思ひ出 

2010年04月21日(水) 16時50分
本当に、本当に最後なんだね。

もう会えない。



何度も思って、そのたびに偶然や必然に助けられて、会っていたけど。





もう、君が私に触れることはないんだね。




遠い地で新しく生活を始める君。



生きて会うことはもうないかもしれないけど、元気で居てね。



もしも会えたなら…





全てを壊して、新しい関係となりたい。

最近 

2010年04月21日(水) 16時38分
最近天使のような良い子になりたくて、全くかっこいいと思わない人ともご飯食べに行ってたんやけど…


相手が友人になってくれるなら全然良いんやけどね。


迫られると生理的に受け付けない………



さすがに私も誰でも良いわけやないし、ボランティアじゃないしさ。笑




人は顔じゃないって言っても、人それぞれ許容範囲あるし好き嫌いもあるよねー



やから、生理的に無理なものは無理だ!









私は面食いやということがよーくわかりました。
いずれかはこの価値観も変化するかも知れないし、もちろん顔だけ良くてもあかんのは十分にわかってるけど、やっぱり会う度格好いいなとか素敵やなとか思える相手が良いな。









 

2010年04月05日(月) 1時09分
顔は爬虫類顔を前から潰した感じであまりカッコ良くないし、お肌はガサガサ(アトピーのため)だし、おでこ軽く後退気味だし、太めやけど…

人間の魅力って見た目だけじゃないって痛感。

だって、なんかときめいてるし。


また会いたい、一緒にいたいとか軽く思うし。


不思議。


会話力って大切。


なんか話しててすごく刺激的。得るものが沢山ある。


大人やなって思う。
素直に聞ける。



ダーリンは顔はダルビッシュみたいで最高にイケメン、優しくてスタイルも良いしおしゃれ。

性格も良い可愛い子。



やけど…



私はどうやら少し成長したのかな。



最近やけに子供に思える。
そこもまた、可愛いところなんやけどね。






好きなんよ。ダーリン。








敬祐さんとダーリン足して見た目ダーリン頭は敬祐さんやったら…………ん〜今のままで良いかも。



最近揺れに揺れてます。


しかし私はダーリンを選ぶ。

だって愛してるんだもん。


でもこのときめきは何でしょう。


敬祐さんとは早く友人に落ち着きたいです。





でも見た目だけじゃない魅力に気付いてしまった。




どうなるんやろー

別れ 

2008年03月28日(金) 10時46分
また一つ季節が巡り、私に別れを連れてきた。


さようなら。


大好きで仕方なかった。

こんなに嫌われたくなんてなかった。

愛していた。

離れたくないよ。

苦しい。

苦しい。

忘れたい、何もかも。

覚えていたい、何もかも。

この世で一番大好きな人に大嫌いと言われた。

もう届かなくても、ずっとずっと大好きだよ。

いつか君を忘れるトキが来ても、消えてなくなったりしない。

私のコト嫌いで良いよ。

忘れてくれて良いよ。

何も思わなくて良いよ。

でも君は笑顔でいてね。

さようなら。

今はまだ苦しくて悲しいけど、また笑うことが出来る日が来る。

さようなら。大嫌い。
さようなら。大好き。

ただいま 

2008年01月12日(土) 2時26分
mixiは友達もしているからやっぱりこっちが良ぃです。知らない人ばかりだもんね〜


何ていうか、まぢだるい。

何もかもが。

彼氏も友達もバィトも。

言いたいコト言えないし辛い。

嫌やゎホ

あれから… 

2007年09月03日(月) 0時43分
かなり放置していたブログ。
あれから悲しく苦しいコトばかりで、書けなかった。

ねぇ、今日は記念日だよ。

貴方はもう、私のコトなんて削除したかもしれないけど。

当たり前だよね。わかっていた。

最悪なのは私。信じられなかったのは私。

貴方の耳には、なんて聴こえたのかな。

離れた私の事実…

きっと、憎んでくれもしない。何も思ってもらえないだろう。

それが事実。

どんなに愛していたと言っても、もう貴方には響かない。

わかっていたはずなのにね…

こんな風にしか生きられない私を笑って。

一欠片も想うことなく、貴方は生きて。

私は貴方に何を残せたのかな…

なんでこんなコトになってしまったのだろう。こんなにもあっけなく終わる関係だったなんて…

今でもまだ、受け入れられずにいる。

さようなら。

もう二度と出会えない人。

もう二度と、会うことも会話することもない。

私が愛した貴方はいないから。

忘れたいよ…何もかも。

切なすぎて。




今、私の側に居てくれる人へ。

バカな私やけど、これからも一緒に笑っていてね。

陽射し 

2007年06月25日(月) 11時46分
太陽がジリジリと、地を焦がす。熱を放って。
夏は苦手。空も雲も植物も何もかもが色付き、生命が力強く濃く感じられる。
何だかその鮮やかさに、自分は背を向けているような、そんな気がする。

憂鬱。L'Arc〜en〜Cielの曲に、「夏の憂鬱」と言う曲がある。内容は晩夏を思わせる曲だ。時季は違うが、まさに今の私の気分は、「夏の憂鬱」。言うなれば、初夏だけれど。

好きな人。 

2007年06月22日(金) 5時11分
幸せ。とかよく解らないけれど、貴方の手を離したくない。

何というか、よく解らない。
でも、必要なんだと思う。
別れたくない。ずっと側に居たい。

(無題) 

2007年06月19日(火) 5時29分
覚えているのは、抱き締められた力の強さと、冷たい唇。



ずっと側に居た。息も出来ない程。
側に居るのが一番自然で、側に在るのが一番不自然な二人だった。
互いに共通するのは、愛しているということだけ。
ただそれだけだったんだ。
愛しているということのみで、繋がっていた。
閃光のような、あの出逢いは二度とない。
きっと。

輪廻が存在し、生まれ変わることがあるならば、貴方には出逢いたくない。貴方など知りたくない。

出逢えばきっと、また愛しすぎてしまう。

(無題) 

2007年06月17日(日) 13時05分
時計を見ると、朝の7時。人々が活動を始める時間だ。

廻る世界。飲み込まれそう。

窓を開けると、まだ少し冷たい風に季節を感じた。
私の嫌いな夏が来る。貴方のいない夏が・・・
記憶の断片にいた、かつての自分が、甦る音を聴いた。


一樹と出会ったのは4月の始め。
第一印象は記憶にない。けれど姿を見た瞬間から、何となく目で追っていた。
言葉を交わし、互いに恋をするまでに、多くの時間は必要ではなかった。

私は今まで、直感以外で人と付き合ったことがない。付き合う相手に出会うと姿を見ただけで、「この人と付き合う!!」と直感する。つまりは勘だ。
この本能的な能力を駆使して、今まで恋をしてきた。一樹もその一人だ。

まぁ直感というより、思い込みに近いものなのだが、今まで一度も外れたことがないから、これが私が恋をする基準なのだろう。
いくら素敵に思えても、直感がなければ関係が発展したことがないしね。


初めて二人で会った日は、一樹の横顔しか思い出せない。

月の光で青白く染められた、美しい横顔。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゅゅ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1987年12月3日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・恋愛-恋愛至上主義イ
    ・音楽-L'Arc〜en〜Ciel、HYDEイ
    ・映画-オーランド・ブルームイ
読者になる
2010年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる