漢は文字の風格の三国

April 15 [Mon], 2013, 17:13
漢は文字の風格の三国
、両晋の役所の印判のデザインを印刷して、完全に漢をそのまま用いて古い制度に代わって実印、ただ正式な名前はあります 変化、印文の筆勢も時が経つにつれて少し相違。漢は文字の風格を印刷します 重厚で、魏晋は後でだんだん次第に薄くなります。かねてから印章のがすべて同様な見方があることを議論します。これ 私達が“古い時代を重視して現代を軽視する”の思想が存在するのではありませんて、理由は篆書の奴隷の応用で、漢は人民に代わります 一定の基礎があって、魏晋は後で真行の草書は盛んに行われて、少しの人は篆書の奴隷を学んで、印 篆書は技術の自然を書いて後退します。同時に、古代文字学を研究する人は日に日に不足して、6 本の原則の少しの人はわかってはんこ、篆書の中で様々な参の奴隷のオウレンボクを印刷して、気軽に筆画を直して、この情 況は大体南北朝の碑版の文字の不思議な変化と似ています。あれも文字の発展のです 一定の傾向、なんらおかしくありません。
後の世まで伝わる三国、両晋の役所の印判と封泥、数量も少数にありません。今日は確かです 三国の時代のに属することに分かって、例えば魏国の“東北地方の侯印”、“魏率善のともの県が長い” 5蜀漢の“勇ましい歩みの司馬”;晋の代のに属して、“晋羌王にキスして〉、“京兆の郡が国を立てる公印”のようです;南北朝のに属して、例えば“南郷の太守の章”、“梁 博士印”。役所の印判がいくらかあって、まだ急速に容易に試験しなくてそれが確かにどれに1時代属するかを知っています。
古代の役所の印判、身で下げて、それを使って財物と文書を閉じにきてハンコ、それをも使います 装飾品にします。解任される時、決して上納しなくて、同じく引き渡さないで、それを下げて持ち帰ります 家、死んた後にすぐさま死者と共に埋めます。これは隋唐は後で官吏の引継ぎの制度ですと違います。東晋》が
伝わって全て御史印章で閉じることを言うことを付けて、白絹も捺印して、あるいは意外にも絹織物の上で与えて、同じく 分かります。後漢から下がって、紙があっさりしていて盛んに行われて、からその上に径印者がいます”。このは言い出します 推測するに、実物の証拠がまだなくて、参考を用意することしかできません開運印鑑
封泥は古代の印章の直接打つ痕跡で、その歴史の価値と芸術 価値、印章の自身と同等な重要性があります。印章の自身の圧倒的多数がないのため、 後世まで代々伝わることがあって、今後の世まで伝わる封泥の上の印文、私達は習慣と考証のをまねて書きます 直接な資料。篆刻家は多く封泥の行うことを予定することがあって、あれはここ数十年の事で、早く 時の人はこの条件がありません。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yoamar
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yoamar/index1_0.rdf