トイレトレーニングはしないけど

2011年07月31日(日) 20時18分

久々にシュンネタ。


ミハの時は1歳から、しっかりトイレトレーニングをして
2歳半ばまでにオシッコは完璧になって
後半にはうんちもバッチリになったわ。



でもシュンは


正直


面倒www


喋らんし


面倒だし←9割これやん


そのうちするだろって考えてたの。
実際、親が必死になってしまうトイトレは良くないらしいし
小学校行くまでに取れたらいんでねーの?て気持ちでいたわw



でも夏は基本スッパな我が家。←の子供(親もスッパて誰が思うよ)



オシッコを垂れ流し
立ちうんちをかましていたけど
ここ3日ぐらいはスッパなら確実にうんちがトイレになったわ


お尻をモゾモゾ触りゃトイレに誘い成功したり、
自らトイレに行くアピールをするから
面倒でもそれだけは根気よく付き合ってたのよ。


そしたらちゃんと出るまで座るし
時にはオシッコも行くようになったわ〜。


やっぱり二人目て上を見てるから出来るんかな?


ミハの時も放置したら実は同じ感覚だったのかな?





最近はほんのちょっぴり言葉が増えて

外に行きたい時は



「ぱんちゅ」



て言うの(笑)←ほら基本スッパだで


「ちゅ」の時、口がとんがるのがまたカワイイ♪




まだまだ7割が「あっあっうん」だけど
自分の事も「ちゅん」て言うし
少しずつ言葉が増えちゃうのね〜。←嫌か




気に入らないと投げる物を探しながら投げ、
スーパーではうつ伏せで泣いて
ホントに賑やかで手に負えんけど



元気に育てー!←まずこれやんな

知らない人の車に乗ったミハ(^^;

2011年07月31日(日) 10時11分

昨日はミハが3歳前からよく遊ぶ男の子がうちに来てくれたの。


子供二人が家にいるとシュンの昼寝の時間が遅くなるし
ミハは「家族ごっこ」がしたい、私の時代はお母さんごっこだったな
男の子はそんなん全くしたくもない。


だから外に追い出してみた。


静かになったからシュンは昼寝♪


親同士雑談で盛り上がれるってもんだ。



随分長い時間外で遊んでた二人が帰ってくるなり

「迷子になってん」と。


どうやらアチコチうろうろしてたら帰り道が判らなくなったと。


何してんねん。どこ歩いてたんじゃいっ。


そしたらさぁ

「車に乗ってるお姉さんが車で送ってくれたよ!」

やたら嬉しそうで

うっかり

良かったねー♪とか言いたくなったwww


いやいやちゃうやん


知らん人の車に自ら進んで乗りやがったー←我にかえる



「優しかったよねぇ」なんて顔を見合わす二人。←なんも考えてへん



叱らないようにしたけど当然厳重注意



知らない人の車に乗らない事、
迷子になるような事をしないように。



へぇ〜 みたいな顔してやがった。←大丈夫かー!



なかなか度胸のある二人。
角度を変えてみると純粋な二人。


今回はホントに親切な人で良かったけど
突拍子もない事してんじゃねーよっっ!



心臓縮こまったわっっ。


しばらく見送る時は

・気を付けてねー

・いってらっしゃーい


のあとに

・知らない人の車に乗るなよー


て、言わないかんな。



あー、子供てなんかすごいwww


2009年11月6日のカルテ

2011年07月31日(日) 9時38分

【2009年11月6日朝】

〈主治医〉
解熱。
本日朝にIVH刺入部の疼痛を訴えた。
11月1日から排便なし。ラキソベロン開始。

IVH挿入後の問題はなさそう。
本日末梢抜去。IVHから。←まだ手の甲にした点滴を取れてない



S いやや。薬飲みたくない。飲まなくてもいい。


母S 薬飲むって言ってたやん←関西弁に変換されてるwww


O 右鎖骨下ポート部の疼痛訴えあり。訪室すると啼泣している。
ガーゼ表層部に汚染なし。
痛み止に内服と座薬があり、投与方法を児に説明するも両方とも拒否。
痛み止を使うかどうかは児本人で決定できること、
我慢出来なくなってからで良いことを伝え児落ち着く。

