断薬から約2ヶ月

October 08 [Thu], 2015, 9:12
途中、勝手にかなりの量のパロキセチンを飲んだり、もしかしたら持ってた薬をコッソリってこともあったかもしれないけど、どこかに薬をもらいに行ってない限り、断薬から2ヶ月近く経ったと思う。
以前に比べると、会話の返答が明らかに違う。
夫はずっと家にいなかったし、ここ数ヶ月、家にいるのは月に1日程度。どこに行っているのかもわからないし、聞けば俺の勝手だろうとこっちの気分が悪くなる返事しかしないので聞かなくなったし。
で、結局たどりついたのが1人ランチ。
いつまでも子供と旅行に行ける訳でもないから、そろそろ1人旅しようかと思ってた。
って話してみた。いままでなら、あ、そう。じゃ1人で行けば?という返事だっただろう。それか、どうぞ。って一言か・・・
今回は、それは悪かったな。って。ずっとそんな返事を私にしたことがなかったので、涙が出そうだった。
でも、いつでもどんでん返しがきてもいいように、それをすべて受け入れられない、まだ油断できないので心の準備をしておこう。と思う自分がいる。
家出から帰ったからと言って、このまま家にいようと思っているかもわからないし、今までこんなことされたとか言われたとか。たまにフラッシュバックのように思い出しては涙が出る。
今は私が何も言わないから落ち着いてるだけであって、また何かあったらキレて家出するのかな。
どこかで完全に断薬できたら元にもどるかも・・・ってちょっと期待したりして。複雑です。

サプリ

September 29 [Tue], 2015, 15:36
断薬から1ヶ月半ぐらいだろうか。
ビリビリが少し落ち着いた時もあったみたいだけど、家出した頃からビリビリと気分の落ち込みがひどくなったそうで。
気分の落ち込みとビリビリって関係あるんだろうか・・・
ネットで色々見てて、オメガ3系が良いって書いてあって試し始めました。今日で3日目。
これで様子を見て、針灸なども試したいなと思ってます。
セカンドオピニオンで行った病院に一応転院ということになったんだけど、先生は離脱症状はそんなに長く続くことはないと言われてました。先生もわかってなのか、知ってるけど言わないのか。
結局、鬱じゃありません、躁鬱です。って診断されたけど、それも実際はどうなんだろう。この離脱症状から無事抜け出して、それからまた通院するかどうするか考えようって感じです。
減薬も実際には9ヶ月ぐらいかけてしてる。
医師の一辺倒のやり方では上手くいかないかもしれない。

ブログについて

September 26 [Sat], 2015, 9:17
ずっとヤプログ限定の記事に設定していました。
それは、自分で忘れないように記しておきたかっただけのブログだったので。
でも、今回セカンドオピニオンしようと思って何か所か電話したものの、大人の場合、本人が電話しないと初診は受け付けられないと言われ、ほんとに見離された気持ちになりました。
セカンドオピニオンで診断はしてもらったものの、光トポグラフィをしてみたいと訴えたが、あてにならないと却下され。
セカンドオピニオンでずっと疑っていたSSRI剤による攻撃性と言われ、一瞬先が見えた気持ちにもなったけど、結局本人にとって止める必要性もわからないし、更に離脱症状は苦しいしやる気も失われ、一生飲み続けたいと訴える。
これをどうやって本人に止めてもらうようにするか。
なかなか終わらない攻撃性。私の人生、一生こうなのか・・・どこで終わりにしようか、ほんとにモラハラがひどい時、殺してしまうかもという衝動にかられ、こっちの精神状態までおかしくなって。
夫の癒しの為にと思って飼い始めた犬。ほんとになくてはならない存在だけど、この子を連れてアパートを借りて働いて、思い切ってやってみようか、でも、どうして私がそんな苦労しなくちゃいけないの?そんな葛藤。
家族の辛い思いとか、孤独とか、そんなことを思って、もしかしたら共感できるだけでも違うかも。見てくれる人がいるかどうかわからないけど、公開してみることにしました。

セカンドオピニオンから4ヶ月

September 26 [Sat], 2015, 8:25
セカンドオピニオンで抗うつ剤で攻撃性があると断言されたものの、飲んでいるとやる気もあるしテンションも上がる。自分では攻撃性の自覚もないので止めたくないというのが本心で、なかなか断薬が進まなかった。
お酒も多い。こっそり吸っていたタバコもやめていない様子。
何かを注意すれば相変わらずキレるという生活。
8月はじめからやっと断薬。
が、途中夫婦間がギクシャクすると抗うつ剤を5mg→30mg一気に飲んだり。
こっちが何か言おうとしても完全無視。挙句、シッシッ。
断薬して1ヶ月、夫婦間でもめて、自由にやりたい放題したいんだったら1人がいいんじゃない?と私が言うと、出て行くよ!お前が出て行けって言った。絶対後悔させてやる!と言い放って1晩家出。
帰って来て「出て行ったらお金がかかるし毎日の晩飯に困るからな。」と。
ひとまず落ち着いたが、みんな何の為に生きてるのか、何が楽しくて毎日暮らしてるのかと話す。
少し落ち着いていたビリビリもひどい。
なかなか仕事をセーブして断薬に集中するという考えにはならないらしい。
薬を飲むとやる気が出るのに。とまだ言っている。
妻が断薬しろというから断薬してるけど、自分では困ることもないしやる気も出るんだから止める必要ないんじゃないの?って本人は思うのかもしれない。
実際は、攻撃的なモラハラ夫になっているのに。
断薬1ヶ月でもなかなか先が見えない。

