オンラインでもできる支払督促 

2013年09月02日(月) 22時27分
支払督促という言葉をごぞんじでしょうか。

支払いを督促するという、そのままの意味ですが、ただの通知書としてではなく、裁判所を介して送達する、支払督促手続きというものがあります。

こちらは、裁判所の書記官の判断でされるものですが、送達されたものは異議を出さずにほうっておくと、それがそのまま債務名義として確定してしまうのです。

債務名義として確定してしまうと、不動産や給与の差し押さえ等の手続きをとられてしまうこともあります。

今までは、この手続きはしっかりと裁判所へ行くことが前提でしたが、近年ではオンライン手続きでできてしまうのです。

オンラインだからといって、効力に関しては今までとなにもかわらず、しっかりとした手続きを踏んでいれば、債務名義まで取得できる手続きとなっています。

支払督促に関しては、特に詳しい事情や、疎明すべき資料もそこまで問われないので、本当に簡単にできてしまいますので、悪くいってしまえば、架空請求のような督促状を送達することもできてしまうのです。

ですので、もし裁判所からの督促状が届いた場合は、しっかりと内容を確認し、おかしなものだった場合は、同封されている異議書を必ず出すようにしましょう。

これさえしっかりしていれば、大抵の場合、むこうが取り下げをしてきます。

また支払督促について困ったことがあれば、こちらのサイトなどから早めに専門家に相談することをおすすめします。http://xn--0tqp66bt6bv22a.net/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:makoto
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる