便秘がヨーグルトを食べても解消しない!?下剤なしで解消するには?

March 02 [Mon], 2015, 10:25
「便秘がひどいのでヨーグルトを食べ続けているけど、
 全然便秘を解消できなくて…」

と、悩んでいませんか?



何日も便が出ないと、お腹が張ったり痛くなったりして
かなりツラいですよね。

そして、便秘が続くと肌が荒れやすくなったり
あるいは、太りやすくなったりしてイヤですよね。


それで、便秘を解消するために
毎日ヨーグルトを食べ続けているのにもかかわらず、
全然便秘を解消できない、と悩む人って多いですよね。


だからといって下剤を飲むのは抵抗がありませんか?

下剤を飲み続けると体が薬に慣れてしまって、
効果がなくなることがあります。

そうなると、もう何をしても便が出ない、
なんてことにもなりかねません。

また、大腸メラノーシになる可能性があります。

大腸メラノーシとは腸が真っ黒になる症状のことで、
その部分は全く働かなくなってしまいます。

そうなってしまったら便秘がひどくなるだけです。

ですから、できるだけ下剤は飲みたくないですよね。


ヨーグルトを食べ続けても便秘が良くならない、
だけど、下剤は飲まないほうがいい、

そうすると、どうしたら便秘を解消すればいいんだろう、
と、悩んでしまいませんか?


ヨーグルトを食べ続けても便秘を解消できないのは、
ヨーグルトに含まれている乳酸菌が、
生きたまま腸に届いていないから
かもしれません。


乳酸菌は腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やして、
腸の調子を整えるので便秘解消に効果的です。

しかし、乳酸菌は熱や胃から分泌される胃酸に弱いです。

それで、乳酸菌が体温や胃酸で死滅してしまってから
腸に届いてしまうことが多いんです。

乳酸菌が死んでしまったら働かなくなりますから、
意味がなくなりますよね。


それともう一つ、乳酸菌の数が足りない可能性もあります。

生きて腸に届く乳酸菌が入っているヨーグルトが売られていますが、
数が少なければ、便秘解消の効果は実感できないことが多いです。

便秘解消には1日100億個以上の乳酸菌を摂取する必要がある
と言われています。

それで、ヨーグルトは1個(約100g)当たり10億個くらいの
乳酸菌が入っているものが多いです。

ですから、乳酸菌の数が全然足りなくて、
便秘を解消できない可能性もあるんです。


便秘解消には、生きたまま腸に届く乳酸菌を、
1日100億個以上摂る必要があります。


「生命の乳酸菌」は約346億個の乳酸菌が、
生きたまま腸にまで運ばれるように作られている
サプリメントです。


詳しい情報は下の画像をクリックすると確認できます。
↓  ↓  ↓