塗り絵をすると言い座位になる。
その後機嫌良くなるも、血圧測定など拒否。

本日点滴抜針することを医師から説明すると
携帯テレビを見ながらうなずきあり。←"づ"だよねw(訂正したれ)




〈主治医〉
発熱なし。
SPO2 98%
術後として問題なし。
(woozingなければ)右鎖骨下の圧迫解除を。

"woozing"は、じくじく滲み出るって意味っぽ



O 入院時熱発あり、抗生剤・点滴・クリーンウォール治療中。
その後発熱なく経過。
含嗽・手洗いの感染予防施行中。
母のマスク装着・手洗いの感染予防できている。

CRP4.8。11/5 IVH挿入。

感染リスク高く観察・予防し、母への感染対策指導必要。←どんだけ〜。信頼ないw
治療に対するストレス緩和も必要。




S いやや。触らんといて。怖い。痛いのいや。


母S 入院に対して恐怖心が強くて、少しずつ慣れてくれると思うんだけど…。
少しずつ治療の事説明しないと…。


O 右口角発赤あり軟膏塗布。
口腔内皮膚問題なし。

CRP 3.3。

IVH刺入部ガーゼ除去。皮膚トラブルなし。

Hb 6.5にてMAP2単位施行、施行中状態変化なし。

処置に対して上記弁あり。
説明するか強く拒否される。
処置中啼泣あり、不機嫌であるが、処置後は一緒に本を読んだり
塗り絵をして過ごす。笑顔見られる。



〈主治医〉
本日夜よりバクタ内服開始。
今後月・水・金で内服です。



【昼】

■この日は、主治医・研修医、看護師10人でカンファレンス。

主治医はみんなに

癌だから悲壮であるという観念はなくして
普通の生活に戻るための看護が必要である。

精神的援助について、患児に応じた対応が必要となる。
医師、看護師共に患者・家族の情報を得て
接し方を統一して行っていく。

来週発育小児科医師の診察を受ける予定。
その後話し合って統一した対応を行っていく予定である。

内服拒否で飲めない時の対応としては
バクタ等大切な薬になるので内服が好ましいが
どうしても飲めなければ吸入や点滴などの代用は考慮できる。

嘔吐→嘔吐させない。
制吐剤や睡眠導入剤なと積極的に使用し
普通の生活ができるくらいの安楽目指して援助していく。

とかとか話し合ってくれたらしい。



【夜】

主治医から父母へ病状説明。

この一週間の治療結果によって次の治療計画が決定されます。
長期戦になりますので、まずこの一週間に関しての説明にとどめます。

ALL L2は小児に多い病気で7、8割が治る病気です。
ミハちゃんがどちらに入るか今は分かりません。
染色体検査の結果によっては厳しい治療を選択しなければならない事もあります。

長期戦となり精神的サポートが必要。
心理士などにも相談しながら治療にあたっていきます。

上記伝え了解を得た。



【夜】

S いやや


母S いやや、いややって言ってたらあかんやろ。
しないとあかんことはするってお母さん言ったよね?
体に大切な事なの。言うことを聞きなさい。
おばあちゃんになるまでずっと病院にいとくの?
病気を治したいんでしょ?


