11話感想 

2008年12月16日(火) 21時16分
 こんばんは。遅ればせながら11話見ました。
 とりあえずセルゲイおじさまが無事でなにより。

 皇女は保母になって生計を立てたら良いと思います。
 メメント・モリ(悪趣味な名前だ)へのリアクションは各々違うようですが、初めてお嬢様が怯みましたね。
 自分が何をしているのか、少しは知っていただきたい。

 一方CBではラッセの生命危ないくさい。
 折角助かったのだから、永らえて欲しいです。
 ティエ子さま、カミングアウト。
 イノベーターと決別する踏ん切りがついた模様ですね。
 ラッセは何時もせったんの見方で居てくれる、頼れる兄さんです。
 先代のロックオンの穴を埋めてくれるとありがたい。
 ティエ子、君は人間側の存在になったんだね。
 ニュータイプポジションキャラとお見受けしました。

 お嬢様、メメント・モリのショックから速攻立ち直ったようで。
 ネーナが今後敵討ちに出るのかどうか。
 
 今回も出ましたアロウズ。
 
 2代目ロックオン、必要ですかね?
 ただのスケコマシ(若いレディはこんな単語知らなくて結構です)
 って、罠じゃん。
 何て解り易い罠なんだこの女。
 ピキーン。
 CBメンバーが物凄い沢山居てびっくりしました。
 この人たち、皆何かを背負って、革新を求めて生きてきたのか。
 
 さじくん、矢張り残ることにしたのね。
 このままじゃ、終われないよね。
 
 今回もコーラがちょこっと出てくれて嬉しい。
 癒されたです。
 波状攻撃にやられて「うぁー」ってなるカワイ子ちゃんたちにときめいてしまうのはわたくしが腐だからですね。
 おやっさん、ドクターモレノの分も生きるんでしょ?
 もう死ぬみたいな感じは止めて頂戴。
 けれどおやっさんに懐いていたさじくんには堪えたようですね。
 おぉ。
 こんなポっと出の青年が乗れてしまう新兵器。
 大丈夫か。
 ドッキング。はあはあドッキング。
 せったんの後からさじくんがドッキング。
 強い。
 大尉が。
 ルイスちゃんが初めて身近な人を戦闘で亡くした瞬間です。
 そう、武器を取って立ち上がっても、勝てる保証はないし、新たな喪失を生むことだってあるんです。
 辛いです。

 トランザム、指でボタン2個押すだけ。
 え?
 トランザムで裸。
 こんなところで、さじくんとルイスちゃんが出会ってしまうなんて。
 敵同士だよ。よりによって。
 どうして。どうして。

 来週、出会ったふたりはどうなってしまうのでしょう。

10話感想 

2008年12月08日(月) 21時18分
 こんばんは。10話見ました。ハレルヤあぁあ〜。

 のっけから学生時代の初々しいお三方。
 ノリエガのスーパーマンみたいなロゴシャツはいただけないと思います。
 ノリエガのファッションセンスに全部持っていかれました。
 ファッションセンスといえば、正規軍の軍服もどうかと思います。
 わたくしだけですかね?

 スイール。新たな国家登場ですね。
 きな臭いカタロンの会議に、池田発見。びっくりしました。
 うーーんん。
 皇女のウジウジっぷりに食傷気味です。
 せったん、こんな女やめてシーリンになさい。
 
 コーラ、可愛いな。
 大佐のムコになるといいよ。
 わたくしくらいのトシになると、コーラみたいな駄目っ子が愛しくなるものです。
 男は愛嬌よっ。

 ピキーン。
 危険な何か?
 おや、ティエ子が砲撃手に。
 あの新型は大佐からクジョウへの警告なのではなく、リボンズ少年からティエ子への警告なのでしょうか。
 まだ結論は出せないのですね。 
 CBか、アロウズか。
 道はどちらか。

 プトレマイオスは岩に隠れていたのですね。
 ママちゃん。
 せったんがお笑いキャラに(笑)
 お嫁さん、いくつで娘を産んだのでしょうか。
 出た。
 見るからに怪しい新キャラ。
 アロウズくさい新キャラ。
 
 池田、ナニゲにネットワーク持ち。
 コナン坊や。
 
 ガンアーチャー(ですよね)にはマリーが乗るとかないですよね。
 それでアレルヤのためにボカーンなんてないですよね。
 マリーとさじの2ショット可愛い。
 でもソーマちゃんがいいよぅ。
 ルイスちゃん発作。

