピーさんへ >よー@管理人
» スコーン3種 (2014年11月26日)
アイコン画像うさぎ
» スコーン3種 (2014年11月21日)
アイコン画像ひろりん
» スコーン3種 (2014年11月21日)
アイコン画像しず
» スコーン3種 (2014年11月20日)
アイコン画像ハッピー
» スコーン3種 (2014年11月20日)
アイコン画像みやぼうさんへ >よー@管理人
» 我が家の砂糖たち^^ (2014年11月10日)
アイコン画像うさぎさんへ >よー@管理人
» 我が家の砂糖たち^^ (2014年11月10日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/yohan/index1_0.rdf
メールはこちらからどうぞ^^

TITLE


MESSAGE