セカンドオピニオン受診

May 12 [Tue], 2015, 18:10
人から教えてもらった病院。初診は1日1人らしく、予約が取れるのは1〜2ヶ月後だと聞いていたが、3週間後に予約が取れた。
11時に予約。1時間、心理士さんが今までの経過を聞く。私は待たされ、最後の5分だけ入れてもらった。付け加えることはありますか?どんな話しをしたのかわからないので聞くと、今までの経過を話、カッとなりやすい、本当にうつなのか。という話をされました。と。
カッとなって暴言を吐くが、それを忘れる。怖いくらい寝込む。と話す。鬱なのか、他の病気なのか、クスリのせいなのか、性格なのか。それを知りたい。と。
それから性格テスト。150問。
その後、13時過ぎから先生の診察。
開口1番。攻撃的なのは、パロキセチンのせいです。と断言。5mgでも10mgでも攻撃的になる人がいます。抑制がきかなくなる。カッとなったら抑えがきかなくて、いくところまでいってしまう。
それから、鬱ではなく躁鬱です。と。パロキセチンは躁鬱の薬ではないのでやめましょう。
躁鬱の治療についての説明。
なんだかスッキリした。ずっと薬のせいなんじゃないかとモヤモヤしていたけど、本人は自分は普通だと言うし、主治医はうつのせいで攻撃的になっていると言っていたので、やっぱり。という気持ちが大きかった。
帰って夕方家族が揃ったので今日のことを話す。長女は態度や言葉遣いについて注意。聞き入れた様子。
パロキセチンは4月20日から7mgにし、5月からは5mgに少し7mgをミックス。時々7mgを飲むようにしている。本人には内緒で5月10日から20日は5mg8錠、7mg2錠。5月20日からは、いよいよ5mgのみにする予定。友達にも、減薬を頑張るというラインを送ったらしい。
それから2ヶ月半、5mgが続く。5mgでも攻撃性があると言われた通り、攻撃性は続く・・・
おれの金、ケチケチしてまでお金ためなくてもいいんじゃないか?また金の話か。結局お前は金なんだな。
何か指摘しても鼻で笑う。で?だから?
なかなか断薬にたどりつかない。

セカンドオピニオン

April 30 [Thu], 2015, 16:44
相変わらず好きなように残業、飲酒。そしてきっと隠れて喫煙。
こちらが何か言うと、自分が悪いんだろう。出て行けっていうんなら、すぐ出て行ってやる。と暴言。
挙句、あのさ。と話しかけると面倒臭い話ならするなよ。と。
ペットのしつけについて話をしててもわざとスマホをいじり無視。それ以上話すと、シッシッ。と手で追い払う。
病院にセカンドオピニオンをしたいとお願いし紹介状を書いてもらう。
随分前から誕生日から減薬するといっていたのでじっと我慢。
誕生日の前日。
2人で居酒屋で喋る。会社に電話して、早く帰って欲しいというと、意外とあっさりOKする。
違う病院に行って欲しいと話すとこれもあっさり承諾してくれた。
が、あとで病院の話をした時には、別に行かなくてもいいのに、お前が行けって言うから。と不機嫌。
誕生日からの減薬も本心かどうかわからないがすると言う。
準備しておいた「7mg」を4月20日からスタート。
10mgは11月頃からスタートしているので、かなりゆっくりのペースでの減薬。
4月30日現在。時々シャンビリあるが我慢できる程度だそう。

一瞬で2年か・・・

March 25 [Wed], 2015, 18:06
最後の更新から2年3ヶ月。
時には楽しいこともあったけど、なんだか負のスパイラルを続け、精神的に追い込まれ、このブログを見る勇気も書く勇気もなくなった。
うつから知らないうちにモラハラ夫へ豹変した。いや、気が付かなかっただけか。

まずは2012年11月。FBで女の子とやり取りしているのを責めると「せっかくできた友達だからやめたくない。嫌なら出て行ったら?」娘とそれはおかしいよ!と言ったが、結局家出をした。
その時は、まだ帰ってきた時、無視されてもいいから家にいたい。と言った。
家出をする時、1人になります。というメール。私と私の友達数人と共に、一斉送信。今考えると、その時から私の事を見下していたんだ。

通院をしながらも、仕事のことが気になって仕方ない様子だった。
病院へ行ってはなだめられ諭され無理しないように・・・一瞬で終わる。また残業。酒。
妻に小言を言われる。無理し過ぎじゃないか、お酒を飲み過ぎじゃないか。
その度にキレ、あ〜、1人になろう。文句を言われずに仕事もできるし酒も飲めるし。
それを2年間の間、何回繰り返したか。
ある時は診察室で「文句ばかり言われるのでもう離婚しようと思って、今用紙をもらってきました」と。
ある時は「家がつまらんから女の子と友達になった、たばこを吸い始めた。」と。
何かを言えば、ワシが悪いって言いたいんだろう、家を出ればええんじゃろう。と。

癒しの為に犬も飼ってみた。落ち着いていた時期もあった。
が、私に小言を言われるのが耐えられないらしい。どうして自分が文句を言われるのか。
お前とは合わない!まあ、はじめから合わなかったけど。と。
ほんとに悲しくて悔しくて情けなくて。
それでもこうして欲しい、こういう風に言って欲しい。と話をした。あ〜、面倒臭い。もう話さんでくれ!
全く聞く耳を持たず、言えば開き直る、逆切れ。

自分のことは「普通」という。会社の人からも慕われ、誰も自分の事を変だと言わないと。

話しが通じないので黙っていても、その黙ってる裏に妻が我慢してるとか、そういうことは一切考えない。むしろ、上手くいっていると思っている。
そして耐え切れずに何か言うと、面倒臭い、出て行くよ。で話が終わる。
何をしても「お前が嫌そうだった」とか「そういう雰囲気じゃなかった」とか、すべてわたしのせい。
聞く耳持たず、開き直り、逆切れ。

そして、段々と私が不眠に陥った。感情のコントロールができなくなった。
泣けてくる。
どうしてこうなったのか・・・

そして娘2人が一緒に出るよ。と言ってくれた。
全く吹っ切れた訳でも夫の事が心配じゃなくなった訳でもない。
でも、このままだと死ぬまでこれの繰り返しだし、自分がダメになる。
3ヶ月後を目標に、私と娘2人の退職、転職、3人+犬2匹の住める賃貸物件。
諸々の手続き。
そして、直前になるとは思うが夫への別居宣言。
これからはその記録を残そうと思う。

受診日

December 20 [Thu], 2012, 11:04
今日は最後の患者だったらしく、診察時間は約1時間。
今年いっぱいは定時で帰宅することを伝える。
来年からはあまり何時までという制約を決めず
自分でコントロールできるように気を付けるように言われる。
たくさん患者さんを診ているけど、会社の対応は「上の上」と。
最悪な会社もたくさんある。クビにされる人もいる。
とても良い会社だし、羨ましいですよ。と先生。
できれば週の真ん中あたり半日で帰るとか有休をとるとかできたら
した方が良い。
今回の診察では私の心配をされていた。寝られてますか?と。
夫が失踪した時もほんとに落ち込んでいて、先生は相当心配されたらしい。
旦那さんの安定剤を休みの前の日とかに飲まれると疲れが取れて
楽になると思いますよ。と言われた。

受診日

December 06 [Thu], 2012, 11:13
何度も今回は一緒に病院に行こうという夫。
もう仕事復帰もしたし、良いんじゃない?って聞いても
先生も何度も奥さんは?と聞いてして、随分心配しているみたいだから
絶対顔を見せたら安心されると思う。と。
今回が最後でもいいから一緒に行こうというので一緒に行くことになった。
診察室に入ると先生は満面の笑顔で奥さん、心配してましたよ〜。と言われる。
1人で病院にこられた様子を見たら、あのまま離婚されるんじゃないかと心配だった。
そういう方もいらっしゃるので。と。
夫には「次はありませんよ」と釘をさされる。
私には一時的なものなので、見捨てないであげて下さいね。と。
ほんとに先生は夫婦で診察に行って喜んでいた。
男性論。熱く語られた。

引きずる

November 16 [Fri], 2012, 21:23
半日だけ毎日仕事へ行っている。職場復帰して今日で5日。さすがに気疲れはあるみたいで帰って昼寝をすることもある。でも、精神的にストレスがたまった感じはないようだ。
今日は天気が良かったので昼からドライブに誘われ出かけた。
家出中のことやお互いの思っていることを話してて、少し疲れた感じがあった。
帰って、亡くなった友達へのこだわりについて話しをした。自分にないものがあって、男女問わず付き合えて羨ましくて、それが突然亡くなって、自分の中でカリスマに祀り上げてしまったのではないか。そう考えているうちは病気も治らないのではないか。と話しをした。夢に出てくるというので、それはこだわっているからじゃないのか。と言った。少し落ち込んだ感じで薬を飲もう。と安定剤を飲んだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yo-pooh
読者になる
2015年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる