2007年6月28日
日本競馬狂想曲」のダウンロード先が変更されました。
携帯電話から下記アドレスかQRコードを利用してアクセスして下さい。
サイト名:ぐるうたフル
URL:http://utafull.com
(携帯電話専用サイトです。)

QRコード

[手順]
ぐるうたフル
TOPページで
「→アーティストリストはこちら←」を選択。
アーティストのリストが表示されますので、
「佐々木忠平(めんたんぴん)」を選択してください。
「佐々木忠平(めんたんぴん)」の曲一覧が表示されます。

[配信]
au、DoCoMo、Softbankで配信しております。
着うたフル対応機種でご利用ください。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yogakuonsan
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
«2007年09月 | Main | 2007年07月»
岡本太郎の残したもの / 2007年08月29日(水)
ふと、時々思い出す人がいる。
岡本太郎だ。破格の日本人だった。
テレビにはよく出たが、彼の話すことは半分判らなかった。

「芸術は爆発だ」は彼の残した言葉だ。
兵隊にとられ戦地で匍匐前進する最中、目の前の小さな花に目を奪われる。
その小さな花の持つ拡大なエネルギーに感動する話はとても忘れる事ができない。

彼の作品には熱が有った。後年、発見されたメキシコに残した壁画も見事だった。

一応、僕は美大中退だ。
でも、世の芸術作品には全く興味が無かった。
展覧会ほど退屈な場所は無い。
そんな僕が、岡本太郎には興味があった。
ピカソ、ゴッホ、より岡本太郎だった。

岡本太郎が表現した事。僕の残りの人生ですべて味わいたい。
いや、岡本太郎になりたい。どうも僕はそう思っている。
「生きている事」を表現する。それだけだと思う。
僕のやりたい事、そのすべてだ。

「生きてる事」それがよく判らない。
でも。そのことに触れるものに出合うとき、感動する。
爆発が起きる。

 
Posted at 10:32/ この記事のURL
コメント(0)
仏の夏 / 2007年08月28日(火)
なんやかんや文句言っとる間に夏は「サイならー、又来年ね」言うて去っていく。
悲しいのー、せつないのー。

夏の出来事はすべてロマンテック。
自転車こいで倒れそうになったり、変な場所に汗疹できとったり。
ロマンチックやないの。
夏の少女は現れず山にも海にもいかず、息子とホルモン焼き食っただけやけど。
甲子園の歓声が聞こえカーテンが揺れ、コンクリートはチンチンになる。
でもそれだけでもいいやない。十分や。夏が残した物語や。

中年になると誰にも相手にされん。色っぽい話は無い。
でも、その渇きを夏は補ってくれる。
さあ、いらっしゃいと手を広げて抱きしめてくれる。
有難い。みろく菩薩や。

たとえ日焼けしただけの夏であっても、いいじゃないや。
暑い暑いと言って生きてることを実感できたやないの。
感謝したい。仏の夏や。

 
Posted at 16:57/ この記事のURL
コメント(0)
暑すぎる夏 / 2007年08月25日(土)
暑い、暑い。
どう書けばいいんだ。洗濯物はすぐにパリパリに乾く、なんて喜んでるけど、秋の虫たちも鳴き始めた。
もう夏の終わり。

西湘、箱根、伊豆、これからや。これからがまたいいんや。とっておきの半袖シャツ着るのはこれからやで。

135号の季節。昼でも夜でもえーよなー。「波の上のサーファー暁のライダー」やで。
車ビュンビュン飛ばして遊ぼうや、なんか頭おかしいんやけど。
ビュンビュン飛ばして帰りは横浜、チャン街や、皆でドーッと繰り出して旨いものガツンと食おう。

まあ、半分ヤケクソやけどな。
こちとらには兼六園あるしのー。松ノ木がいっぱい。立派な木ばっかりや。
白鳥路ホテルでエビス、ザ、ホップ800円でどや、旨いぞ。

やっぱ、135号にはかなわんか、そうやな。
車でビューにはかなわん、かなわん、かなざわかなわんってアホなことしか浮かばん。

暑すぎるからや、元にもどれんようになったらどうしましょー。

 
Posted at 14:05/ この記事のURL
コメント(0)
競馬中止 / 2007年08月21日(火)
大変なことになった。
JRAも金沢競馬も中止になった。
馬インフルエンザが発生した。
ホント、玄関開けたら家の前が川になってたような感じ。どうにも始まらない。

まあ、元気な馬もいるわけで思いがけない夏休みになったんじゃないの。
ゆっくり休めよ、馬たちよ。
猛暑の中競馬しなくったってかまわない。
クソ暑いパドックにひっぱりだされて、人間は欲張りだからね。
馬が可愛そうだった。涼しくなったら、頑張ってくれりゃいい。

今度のことで、金沢競馬だけで馬が550頭いることを知った。
金のかかる遊びなんだよなー。
しばらくは無料バスに乗れない。
やっぱ、何が起きるか分からんね。
楽しめる時に楽しんどけ、ゆう事か。

S君は可愛そうやった。
やっと休みとって朝「競馬行きましょう、久しぶりです」なんて喜んどったら中止だもん。
これ、相当ついてないで。「なぜ今日中止になるんや」って相当しょげてた。
そんなん、全国で5万人はいたんと違うかな。

 
Posted at 18:19/ この記事のURL
コメント(0)
ロックと政治家 / 2007年08月20日(月)
あのー。一言言っとくけど自民党全体を支持している訳じゃないからね。

自民党保守派、右派、いわゆるタカ派。それを支持している。
加藤、山崎、谷垣はどうでもいい。まあ敵だから。

待ちに待ったタカ派が首相になったんで喜んでるのよ。
今はボロボロにされてるけど。
だから、麻生さんでも中川昭一さんでもいい。

管直人の言ってることは昔からずっとトンチンカンで社民と変わらない。
鳩山由紀夫は改憲論者。彼の憲法草案はけっこう良かった。
でも政治家じゃない、学者だ。

小沢一郎には全く興味が無い。金丸信の時代で終わった人。別の世界の人。

言いたい放題言わせてもらえば安部さんにロックを感じない。アグネスチャンじゃ具合が悪い。
へなへなポップスだもの。

テレビで細木数子がボンジョビ招いて舞い上がり「私は昔からロックが好きなの」と叫んだ。
ロック好きは大体ワル。

小泉純一郎はプレスリー。
ロックンロールのいい加減さと面白さを知っている。
「人生いろいろ、会社もいろいろ」なんてかっこいいでたらめぶりを見せてくれた。

ロックを知らない政治家はもう無理。世界共通だもの。
僕ならブッシュに言う「テキサスの音楽には随分影響されました、あなたを批判したデェキシーチックスはともかくとして偉大なZZトップ、「メキシコの山」を作ったダグサム、テキサスは素晴らしい。

日本では小泉さんをやり過ぎだと批判したけどあれだけプレスリーになりきってサングラスかけて歌えばたいがいの外国人は信用する。こいつ、俺と同じ時代に生きてるってね。

だから、ロック好きのタカ派がいれば文句無し。
コテコテの演歌歌ってるようじゃ駄目。
ひょっとして安部さん「めんたんぴん」聞いてたりして。
いやー、わかんないよ。

 
Posted at 10:46/ この記事のURL
コメント(0)
マスコミの言う事 / 2007年08月18日(土)
日本が進みだす海図とイマジネーションがやっと立ち上がった時に、年金自爆テロが起き日本は再び自虐的社会主義国家に戻って行く。
馬鹿げてる。

「大衆の意見によく耳を傾けなさい、早く退陣しなさい」
アホか、大衆の意見って何?いっぱいあるぜ。
いちいち耳傾けるなら議員はいらない。
大衆の意見とやらを我々はどこで感じ、どこで見るか?
マスコミだろうが、新聞、テレビじゃないか。

左翼新聞、左翼テレビばっかじゃないの。
えーどうなんだい、マスコミの思うように政治をやりなさいってことか、アホか。

どうにかしろよ。
TBSは完全な政治プロパガンダじゃないか。
免許取り消したほうがいい。
マスコミ、出版と言う大左翼に取り巻かれても日本には保守派がある。
不思議だろ、本当不思議だ、奇跡だ。

民主が勝った途端北がえばりだした。
おい、民主党に入れた人よ、拉致はどうすんの、またゾロ話し合いか。ふざけんな。
当然小沢は靖国行かないしな。
安倍普三が押さえ込んだ歴史問題がまた中国で吹き荒れるぞ。

民主が政権取って一年以上持つと思ってる人はよほどの馬鹿か、ゴリゴリの組合員しかいないよ。
野党連合だとかなんとか言ってるけど思想性ゼロ。
再び細川政権の時みたいになる。官僚は万々歳だ。

集団的自衛権を持つと戦争のできる国になるって?
アホか、丸裸でいろってのか、そんなら軍隊全部廃止や。
こちとら毎日毎日ジェツト機の爆音で気が狂いそうやが、それも無くなるわな、助かるぜ。
それでいいんやな。

世界はそんな甘うないぞ。
自国の利益で精一杯や。
核廃絶訴えたってなんにもならんかったやないか。
外国は日本と違うんや。強なりたくてしょうがない。
国が弱体化して喜んでるのは日本だけや。変態。
そこを直そうとするとこうやもん。
自虐的に生きるのもう飽きた。かっこ悪い。
まあ、自虐的でいる間は物考えんで済むけど。
その方が楽だわなー。

 
Posted at 00:41/ この記事のURL
コメント(0)
暑い クソ暑い / 2007年08月14日(火)
僕 「安宅にアジ釣りに行こうか」

明雄 「エー、暑いですよ」

僕 「暑いかな」

明雄 「死んでしまいますよ」

僕 「甲子園の観客席で中年男性死亡って聞いたことある?」

明雄 「有りませんけど」

僕 「アジ釣りの中年男性2名死亡って聞いたこと有る?」

明雄 「いや、それはないですけど」

昔。 城ヶ島で釣りをしていてあんまり暑いので服を着たまま海に飛び込んだ。
「忠平さん何すんのよ、魚逃げたよ」と文句言った仲間もドブンと飛び込んだ。
ほんと、梯川に飛び込みたい。 暑い、暑い。

