沖縄でのマンゴーの歴史 

May 19 [Mon], 2008, 12:31
マンゴーはインド原産のウルシ科の果樹。インドにおいては4,000年以上の栽培の歴史あり、現在も世界のマンゴー産地のひとつとなっています。マンゴーの種類は多く、500種類以上といわれています。沖縄へは1920年代に台湾から導入されたといわれています。
沖縄でみられるマンゴーの木は150〜200pの低木ですが、元々のマンゴーは10〜30mにもなる高木です。沖縄でのマンゴーの栽培は実を付ける前の開花期に、雨が多いことから病原菌が発生し露地栽培には不向きでした。
 20年程前に、接木や誘引等でマンゴーの木を低く抑えることに成功したそうで、それ以来ハウス栽培が可能となり、生産農家も増加しました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yo-rayden
読者になる
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる