おすすめ予備校とは
2009.02.01 [Sun] 23:59


浪人生や現役生が利用する予備校ですが、大手の予備校はおおむね偏差値50以上の受験生を対象にしているため、基礎ができていない人にはついていくのも大変ですよね!

一応どんな予備校でも一番下のレベルのクラスもありますが、1年間で上位の大学を狙う場合には少人数制の予備校とか選ぶといいかもいいかもしれません。
基礎レベルからの学習だと東進などは評判がいいようです。

また、予備校が発行している参考書はよく考えて作られているので、独学で学習する予定の人も検討してみるといいですね。
講義型の参考書は解説が詳しく、出題傾向に沿っていて理解しやすいですね!
代々木ライブラリー、東進ブックス、中経出版、語学春秋社の参考書がそうですね。

また、予備校の模試は受けるようにしましょう。実際に大学受験で出された試験を参考に出題されるので傾向がつかみやすく、本番の練習にもなります。


>>代々木ライブラリーの参考書をさがす



 

大学受験の予備校
2009.02.01 [Sun] 23:52


東京、大阪、名古屋などの大都市で有名な大学受験予備校といえばまず、「駿台」、「代ゼミ」、「河合塾」です。
また「東進」「早ゼミ」などもありますね。
首都圏では「城南予備校」とか福岡では「北九州予備校」というのも有名です。

大学の受験勉強には独学で勉強する人もいますが、多くの人が予備校に通いますね。
予備校に通うメリットとしてはやはり、カリキュラムがしっかりしているのでそれに沿って勉強していけばある程度の学力が付いてくるということがあげられます。
次に、受験に関する情報量が多いということ。講師が分かりやすく講義してくれること。効率の良い合格法や勉強法参考書を教えてくれることがあるといえるでしょうか。
また、同じ勉強を志す友達がいるというのも励みになります。

逆にデメリットとして授業がは講義形式なのでコースや教室はいろいろありますがその人の学力の違いに完全に対応して教えられない。
費用がかかる。大手の予備校だと人数が多いので個別に対応しにくいなどがあります。
予備校に通うならまず無料の講義を受けるとかパンフレットを取り寄せるとかして自分の勉強方法にあっているか確認してから決めるといいかもしれません。