 コーラぴょこぴょこ可愛い。
 ん?男くさい新キャラ登場。
 リジェネ姉さん(と、いい続けます)とティエ子は似ているなぁ。
 姿だけでなく。
 はわわ。ネーナとサーシェスご対面。
 荒々しい再会ですね。

 メメント・モリ。
 何て悪趣味なネーミングでしょう。
 核兵器クラス、否、それ以上の兵器でしょうか。
 友軍がいるのに。
 
 それに呼応するような00の新たなステージ。
 イオリアの爺さまの遺物。
 超兵たちが。
 嘘。おじさま。

 きゃああぁ。ハレルヤ降臨。
 待っていたわ。

 結論。
 ライルとブシドーは特に出なくても…。
 

 


 

9話感想 

2008年12月01日(月) 21時15分
 こんばんは。9話みました。ティエ子さまのイブニングドレス&ガーターベルトの興奮冷めやらぬ今日この頃。

 出た。髭。
「行けよファング」って、にいにいを陵辱された気分だ。
 ほおぉ。髭の奴、身体半分炭になったのか。
 そうだよ。コイツがロックオンの仇だ。
 怒りに任せて追おうとしたティエ子が切ないです。

 イノベーター、可愛い。
 お嬢様。あくどい。

 小熊はルイスちゃんに何も聞かなかったけれど勝手に調べたのでムッツリ認定。
 親父様に比べてお前は。
 可憐なドレスとか少女とか言っちゃって。
 
 せったん、ひとの色恋沙汰に興味を持つなんて、お母さん嬉しいよ。
 4年前には考えられなかったことです。
 やらかくなった。
 ライル&ティエ子、殺気立ってるにー。

 出た鬼畜様。
 ヒリングちゃん、大佐と気が合うようで。
 え?
 ライセンス??
 ぶふふ。

 わたくしはライルに感情移入できないなぁ。
 きっと兄のこと、ソンケーとか言って、他人だと思ってる。
 せったん、Mっ子。
 そんな俺を責めろみたいなこと言って、断罪されたいの?
 ライルはやっぱり、ロックオンじゃない。
 吹っ切れ方が違う。
 でも、ここで少し書き分けが出来るかな。
 ニールは過去、ライルは未来。
 ふたりとも、しがみついてるの?
 あの映像の少年はライルでしょうか。
 ニールは瓦礫から掘り出されたようなので、ライルは屋外、ニールは屋内という解釈でよろしいのかしら。

 ブシドー。
 出たブシドー。
 やっぱり出るのかブシドー。
「ここではミスターブシドーだったね」ってことは、ここ以外のどこかでは密会していたのか。
 ビリグラ健在で喜ばしいです。

 コーラが可愛い。
 ヒリングちゃんでしたっけ。可愛い。

 悩むティエ子。
 ティエ子に道を与えたのはロックオン・ストラトスで、道に迷わせたのもロックオン・ストラトス。
 せったんもティエ子の悩みに興味をお持ちの様子。
 って、ハロv
 あぁああ〜。
 
 トランザム凄いですね。
 プトレマイオスをトランザムさせることもできるのですね。
 女の戦い、火花が散ります。
 せったんの「狙い撃つ」と「駆逐する」のあわせ技にホロリときました。
 マリーちゃん、物憂げな顔。
 大佐は格好良い女です。
 学生時代からの付き合いだったのか。

 おやっさん、オーライザーなるものをゲット。
 リンダさん。新キャラですね。

 次回予告、詰め込みすぎではなかろうか。
 気になる…。
 ティエ子のサービスショットが気になる…。
 
 
 


 
 

8話感想 

2008年11月24日(月) 21時26分
こんばんは。8話みました。今は唯、ありがとう、ありがとうサン○イズ。


 今回はアーデ氏の一人舞台でしたね。リジェネ姉さん(性別は関係ありません)からイオリア計画の全貌を知らされるティエ子。ショックだったろうなあ。

 マリナ姫、子供の差し出した菓子に食いつくのかと思いました。マジで。

 ティエ子は、ちょっと前ならアロウズのやり方を卑劣だなんて思わなかったことでしょう。迷いもしなかったはず。だって計画遂行だけが目標だったんですもの。
 以前わたくしは、人間と機械の一番の違いは「迷うことができるか」だと聞いたことがあります。機械は迷うことができないんだそうです。
 悩むティエ子の前に現れたのは、ロックオン・ストラトスでしたね。ティエ子は、生前ロックオンの素手を見たことあったのかな。

