冬になると寒くなって血のめぐりが悪くなります。血行

February 22 [Thu], 2018, 16:10
冬になると寒くなって血のめぐりが悪くなります。血行が良くないと肌細胞に十分な栄養が届かず、代謝が乱れることになってしまいます。そして、肌のトラブルを起こしてしまうため、とにかく血液の流れを悪くしないように心がけなければなりません。実際血液の流れが良くなることで、新陳代謝が活性化され、健康的な肌がつくりやすくなります。洗顔後の保湿は乾燥肌の予防、改善に大切なことです。これを怠ることでますます肌が乾燥してしまいます。そのほかにも、クレンジングやメイク用品も保湿力のあるものを使用してください。これ以外にも入浴剤を浴槽に入れたり、熱いお湯を使わないというのも非常に有効です。美容成分が多く取り入れられている化粧水や、美容液を使うことで保湿、保水力のアップに繋がります。スキンケアには、コラーゲンやヒアルロン酸はもちろん、アミノ酸などが含まれている化粧品がおすすめとなります。血が流れやすくすることも大切ですので、ストレッチ、半身浴はもちろん、さらにウォーキングも行い、血の流れを、治すようにしましょう。寒くなると湿度が下がるので肌の水分も奪われがちです。水分が奪われて肌に潤いが足りないと肌荒れやシミ、シワなどを起こしやすくなるのでほかの季節よりもしっかりとしたケアが必要です。潤いが足りない肌のトラブルを起こさない為にもお手入れを普段よりしっかりと行うようにしてください。冬季の肌のお手入れのポイントは肌を乾燥させないという意識を持つことです。肌のカサカサに対処する場合には、セラミドを補うようにしてください。セラミドという物質は角質層の細胞の間で様々な物質と結合している「細胞間脂質」です。角質は角質細胞が複数層重なっていて、このセラミドが細胞間を糊のように結合しています。皮膚の表面を健康な状態にしておく防護壁のような働きもあるため、欠乏すると肌荒れが発生するのです。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ynthgecunrlyre/index1_0.rdf