親から子へ、子から孫へ繋いでく

December 03 [Mon], 2012, 16:47
私が住んでるとこはチョー田舎で。
田舎すぎてお弁当屋さんも配達に来てくれない爆一度、持ってきてもらえませんかーって頼んだら町は地図に載ってないんですやってどんな扱いやねんっっ地図に載ってないってーあの時は受けました笑でも今日、ものすごいだるくて。
でも、どーしてもうどんが食べたくて。
タウンページを開いてうどん屋さんを見てて。
好きなうどん屋さんを発見。
あかんやろなぁどうせ持ってきてくれへんわ。
だって町やもん被害妄想って思いつつ、思い切って電話。
そしたら出前してくれたのーっっあぁもう、ほんまに垂ヴに思えた。
そのうどんが美味しかったこと諦めたあかんね、ほんまに。
何でも。
最初から決めたらあかんわー。
町でも持ってきてもらえたやんこんな事書こうと思ったんじゃないのに笑うどん美味しかったそこのお店はお蕎麦が超美味しくて。
蕎麦好きの私は、大好きなんだけど今回はおうどん。
風邪ひいたらうどんってなんか子供の頃から思ってるねんなぁ。
お母さんが作ってくれた卵うどんが大好きやった。
風邪をひいたら優しくしてくれるから甘えられるから、二階のベッドから死にそうな声で爆おかぁぁさんっっていっつも呼んでた。
そしたら、来てくれるねんなぁどーしたんって言いながら。
熱が高い時は、ベッドの横に布団を敷いて。
頭を冷やして添い寝してくれた。
うん私はずーっと愛されてた。
今もいっぱい愛されてる。
一度だけ、夜中にお腹が痛くなって救急車で運ばれたことがあって。
その時は父が付き添ってくれた。
確か、弟が生まれたばっかり頃でお母さんは来れなかったんやろうなぁ。
救急車が来るまでの間電気アンカでお腹を暖めてくれて側にいてくれた記憶がある嫌いなとこばっかりじゃなかったなぁ。
嫌いなとこの方が多かったけどサ親が完璧じゃないこと、自分が親になってよーく分った。
完璧になんて出来へんねんなぁ。
愛したいけど自分もいっぱいいっぱいやし自分もいっぱい傷付いてきたから上手いこと愛されへんねんよね持ってきてしまった昇華しきれてない恨みもあるし。
↑あ、これは父と母ロウきゅーぶ エロ画像の話立派な親にならなあかん、親として完璧な大人にならなあかんって家の両親はすごい力が入ってた。
気がする。
知らんって言えない人達だったから。
子供に聞かれたらなんでも答えなあかんって思ってそうな人達やったから。
自分が親になって親のその深層心理が見えるようになったあぁそうやってんなぁって。
私はいっぱい癒してもらったおかげで自分が完ぺきじゃなくて良いことを教えてもらっただからその唐ナは楽にさせてもらえてる。
自分が完ぺきじゃないこと、何にも知らないこと、出来ないこと。
それを子供に素直に言える親になれた。
こうしてきっと一個ずつ親から子へ、子から孫へって小さなカルマを溶かしながら命を繋いでいくんやろなぁ。
あれうどんの話はどこいった笑
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ynguutdws1
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ynguutdws1/index1_0.rdf