O 血圧測定や内服時に拒否。
絵本やおもちゃの話題を自ら持ち出し処置の話を避け続ける。

母・父に協力を得て処置の必要性を説明。
最終的に母親より上記話されて本人泣きながら拒否するも処置を受け入れる。
拒否時上記連呼するが暴れる事はない。

絵本を読んだり食事の話をしている時は笑顔・活気あり。



母S バクタは私が
「早く弟に会いたいなら飲もうね」
と言ったらすんなり飲みました。


O 食後に訪室すると病室内に用意していた
バクタの薬包がなくなっている。母に問うと上記。



【深夜】

母S 今日はこっち(手動の水銀血圧計)の方の時も嫌がったみたいで
こっち(スタンド式モニター搭載の自動血圧計)で計ってもらいました。



新規問題:紫斑

O 血圧測定は自動血圧計で右下腿にて実施している。
下腿に淡い紫斑様の皮膚色の変化あり。

自動血圧計で血圧測定中、鼻出血・IVH刺入部からの出血なし。

血小板6.3万/μl。

今後出血傾向の悪化の可能性もあり。
血圧測定時はマンシェットの必要以上の加圧を避けるべきである。




【一般経過表】

酸素飽和度 98%:99%:98%
呼吸状態 規則的:規則的
肺音R/L 粗雑:粗雑:粗雑
体重 18.5kg
ラキソベロン4滴内服

酸素療法 OFF:吹き流し7L
抹消冷感 −:−:+/四肢
活気 入眠:+:+:+:+
機嫌 入眠:不機嫌→良

浮腫 +/眼瞼:+/眼瞼
顔色 不良:不良:不良

意識レベル 入眠:入眠:晴明



【私からの捕捉】

手の甲にしていた点滴の抜針はかなり嫌がってたんだけど
どれだけ時間が掛かったのかとか全く記憶に残ってないわ〜。
カルテにもないからスムーズだった?←奇跡やわ


それにしても色々気を遣ってもらえてるのが判るわ。


つか、バクタも吸入か点滴でいけたのか?
維持療法では結局飲まないといかんけど
免除されたのはガスターだけだったなぁ。
バクタもアプリノールも免除してほちかった。




どうでもいいけど「カルテ用語」で検索すると知りたい事に辿り着く事も♪

読めなくないけど"痂皮"が「かひ」って判ったり
"清拭"が読めるようになった♪←普通に変換されるけどな


せっかく書き出してるから、ちょっぴり知識増やそっと(^ω^)

2009年11月5日のカルテ

2011年07月30日(土) 8時16分

【2009年11月5日 朝】

新規問題:不安←重いわっ

母S もともと事前に説明がない事をしようとするとパニックになります。
昨日この子にも白血病と言う血の病気だと言う事、
薬を飲まないと話が出来なくなるぐらい
しんどくなる事を説明しました。

抗がん剤の副作用の脱毛も治療が始まったら説明します。


O 患児が看護師の姿をみて啼泣することなどから、
今後どのように関わっていけば良いか母と話をした。

治療が長期になることや、患児と母の同意がなければ
治療がスムーズに進まないことを考慮して
出来る限り母を通して説明を事前に行う事を伝えた。

治療や副作用はイメージがつきやすいように協力することを伝えた。
患児の治療過程には母の協力が不可欠であるが
母にも休息が十分とれるよう配慮することを伝えた。

患児本人や家族が十分に受け入れや理解が出来ないまま
治療が進んでいくことを極力避けられるように計画的にケアを進めていく。

医療者や環境に慣れるように訪室できる範囲で遊びなどを提供していく。


看護師さんの優しさいっぱーい♪
実際本当に良くしてもらえたけど、
カルテを見て改めて嬉しくなっちゃうね〜♪



吸入にて咳嗽は軽減。
発熱も解熱傾向となる。



【午後】

母に付き添われベッドで出棟する。(カテーテル挿入手術)


S 嫌や。嫌や。ここにいとく。
立つと足しびれる。久しぶりに立ったからや。


O 手術室へ出棟時、上記発言あり。
体動激しくなったため、母にベッドへ移動していただく。
優しく書いてあるけど超大暴れ!

清拭時立位になりしびれ感訴えあり。ふらつきなし。
身体損傷なし。転倒転落なし。



S 痛いからいやや。


母S (血圧測定について)みはは、血の病気だから大切な事なんだよ。
嫌だけど、しなくちゃいけないんだよ。


O 発熱なし。咳嗽時々。肺音清明。
血圧測定時強く拒否する。
ぬりえをしながら血圧測定実施すると測定できた。


【夕方】

S 嫌だ。お医者さんあっち行って。怖い。


O 手術室に出棟前プリパレーション実施。←下準備かな
熱心に絵本をみて笑顔見られる。
出棟直前、強く拒否あり。
母にベッドに上がってもらって出棟した。
上記発言で興奮状態で状態観察できず。