 アレルヤ、ちょっとデリカシーなさすぎです。貴方、自分が幸せならそれでいいの?自分が得られれば、それで。

 ソーマちゃんのカスタムアヘッドを譲ってくれと大佐に頼み込むルイスちゃん。貴女にはちょっと早すぎると思う。大佐の判断は最もです。何をする気だ鬼畜。

 そしてそして。わたくしは今日の日をどんなに待っていたことか。
 コーラサワー。パトリック・コーラサワー。
 ようこそ史上最悪の軍隊アロウズへ。
 コーラサワー、ちょっと格好いい。馬鹿だけど、愛に生きる男は格好いいぜ。コーラサワー。
 大佐が唯一和めるのが君のようなお馬鹿な男なんだよ。大佐を護ってね。

 安穏とカネがありゃ、わたくしも世界で誰が死のうが関係ないと思うクチです。
 世界の裏側になんて、興味ないもの。

 さて、王留美からの通信で、初めて自分から私情で何かを見たいと言ったティエ子に、せったんも驚いたことでしょう。
 ちゃんとバックアップしてね。
 早速マリーと和解してしまったフェルトちゃん。いいんだよ、人間は怒ったり嫌がったりする生き物なんだから。

 ところ変わってパーティ会場。お嬢様、素敵です。前期より劣るけれど。
 テ、ティエ子さま??長い髪に赤い可憐なイブニングドレス。
 どこからどう見ても花のようなレディだわ。
 カタギリ一家もいらして、きな臭い会場ですわね。

 ルイスちゃん、やはりリボンズ少年と通じていたのですね。アロウズの出資者?父上の代から出資していたのかしら。
 もしルイスちゃんが頭首として振舞えるのなら、軍人にならずとも、王留美のような形でガンダムに復讐できたのではないかしら。
 わざわざ辛い思いをしなくったって。
 しかしそのドレスは一体。
 ビジュアル系バンド主催のパーティなら、そのような盛装でばっちりなのですけれど…。
 小熊、おっぱいを見るな。
 父君と違ってお前は。

 ティエ子さま、親父共としゃべるその声は裏声ですか。
 しかしこのダンスシーンの美しさにはびっくらこきました。
 上からのアングル、スピード感溢れるカメラワーク、絶品でした。
 華麗なダンスと密談。
 耳元にささやかれて、足をもつれさせたティエ子さまを、リボンズ少年が片手でフォロー。
 美しい。
 場所を変えようって、なんてベタな誘い文句なのかしら。

 暖炉に照らされて綺麗。
 ドレスから伸びる四肢がもう、完璧なる女性ですわ。
 おムネもふっくら。
 ガーターベルトに銃?
 窓ガラスをぶち破って逃走?
 峰不二子だわ。
 素敵。

 ロックオン・ストラトスがティエ子の地雷なのです。
 彼を否定されることが、どうしても我慢ならないのでしょう。
 ロク刹派も認めざるを得ない、ティエ子の一途な愛に、ちょっと胸を打たれました。
 愛することで、生きて、信じて、戦える。

 ルイスちゃん、せったん発見。
 まさかこのふたりが再会するとは。
 義手(?)に、指輪してるんだな。
 まだ好きなんだな。
 それを見つけて、さじくんの気持ちを伝えようとしたせったんも、ロックオンのお陰で愛を知ったのだと信じたいです。
 だって、以前はこんなに愛を信じていなかったでしょう? 
 苦しんでいるルイスちゃんの背中をさすってあげるなんて、女の子にはやさしくできるなんて、わたくしは嬉しいです。
 あのフリスクは何なのでしょう?
 か、カタギリ。 
 せったん発見。
 せったんも女装して、特にイスラム服ならばれなかったのに。

 お嬢様黒いわ…。
 最後はサーシェスうぅ。

 総括。サンラ○ズさま、ティエ子さま、ありがとう…。

拍手おへんじ 

2008年11月21日(金) 21時50分
 こんばんは。拍手をいただいので謹んでお返事を。
 めぐみさん、拍手ありがとうございました。
 もう、涙が出るほど嬉しいコメントでした…。
 ロク刹書きとして頑張ります。
 共にモエモエしてゆきましょう。
 これからもご贔屓に。

7話感想 

2008年11月17日(月) 21時56分
 こんばんは。アヤミネです。
 今回の感想は、特に書くことないなあ…凹
 だってガンダムにラブコメなんて求めちゃいないんだぜ。
 一夜明けて、でもまだ釈然としませんのよ。
 昨日の話が好きなレディには申し訳ない。