天守閣でセミが、うなりまくっている。
セミをとる子供を見たことが無い。
日中子供が外にいない。
僕の子供のころよりセミは増えたように思う。どうなっとんねん。
積極的に夏を攻めんかい。逃げてどうする。

アジ釣りしたい。炎天下。
本当に体に悪いんかね。


 
Posted at 13:54/ この記事のURL
コメント(0)
阿久悠。 保守派大作詩家 / 2007年08月10日(金)
僕の部屋にクーラーは舞い。

昔はそんなものどこにもなかった。
そう思って我慢している。夏に汗をかくのは当たり前じゃないか、なんて強がっている。

阿久悠さんの死は重い。
活力に満ちた時代は完全に終わった。体ではなく頭で考える時代になる。
確かな心情、相手への想い、僕らはその最高の見本を阿久悠さんから受け取った。

男の熱情、激情、時にはそれを押さえ込む決意。
それが日本人の男の生き方だ。
僕は阿久さんを保守する。阿久さんを受け継ぐ。
北陸の小さな街で。このいい加減な男は決めた。

僕はロックは伝承だと思っている。
気にいった音楽、人物、想い、それらを受け継ぐ。
それが新しい何かを生む。保守する、あくまでも、死ぬまで保守する。

守ると決めたものは守る。
保守があるゆえに革新が有る。
若者はおおいに反発すればいい。
保守を乗り越えて未来に向かってほしい。

 
Posted at 13:08/ この記事のURL
コメント(0)
熱風 フェーン現象 / 2007年08月06日(月)
自転車で郵便局へ行ったついでに、中出鮮魚店に寄った。
昔から小松に居るときはこの店の魚しか食べない。
鮮魚だけでなく焼き魚、テンプラ、フライがある。

店主は親父の跡を継いだ二代目。
小松高校から大学へ進学し、家業を捨てきれず都会から小松に戻った。

昼食時に揚げたてのテンプラ、フライを、家まで持ってきてくれる。ありがたい。
そんで旨い。仕事が丁寧で僕はとても気に入っている。

ジェット機の騒音を除けば小松は実にいい所だ。幼なじみもいる。
ロック好きもいる。安宅の海が有り梯川も有る。

川崎や東京の暮らしが日々遠くなる。
気の短い僕は何度も喧嘩した。
イライラして誰かにあたった。今、命があるのが幸いだ。
パンチパーマ、ム所帰り、高校生、サラリーマン、思い出せばゾッとする。

親父はサラリーマンだった。
もし、家業があったなら継いだかもしれない。
同級生はほとんどそうした。

僕には居場所が無い。20代の頃からずっと。
どこにもない。そんな実感が常につきまとう。
都会で暮らすとそうなるのだろうか。

流れ者、逃亡者、なんと呼べばいいのだろう。
中出でフライを買って自転車をこぎながらそんな事思った。
暑い日だった。37度の熱風が体に当たった。
台風接近のフェーン現象。
でも、心は少し冷えていた。

 
Posted at 18:14/ この記事のURL
コメント(0)
安倍降りろの大合唱 / 2007年08月04日(土)
自民は大敗した。
社保庁自爆テロはまんまと成功。
それに尾ひれをつけて自民は自滅した。

マスコミは退陣しろと迫る。政変は視聴率をハネ上げる。
テレビの太田総理は金切り声を上げる。そんなに、民主が好きなのかね。

民主党を支持するとはっきり言わず自民党を責めるのは卑怯だ。
民主と自民しか現実に選択肢は無い。
国民はどっちかに投票している。
太田総理、あなたは卑怯だ。

TBS、朝日、読売。反自民で凝り固まった。
マスコミの政治プロパガンダはすざましかった。
そんなに小沢がいいんかね。

日本人は何か小沢一郎に弱みでも握られてるんか。
金権の真っ只中にいたひとじゃないの。
細川政権作って一夜にして壊した人だよ。
普通の国になりたいって言った人だよ。
美しい国の方がイイジャン。

古臭せーよなー。本当古い。
30年位昔に戻ったみたいだ。
もう、次の選挙の為に走り出そうだって。
アホか、お前は選挙オタクか。
そのセンス古いねー。政権乞食とはよく言ったもんだ。

選挙屋が頑張る世になっちやった。アホ臭。
憲法改正してくれんのかよー。
国連常備軍って本当に作るつもりかよ。
笑われるぜ、世界中から。

漁民と農民の生活保障もやるの。
そんなことしたら国が終わるぜ。他の業種が黙ってる訳無いじゃん。
でも、マニフェストに書いたんだからやるんだろうね。

やっぱり金権体質は変わらんね。
こちとらあんたに何のコンプレックスも無いからね。
逆戻りだけは勘弁だよ。

年金でこの国は自爆か。 アホらしいのー。


 
Posted at 16:11/ この記事のURL
コメント(0)

| 前へ
 
Powered by yaplog!