日中韓の関係悪化の裏にアメリカあり?

October 06 [Sat], 2012, 18:55
反日デモが激化し、日中韓関係がこじれた場合、いったい、どこが得をするのだろうか。
そう考えてみて、気づいたことがある。
実は、日中韓の領土問題に関して、実は、アメリカが裏で糸を引いているのでは。
理由@日中間の関係がこじれて最も喜ぶのはアメリカ中国の巨大市場から、日本企業が撤退した場合、美味しい市場でのアメリカの位置づけは大きくなる。
さらに、日中韓の経済圏が成熟しアメリカの脅威になるようでは困るので、アメリカの手を汚さず、何度も経済制裁をしたかった日本を裏から経済制裁で切り崩せる。
しかも、中国自身は、日本への対抗処置をしなければならないので負担になる。
そうしたら、アメリカ対中国の力関係は、その負担分、アメリカ優位になるだろう。
アメリカにとって、2重に美味しい。
しかし、それだけでは、裏にいるのが、アメリカ以外の国の可能性もある。
EUやソ連などね。
そこで、理由A日本も中国も裏で煽動できるのはアメリカ沖縄の基地問題に尽力していただけたら、アメリカが尖閣諸島などの問題でバックにたつことを約束しようなどと言いくるめられたら、日本もちょっとは強気に出るだろう。
それこそ、強気な都知事も首相も、この機とばかりに、踊る準備が整ってしまう。
アメリカ以外の国で、日本に対してこういう交渉が出来る副業 在宅国は、多分ない。
アメリカは、同様のことを、中国と韓国で同時にやっているのでは。
そうすれば中国と韓国とさらに日本が、独自路線で同時に同じ方向に動いたことも納得がいく。
個人的体験では、ここ1年で、某オーディオブックのラインナップが日本の歴史観を正当化するようなものが増えていたことに気がついていた。
そして、この手のニュースがあると、昔は、やっぱり日本がいけないんだよ調の意見もかなりの割合だった。
尖閣諸島や竹島あたり、もう、返しても良いんじゃないなんて人も、街角インタビューで確か、数割はいた。
ところが、今回はマスコミが何故か、急に中国の反日デモをいつも以上にクローズアップさせ、いつも以上に中国悪しと叫んでいる。
視聴者も、これらは日本の領土だ、と急にみんな憤慨している。
これは、裏で糸を引いている人がいることにならないだろうか。
そういえば、都知事も尖閣諸島を強く言い始めたのは、その頃だったかも知れない。
要するに、日本は、アメリカにのせられ、まんまとアメリカの策に落ちようとしている可能性もある。
こう考えると、EU各国は、日本が中国市場から撤退して貰いたい同士。
EUは恐らく、初めは日本の優位性を認めながら、アメリカの思惑を理解した途端、日本バッシングに走るのではないか。
一方、当の中国は、確かに領土問題は大切だが、アメリカに優位に立たれる事も恐い。
ここで日本に手を尽くして、弱体化し、アメリカに弱みを見せるのは、得策では無い。
故に、強攻策と言いつつ、文句だけを言うにとどまっている。
これが今回の現状の正体では。
すると、日本としてやらなければならないことは、なにか。
領土問題は、もう日本に広く知れわたったから、これが後戻りすることは無いだろう。
しかし、ここで反中デモなど起こし、日中関係を日本側から壊すようにしてしまえば、まさに口実を与えるだけになってしまう。
毅然とした態度をとり、その上で頑張ろう日本を続け、やり過ごす。
そうすれば、アメリカも、この路線で日本締め出しは無理かぁと諦める。
そう思ってもらうまで、内閣も、しっかりドジョウでいるしかないのでは。
そう考えると、日本の首相が右よりと言われながらも、毅然とした態度といいながらも、それ以上の攻めをしないのは、実はアメリカの言い分に、美味しい所だけのって、まずい所は逃げようという態度なのかも知れない。
今の、嫌われることもやる割に、するっと逃げる内閣は、今の現状としては、適切なのかも知れない。
間違っても、経済制裁で対抗してはいけないのだ。
我々も、デモなどで対抗しようなどとせず、普通に紹興酒やマッコリを楽しめば良いのでは。
ちなみに日本vs中韓が失敗すれば、次に切り崩すのは韓国かな。
韓国vs北朝鮮をアメリカvs中国の代理戦争とかなったら恐いな。
日本は軍需景気に沸くだろうけど。
日本が経済報復を開始韓国から要請なければ通貨スワップ拡大延長せずmediaid56
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yo9br2pehf
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yo9br2pehf/index1_0.rdf