ヨーグルトを食べても便秘に効かないのは何故?腸内環境の違い

April 19 [Sat], 2014, 3:46
ヨーグルトはお通じに良いと聞いて毎日食べていても、
一向に便秘が解消されないという人がいます。

ヨーグルトは便秘には効果がないのでしょうか?

いいえ、ヨーグルトは便秘解消に効果のある
食品であることに間違いはありません。

それではなぜ、効く人と効かない人がいるのでしょうか?

何故かというと、腸内に存在している細菌は
一人一人がまったく異なるものなのです。

ですので、市販のヨーグルトに含まれるビフィズス菌が
すべての人にとって有効な効果があるとは限らないのです。

それ故、ヨーグルトでスッキリ出る人もいれば
まったく効かないという人も出てくるのです。

では、ヨーグルトを食べても
意味が無いのかというとそんなことはありません。

プロピオン酸菌を摂取することで
一人一人の腸内環境をイキイキさせられるのです。

プロピオン酸菌はビフィズス菌との相性が抜群なので
生きたビフィズス菌を腸内に
しっかりと届けることができるようになります。

ただ、プロピオン酸菌とビフィズス菌を同時に
摂取するのは普段の食生活では難しいです。

そこで、相性抜群の両者を一緒に摂取することが出来る
唯一のヨーグルト「プロピル」をおすすめします。

プロピルはフランスの研究機関で開発された
プロピオン酸菌を使用しており、腸内に沢山の
ビフィズス菌が長時間生きているのが確認されています。

プロピルは夜に水と混ぜて一晩冷蔵庫に冷やしておくだけで
翌朝には手作りヨーグルトが出来上がります。

この手軽さと効果の高さから発売後3ヶ月で
440万食を突破するほどの大人気商品となっています。

今なら初回限定、半額で購入できるので
気になる方は下記の公式サイトをご覧ください。
  ↓      ↓      ↓