主治医よりSPO2モニターのみの装着。
SPO2低下なかったが入眠し始め88〜94%に低下あり。
酸素吹き流し7L開始した。

圧迫ガーゼの隙間から出血あり。
主治医に報告する。
顔色不良なし。四肢末梢冷感なし。浮腫変わらず。

含嗽は実施できている。
母も手洗い・マスク実施出来ている。

IVH挿入となり、感染の徴候に注意必要。



〈主治医〉
明日からメイン、採血をCVから。
外泊時などはヘパフラッシュで1Wもつ。
入院時は採血・点滴など頻回に使用するため
定期でヘパフラッシュする必要なし。




ポート部テガダーム下より出血あり。
パジャマ・シーツ汚染している。
Sドクターにてガーゼ交換。

テープ剥がす時に「痛い、痛い」啼泣し暴れるため四肢押さえる。
大声で啼泣しているがじっと出来ていることもあり、
終了後がんばったことをほめると笑顔あり。


母「終わったらポカリ飲もう、熱いんやったら看護師さんに
アイスノン持ってきてもらおう」と本人に話している。


【夜】

S もういや。←なげやりか


O 体温37.1度。咳嗽なし。呼吸音粗雑。
入眠時SPO2 96%酸素使用していたが19時100%あり、中止する。

ポート部ガーゼ上層まで出血なし。

夕食可の指示あり、ハンバーグ摂取、嘔気嘔吐なし。
母にて食後含嗽行えている。

術後レントゲン指示あり。
説明時は同意得られるが撮影時いやがり暴れる。

「今日頑張ったところちゃんと出来たかどうかレントゲンでみたい」

と必要性説明し暴れたが撮影出来た。


母「もういい加減にしいや」と激しい口調となるが
終わったあとは頑張ったことをほめていた。
ここのセリフ、カルテから消して欲しいwww



【一般経過表】

酸素飽和度 99%:100%:100%
呼吸状態 規則的:啼泣:規則的
肺音R/L 清明
体重 19kg

13:00 手術実施
21:30 一般撮影(レントゲン)

酸素療法 1Lカヌラ:1Lカヌラ:1Lカヌラ
出血 −:−:−:−
末梢冷感 −:−:−:−
活気 +:+:+:+:+
機嫌 普通:不良:普通

浮腫 +/眼瞼・足背
顔色 不良:不良:不良

意識レベル I-2:I-2:I-2
呼名反応 +:+:+:+




【私ならの捕捉】

この時のミハは特に「大変な子」ってのがピッタリな感じだったけど
我慢しないで爆発するのは良かったと思ったわ。

絶対ストレスは最小限だもんね(笑)

この日は殴られたり蹴られたりしたけど
体力と喉の丈夫さを実感出来たわ(笑)←能天気か

実際「喉潰れそうだよね」って看護師さんに言ったぐらい
ギャーー!が1時間あったけど喉潰れずw
なんつーか、腹式呼吸で叫んだ?と思ったよ。

更にベッドが壊れたらすんませんてぐらい暴れてた(笑)

どっちも術後だったけど、寝たまま足で蹴りまくって
頭も上下に激しく動かしてるから


エクソシスト


かと思った。←相手が興奮しすぎたら冷静になるやんな


レントゲンはカテーテルがちゃんと入ってるか見る為だったけど
あまりにも暴れて嫌がるから技師さんに一度引き取ってもらって
夜遅くに私と看護師さんが肩を押さえつけて撮り直したのよぉ。


「お母さん妊娠してませんか!?」

「授乳はしてます!」←現実は出来てへん

「授乳なら大丈夫です!」

「早く撮ってー!」

と、
ぅわ〜!と会話して、ぅわ〜!と押さえて撮ったの。


汗だく。


未だに主治医はこの日の話をするけど
「技師さんに3回来てもらったよな」←増やしたー

2009年11月4日のカルテ

2011年07月29日(金) 6時35分

【2009年11月4日 朝】

鼻出血は啼泣時に綿球に滲む程度あったが増加する事なく
朝には見えてる部分の綿球は乾燥している。
垂れ込みや嘔吐なし。出血班増強なし。

MAP終了後はHR140台に下降し解熱剤使用せず38.7度に解熱する。

家族の話などは普通に話してくれるが血圧測定の話になると大泣きする。
血圧測定に30分程度時間要す。

座位時ふらつきなし。
MAPの滴下が遅く終了が1時間遅れだったが
生食は滴下良好で刺入部の腫脹なし。



心エコー
心電図検査
レントゲン


【マルクの様子】

10時半

ソセゴン7.5ml・ディプリバン側注開始し、入眠後骨髄穿刺施行。
骨髄穿刺中体動あり。時々疼痛訴える。
ディプリバン追加し実施。

鎮静開始時一時的にSPO2 80%まで低下。
鼻出血の為のボスミンタンポン抜去し酸素開始するとSPO2上昇する。

綿球つけたままー!あり得へん。ワロタ

覚醒まで酸素使用継続。
骨髄穿刺後ガーゼ保護部汚染なし。
明日までそのままガーゼ保護指示あり。


12時

鎮静後覚醒する。
覚醒後酸素マスク嫌がり外す行為ある。
ルームエアーでSPO2良値あり酸素中止する。
骨髄穿刺後ガーゼ部汚染なし。
飲水希望あり。水分摂取促すがむせなし。


【午後】

S(←患児)痛い。痛い。家に帰りたい。

O(←看護師) 11/3 PC10単位、MAP2単位輸血実施。
鼻出血あり、タンポンガーゼを重鎮し止血確認し
鼻腔からの吸引を禁止とし対応している。
Hbg値上昇。


S 家に帰りたい。いやや。怖い。

O 本日骨髄穿刺施行時鎮静薬使用し午前中入眠。
覚醒後も入眠している事が多いが、
時々大きな声で叫んだり泣く行為ある。
母付き添い中、母話し掛けて落ち着く。

ベッド柵使用し安全に過ごす事が出来ている。
心電図モニター装着・持続点滴中、ルートトラブルなく経過する。


【夕方】

S いやや。しんどい

O 発熱ありアセトアミノフェン服用・クーリング実施し38度前後へ下降する。
鼻腔止血綿球除去時、血性物多量除去されるがそれ以降出血なし。
咳嗽あり。←読み方知ってる人ているん?
口腔吸入で白色粘調痰多量ある。
両肺粗雑。

母へ感染防止のため、両親・祖父母の面会のみとすること、
手洗い方法、マスクの着用の必要性、
生もの食事制限する事を説明し、説明後実施されている。


主治医より両親へ説明される。(内容はチロッと下のピンクの字)

説明時両親共に、時々表情固くなるが
頷き説明に対し納得されている言動みられる。
心配な事として「弟が生後6ヶ月なんです。
祖母などでなんとかみてもらってます」と発言ある。

今回の説明はALLと判った事や、どの病院で治療するか、
カテーテルの必要性、感染防止の対策、
抗がん剤の副作用などなどだったよ。



〈主治医〉
発熱持続。
咳嗽が増強している。
鼻出血は今朝からなし。綿球外しても出血(−)。

輸血にて出血症状軽快。
診断としてはALL。

当院での治療を希望。
明日中心静脈留置(全麻下):血小板の輸血を要する。
感染が落ち着くのをみて、化学療法開始。

咳嗽著しいとき、ベネトリン0.3ml+生食2ml吸入。
1時間あけて連用可。



【夜】

S いやや〜。痛い〜。

O 解熱時やや活気あり。
母不在であったが(きっと一服w)機嫌よく
血圧・体温など測定できる。
夕食4割摂取も嘔吐なし。

腹部ソフト。肺音清明も咳嗽続いている。
臨時吸入実施。
吸入実施時嫌がる様子あるが母とともに説明すると納得し施行できる。

SPO2安定。鼻汁なし。
母とともにイソジン含嗽できている。
入眠前より高体温にてクーリング施行する。


【深夜】

鼻閉音あり。SPO2低迷あり。
酸素1Lカヌラにて開始する。
開始後SPO2安定する。




【一般経過表】

酸素飽和度 97%:95%:98%
呼吸状態 規則的:規則的
肺音R/L 粗雑:粗雑:粗雑

体重 17kg

酸素療法 酸素3Lカヌラ開始
末梢冷感 −:−:−:軽度
活気 −:+:+:+:−
機嫌 不良〜入眠:不良

10時5分 骨髄穿刺開始
10時8分 骨髄穿刺終了

グル音 +/−:+/−

眼瞼結膜色 不良:不良:不良

浮腫 +/眼瞼・手/+・足・背・下肢



【私からの捕捉】

大半「いやや」って言って泣いて過ごしてたな。
マルクで麻酔が効いてる間にレントゲンやら清拭をしたから
1時間半ぐらい掛かったんだけど、病室に戻ってきたミハは

「怖い」と「帰りたい」って号泣。

そらな。



つか「啼泣」とか「咳嗽」「含嗽」の読みが検討つかんわっ。
携帯からじゃ読めても変換せんかな?

「啼泣」はどっちも「なく」で変換すると出るけどね。
「なく×2」ってなイメージ?(笑)


「漱」は「すすぐ」を変換したら出るけど
毎回送り仮名を消してるよぉ。

※「漱」じゃなくて「嗽」だったあ!
「嗽」は「うがい」で変換したら出た!

DSの国語事典よありがとう(笑)




医療用語?
私が無知?←妖弧が無知に3千点


自由研究@パン作り

2011年07月28日(木) 15時34分


一年生の自由研究て何やんの?

自分の時はさすがに一年生だと母すら覚えてないのよ。
高学年では絞り染めでノレン作ったんだけどね。



ほいで思い付いたのがパン作り。

なかなかいいべ。

何がって、


他にいないかもー!


てとこ。←基本あまのじゃく



でもまともにやってたら待ち時間ばっかりで
子供は飽きちゃいそうじゃない?



てな訳でレンジで発酵パンにしてみたの。

個人的にはただの丸いパンで、
中にチーズかチョコを入れたらいいって思ってたのに
ロールパンにしたいと言うから希望通りに。



材料を量って
混ぜて
レンジで一次発酵。

切って丸めてしばしの休息。

それを潰してロールにしてからまたレンジで二次発酵。

ロールにするのが大変そうで見てて面白いwww

しばしの休息。

どんどん膨らむのを見て「おー」って(笑)

最後に焼いて出来上がり♪
ザッと1時間。



4つに分けたから1つは私が手本らしき事をして←レベルミハと同じ
残りの3つは全部ミハにやらせて合間に写真撮影とかしたわ。


焼き上がったのを食べてすぐに感想を下書きさせてみたら

楽しかったのはレンジで加熱すると膨らむところ。
難しかったのは伸ばして丸めるところ。
でも作れて楽しかった。

と書いてたよ。←決して美味しいとは書かない(正直者よ)


ま・よかよか。



夏休みって長いから他にも餃子とかハンバーグとか、なんかやらせるつもり。



来年はてごねでパンか?←私も未経験

2009年11月3日@カルテの内容でも書いてみるか

2011年07月28日(木) 7時03分

あれこれ想いがあるのと、←長くなるから割愛で
この先闘病ネタが減る予定だから(減らな困る)
入院した日からのカルテなんぞを気長に書き写してみよっかなって。←暇人か


タイトルを判りやすくするつもりだから興味のない人はスルーで♪
知りたい人は読んでみてねー。

ただほぼ丸写しの予定だから理解不能なとこも多々www
読めない漢字もあったり←まさかの私だけ?
カルテの誤字もほぼそのまんまでww
雰囲気だけでも?w





さっ、ある意味個人情報丸出しイッてみよう!




【2009年11月3日昼前】←カルテを記録した時間

家人と共に車椅子で入院する。
ベッドへは母抱っこにて移動。


【午後】

白血病疑いにて入院。
血液検査データでHgb=5.6、WBC=32300、PLT=0.9。
顔色やや不良。眼瞼結膜色不良。←読めましぇん
血圧安定している。
HR150〜180台。←脈拍かな
発熱ありクーリング実施する。

入院後座位で水分摂取するがふらつきなし。
出血なし。
本日より輸血予定。

症状悪化する可能性高く注意必要。


主治医より両親に説明あり。
母「分かりました。頑張ります。」
父「今は輸血してあげないと駄目なんですね。よろしくお願いします」
表情穏やかに話される。


【夕方】

5歳であり、サークルベッド使用していたが
転倒時のリスクが高いため4点柵のベッドに変更している。
ベッドサイドにおまる設置し、排泄時はおまる使用している。


【夜】

〈主治医〉
11月4日9時40分から骨髄穿刺します。
9時40分から鎮静。
10時に骨髄穿刺施行。
10時15分には終了予定。



38度〜40度台の高体温継続している。
日勤帯から解熱剤を拒否していたため、母と相談し、
18時にアセトアミノフェンを1包アイスクリームに1口混ぜたものを
詰所にて用意し児に摂取してもらう。
活気が見られ会話や時折笑顔がみられ夕食も座って摂取していた。

数口摂取したところで鼻出血あり。圧迫にて一旦止血するも再び出血あり。
主治医にてボスミン綿球両鼻挿入される。その後止血する。

PC(血小板)投与中副作用なく経過する。
右肘部疼痛(とうつう)あり。
血圧測定するがその都度説明し、
疼痛部にマンシェットを巻かない事を説明すると納得し測定できた。


【深夜】

〈主治医〉
MAP(赤血球)2単位輸血
SPO2 95%になるように適宜酸素投与



血圧 95/49
脈拍 162



【一般経過表】

酸素緩和度 97%:93%:100%
出血 −:−:−:+:+
末梢冷寒 −:−:−:−
活気 +:−:+:−
機嫌 普通:不機嫌:普通
眼瞼結膜色 不良:不良:不良
顔色 やや不良:不良
ふらつき −:−:−:+
浮腫 眼瞼・手

112cm 16Kg

呼吸状態 速拍
肺音R/L 粗雑・下葉含気弱←読めない意味判らんw


【私からの捕捉】

アイスに解熱剤を混ぜた時は
「ジャリジャリする」
と言われて
「クッキー入りにしたんだよ♪」
て言ったら納得してたっけ。

にこ〜って嬉しそうに食べてたな。

この日からミハは
アイスを食べたら元気になる
と思ったはずwww←正確には思わせたった


友達が手帳を持って来てくれたから
メモ魔の私は大喜びで日記も書き始めた♪
これは退院するまでずっと書いてちゃんと残してるよ。



でもって最初に書いた主治医からの説明ってのは
白血病とはって感じの内容だった。

急性なら…骨髄性なら…とか
何度も抗がん剤を使って行く理由とか
あとは輸血への説明と同意書とか
カテーテル挿入の話もチョロチョロ。
そんな話を30分ぐらい聞いたんだ。

悪い事を前提に話す事は一切なかったから
ゆとりを持って聞く事が出来たっけ。


でもシュンの事とか、40度の熱があるミハとか
目先の心配は山ほどあったなぁ。

ダンナも一週間仕事に行ける状態じゃなくて
家で泣いたり、シュンの面倒見て和んだり
ミハの側にいられない分、きつかった感じ。

私も食事と睡眠は出来なかったな。
でもタバコだけは吸ってたわ(笑)

健康朝ごはん

2011年07月26日(火) 8時50分


昨日、友達が甘〜〜いパイナップルをくれたんだ。

生協で頼んでた桃も来た♪

あとはスーパーで買っておいたキウイ。


酵素いーっぱーい。





私ね、ダイエットには興味のない女なの。
日頃から体重が50キロを超えたら控えるようにしてるから
自分に甘くても51キロキープで私の中では許容範囲なのよ。←他人が見たら知らんけどw



でも消化酵素を助けよう運動を始めたから

・朝食前にフルーツ
・食前に生野菜や納豆で酵素をとる
・腹八分目で止める


これを実践して1ヶ月経ったかな?まだかな?


3キロ近く落ちてたーー( ; ゜Д゜)


いや、マジで驚いたっつーの。


健康な食生活を心掛けるって事は
自然とダイエットになるって気づいたわ。



お菓子だって食べてたし、
肉もガツガツ食べた日もあるし(消化酵素の為に基本控えたけどね)
メンドイからフルーツ食べずに
食パンにプラスチック食品(マーガリン)って最悪な組み合わせ日も多々。


でも意識だけで変わるんだね。


つか、無駄なもんが体についてただけか?www←だな




今の食生活って一年後の体を作ってるんだって。
ほら身体中の細胞が全部生まれ変わるのにそんぐらい掛かるから。

もちろん「今」にもいい影響はあるみたいだけど
あたしゃ40だし、タバコは止めれんし
出来る範囲で今後の体作りは大事かもしれんよなー。



長生きは目標にしてないけど
コロッとイケるような生活していくわ(笑)

