今月読んだ本(5月編)

June 04 [Mon], 2012, 21:30
最近、仕事がちょっとずつ忙しくなってきました。
でも、噂によると、他のグループは炎上中というか、爆発中らしいです。
あぁこんにちは。
プリズム貫井徳郎貫井さんの本、基本的に後味がもやっとなんですが笑今回も、御多分にもれず、もやっと。
でも、これまで読んだもやっととは、一味違うもやっとでした。
つっても、もやっとなんですけど。
ここまでに、何回もやっとって書いたかな。
猫弁大山淳子お見合いに30連敗中の弁護士、百瀬。
絶賛婚活中そんなところから始まる本作。
ちなみに、百瀬さん、男性です。
一部、謎は残るけど、でもそんな謎なんて気にならないくらいほっこりしちゃう本。
ちなみにこれ、つい先日TBSでドラマ化されまして。
こちらも観たんですが、主演の吉岡秀隆、ハマリ過ぎ笑彼、とてもいい味だしてる役者さんですね。
オレたち花のバブル組池井戸潤小難しい話を、なんだかわからないけど理解できた気分にしてくれる池井戸さんの本。
そしてやっぱり銀行物。
読後感が、スッキリサッパリしてるのが、池井戸さんの本いいところつかれた大人は、これを読んで元気になればいいと思う。
最悪奥田英朗ちょっと、分厚いんです、この本。
零細企業の社長、セクハラに悩む女子工員、ヤクザに弱みを握られたフリーター、この3人が出会うとき、物語は怒涛の展開を見せるとか、本の裏の紹介には書いてあるんだけど。
登場人物主役も、取り巻きもが、あーいそうだわって人ばっかりで。
しかも、展開が最悪すぎて、笑えない苦笑残念ながら、3人の接唐ェ見え始めたくらいで、挫折しちゃいました。
奥田さんの本、基本的には好きなんだけどな。
気楽に読めるし。
スピード感もあるし。
ただ、如何せん展開が最悪すぎた。
今度、やる気がでたら再挑戦しよう。
雛lのカルテ2夏川草介待望の続編、やっと読めました図書館で予約して、ずーっと待ってた。
1作目が大当たりだと、2作目は微妙なんてのが多い中、これは、そんなこと全然なくて。
1作目の世界観を壊さずに、でも、新しい何かが展開されていく感じ。
映画を見たせいか、主人公の奥さんのセリフは、つねに宮崎あおいの声で、僕の頭の中には響いてました笑ただ。
ちょっと気になったのが。
文章の構成が、すごく綺麗流麗になった気がします。
きっと、それ自体はいいことなん副収入だと思うんですが。
そのせいでちょっと世界観に入りきれないというか、物語感が強くなったというか。
個人的には、もっと生な表現のほうが、好きなんだけどな。
でも、読後感はスッキリ。
オススメです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yntwmdlfib
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yntwmdlfib/index1_0.rdf