 なんと言ってもソーマちゃん。
 彼女の人格はマリーに乗っ取られてしまったんだなぁ。
 ちょっとネガティブな言い方だけど、わたくしはソーマちゃんが好きだったもので。
 ソーマちゃん、やっとおじさまと幸せに暮らせると思ったのに。
 手が届きそうな幸せは、マリーの幸せに摩り替わって、彼女は居なくなっちゃったんだな。
 哀しいです。

 おじさまの引き際は、本当にカッコ良かった。
 娘の幸せだけを願って、別れることを選んだ。
 去り行くおじさまを見て、ソーマちゃんは本当は離れたくなかったに違いない。
 マリーだから見送れたんだと思う。
 おじさまが呟いた「ピーリス」
 もう彼女がこの世には居ないことを知って、どんな気持ちだったろうな。
 もうピーリスを知るのはおじさましか居ないので、どうか生きて彼女を覚えていて欲しいと思います。

 それにしても、2人を発見したのが2代目で良かった。
 ティエ子さまだったら彼等に鉄槌をくだしていたかも(笑)
 流石に命懸けの捜索の挙句見たのが、チュッチュで穏やかで居られるほどデレてはいないでしょう。
 そんなティエ子さま、実はイノベーターとして作られた失敗作とかゆうベタな展開ではあるまいな。

 そういえば昔コーラとか言う方居ませんでした?

普通の日記 

2008年11月10日(月) 22時58分
 こんばんは。相方が申込忘れたそうで(ミラクル)11/30のダブルアタックは必然的に参加見送りです。
 全国大会出られただけで結果オーライ。
 欲をかかないように生きていきます。
 
 そんなこんなで冬コミなんて挑む程のサークルでもなく、イベント参加は年明けの赤ブーブーさんのイベントになりそうです。

 いつか貴女の街にも行けたら良いです。
 

6話感想 

2008年11月09日(日) 20時22分
 こんばんは。6話みました。
 のっけからクルジス炎上。
 今髭に襲われたら反撃できないわ。

 カタロンは壊滅状態。
 情報漏洩元を探すのは当然のことでしょう。
 さじくんが、ティエ子さまにつかまりました。

「それを運命と言うのなら」
 ノリエガが着ているのはAEUの軍服ですね。
 エミリオ、か。
 恋人を死なせてしまったときの、フラッシュバックに襲われるノリエガ。

 ティエ子さまの言葉、耳が痛いなぁ。
 わたくしは、00の登場人物で一番自分に近いのはさじくんだと思っているので、彼を責められません。
 背負う運命が過酷で、かわいそうでなりません。
 皇女がシーリンに抱きついた画が、とても綺麗だと思いました。
 
 出た。
 鬼畜さま。
 大佐、前回の伏線がここに繋がりましたか。

 アザディスタンは何故爆撃されたのでしょう?
 シーリン、皇女が「あたしは死んでも良かった」と言ったとき、ぶん殴るかと思ったんですよ。
 抱き締めてくれた。
 嬉しかったです。

 お嬢様?
 イノベーターを欺く?
 脳梁支波(あれ?字こんなんでしたっけ?)が必要?
 しかもお兄様ですって?
 もしかして、彼女はイノベーターすら超えようとしているのでは…。
 真の支配者を目指している?

 まさかマネキン大佐とノリエガが同じ過去を背負っていたなんて驚きです。
 一方はそこに留まり続け、他方はそこを去った。
 それが2人の違いなんですね。
 
 超兵は愛を知り、それが逆に愛を遠ざけることになってしまいそうで、哀しいです。
 戦場にまで持ち込んだ写真立ての思い出。
 ピーリスとしての思い出。
 失くす辛さを知るくらいなら、知らなかったほうが良いのかなぁ?
 愛なんて。

 おじさま、良く我慢なさいました。
 さじくんを逃がして下さっただけで充分です。

 本当に、後悔せずにいられるのかしら。 
 とうとうルイスちゃんが配属されてしまったか。

 ソーマちゃんとルイスちゃんのはじめての接近。
 同じ年頃の女の子。
 ふたりが心を許しあう仲になれればいいな。
 せめて分かち合うことで、慰めになれば。
 おい小熊。
 一目ぼれ?
 乙女は親子揃って口癖か。

 おいブシドー。
 ミスター自己中。

 出撃シーン格好良いなあ。
 ん?さじくん、余計なことしないでいただきたい…。
 ミスターブシドーについてはスルーで(笑)
 ルイスちゃん、仇を取るって、決めていたんだね。

 2代目の射撃格好良い。
 背面飛行が素敵。
 リヒテンダールは操舵が上手かったんですね。
 おやっさんのカバーがなければ砲撃ができないなんて。
 おやっさんも、当然ながら撃つ覚悟のひとなんだ。
 ルイスちゃん、特攻?
 止めてくれ。
 さじ、君が引き金を引かないのなら。

 ちょっとアレルヤ。
 マリーちゃんが大事なのはわかるけれど。
 
 ああ。次回予告が大変切ないです。
 マリーとピーリス、ふたつの幸せは有り得ないのでしょうね。

 それにしても2期は引いた視点で物語が進んでいくので、GMに肩入れせずに淡々と、客観的に見られる気がします。
 欲を言えば、2代目ロックオンのパーソナリティをもう少し描いて欲しいような。

5話感想 

2008年11月04日(火) 21時15分
 こんばんは。ようやく5話の感想上げます。
 リボンズ少年、相変わらすネゴシエーションが上手い。
 これで連邦は正義の味方ってことね。
 リバイブルさん。皆さん性別不明でらっしゃる。
 5話にして来た。ヒゲ。

 おやっさんの娘かわいい。
 お。
 2代目とティエ子さんのまともな会話が成立している。
 でも棘のあるティエ子さん。
 まだ秘匿義務なんて言い張るのね。
 色々漏らしすぎですが。

 シーリン×皇女。
 良い女だなあシーリン。
 沙慈くんもここで世話になるのがベストでしょう。

 せったんフラッシュバック。
 戦乱の世で真っ先に傷付くのは女子供だ。
 皇女は保母さんとして生きると良いと思います。
 カタロンからの申し出は想定の範囲内でしょうね。
 
 で、出たあぁ。
 仮面。
 ぶっ。
 ぶふふふ。
 免許があると言った。
 言われてもどうしようもない。

 セルゲイおじさまとそーまちゃん。
 わあ。養女にしたかったのか。
 幸せそうで何よりです。
 セルゲイ義父さま。

 沙慈くんがせったんに当たるのは当然だと思います。
 憎しみの連鎖は繰返すのです。

 皇女さん、我が侭ですよ?
 て、ティエ子さま。
「冗談だよ」
 可愛すぎいぃ。
 アレティエ激カワ。

 シーリン、何やかやで皇女を愛しているのだなあ。
 ほろりときます。

 沙慈くん?
 ちょっと何か起こってしまうのでなくて?
 いわゆるフラグが立っている状態ですね。

 あ。やっぱりつかまりましたか。
 おじさま、ご明察。
 沙慈くん、悪いようにはしないって言われた場合、大抵良いようにはしてもらえないよ?

 矢張りばれましたか。
 オートマトンキルモードなんて皆殺しだわ。
 ソーマちゃんは人殺しは嫌なのかな。

 お嬢様、美人さんになったけれど…。
 怖いです。

 沙慈くんは本当に不幸の星の下に生まれた子だ。
 ぎゃー。
 来る。
 オートマトンが来るよぅ。

 揺れるソーマちゃん。
「そんな」
 超兵が軍事作戦に挟む疑問。
 人間の心が、彼女に芽生えたのでしょうか。

 アレルヤはやさしい子。
 子供たちを助けて。
「自ら引き金を引こうともしないなんて。罪の意識すら持つ気がないのか」

 ミスターブシドー。
 何をしに。
 チョイチョイ何をしに?

 キレた2代目、ちょっと格好良い。
 すげー。
 撃て。

 アロウズ。
 あれが敵なんだよ。
 許しちゃいけないよ。

 沙慈くん。
 背負うには重すぎるね。
 でも背負わなければならないんだね。

 いいカンジのおふたりさん。
 って、クルジスが超爆撃されてる…。
 ガンダムなしでヒゲと戦えるの?

 予告最後の手は、誰と誰の手なのか気になります。

 そんなこんなで、来週に続きます。
 

普通の日記 

2008年10月30日(木) 22時32分
 こんばんは。なんとかかんとか全国大会で新刊を出せそうです。多分…。
 あとは運を天に任せましょう。
 
 近頃「はじめましてだな」なレディがHPを覗いてくださっているようで光栄です。
 お気に召しましたら幸いです。
 全国大会にお越しの際は、是非除きに来てくださいね。

 デ−44「夜明けスパイラル」

 お目にかかるのを楽しみに、管理人明日から当日まで家出いたします。
 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アヤミネ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31