最後のプール♪

2011年07月25日(月) 11時41分

夏休みに3日間だけ水泳教室が学校であって、
先週木曜日と金曜日はどんより曇り空の中、震えながら入ってたみたい。


今朝も天気はイマイチだけど、時折晴れ間もチラホラ。



帰ってきたミハが

「ミハだけビート板使ってん!」


あんまりにも得意気に言うから少しは上達したんかと思ったら


「ミハだけ真っ直ぐ浮けなかった」


おっと真逆かwww


でも暑かったらしく最後まで入れたって。
(過去二回は途中から見学)



何度も溺れかけたらしいけど←ビート板使ってて何故
楽しく出来たから結果オーライ






未だにやや薄毛のミハ。
今回のプールは一年生と二年生合同だったから
支援学級の先生も心配してたけど、
二年生の友達もいて(ハゲツルを見た唯一の同じ学校の子)
なんかあったら守ってくれるんじゃないかとか


なんとかなるんじゃないか←結局これか


そんな風に心配しながらも行かせて良かったわ。
なーんもなかったみたい。




今までも小さな心配があったけど、なんとかなるもんだね。





プールでかなり水を飲んだみたいだから
あとは発熱がなかったら、ホントになんもなしだな。←きっとない





ちなみに今朝、

水泳カードにハンを押したか思い出せなくて(押さないと入れない)
自転車ぶっとばして学校さ行ったさ。


息切れしてつくとスキップしてるミハ発見。


ちゃんと押してあったとさ。←無駄な労力つこたぁ

メソトレキセートday

2011年07月22日(金) 21時22分

13時半には病棟にいたけど、主治医の外来が終わらなくて
1時間近く待っただけじゃなくて

ルート確保にも5分は掛かっちゃって

更には←まだあるんかい

血が出なくて採血に10分は掛かったのよー



ルート確保の時は

「やり直してもいいよ」

やたら冷静なミハがここにーー!←ある意味怖い



どうやらいつまでも針を動かされるのが嫌だったみたい。



でもある程度手応えがあるのにやり直したくない主治医。

なんとか針が入ったのに全く血が落ちてこない。



「手首揉んだら出ますか?」と聞いて←素人の40歳が
主治医が同意したから看護師さんがモミモミ。


でも出ない。

そこまで来てんのにー!



手を乗せてるテーブルが心臓の位置よりやや高く感じたから
手をヒザの上に乗せたらやっとゆっくりポタポタ。



時間が掛かり過ぎて
うーーーって力強くミハが泣いた途端


やたら順調に出てきて一堂爆笑。←ミハを除く



点滴はいつも1時間に50ccずつなんだけど


「100入れてもらっていいですか?」と聞いたら
今日はプールにも入ってるしとOKが出たわ。



メソショットん時、やたらしんどそうだったから
点滴入れたらラクになるような気がしたんだけど
実際は病室に戻ってベッドに寝込んだらにっこり。←「女優かと思った」by看護師



んで、治療があと3ヶ月だから外来での採血の話を聞いたの。

3歳以上は採血室だけど、小児科だから
外来の処置室でもいいらしい。


そして最初から月に一度の採血でいいらしい。



ちょっと助かる。
でも心もとないと言うかね。



いつから近所の小児科に行けるかはまだ判らないけど
退院に続いて二度目の節目と言うかゴールのひとつが近づいてるね。




採血の結果は良好。


次回は8月5日。
毎週の来院=プレドニン開始になりまーす。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:妖弧
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:10月3日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 職業:専業主婦
  • アイコン画像 趣味:
    ・スーパー戦隊・仮面ライダー鑑賞-フリドラで絶えず観てるw
    ・パン作り-戦隊もん観ながら日々コネコネ♪捏ねるのが大好き♪成形は苦手σ( ̄∇ ̄;)
読者になる

◆2009年11月3日◆

ミハが5歳半で
急性リンパ性白血病と判明。

◆2013年11月8日◆

9歳半で再発。

◆2014年5月末◆

骨髄移植成功♪ドナーさん、ありがとう♪


◆2015年1月20日◆

オイラ禁煙開始( *´艸`)
2011年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる