アビーとブッチ

January 18 [Mon], 2016, 8:38

引っ越し専門業者として伝統もあり、全国どこでも高い評価を得ているのがCMでもおなじみの引っ越しのサカイでしょう。全国くまなく、170社以上の支店を持ち、自社の保有車は3500台超で、一般家庭の引っ越しでも、大手の強みを生かしたサービスを望むことができます。多様なサービスが提供できるように、どのスタッフもきちんと仕事をしているので安心して引越しを任せることができます。




どんな人でも、住むところが変われば新たな生活を送れるようにするため物入りになるのはみんな同じで、なるべく引っ越しそのものは無駄なお金は使いたくありません。


まずは、業者の料金システムをよく調べて、割り引きがきくかどうか見てみましょう。


どこの業者でも、割引は普通引っ越しが少ないとされる時期に引っ越しすることでオフシーズン割引になるので、割引を上手く使える時期に引っ越しするようにしたいものです。


どちらかといえば、引っ越しが多いほうです。そのたびにガスを止めるのはいつか考えてきましたが、事情が許す限り、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらうようにしています。



引っ越し直前というのは、何のかのと体力を使っているので引っ越しの前日は、どんなに遅くなってもお風呂で手足を伸ばして温まり、翌日に備えたいためです。


そして、当日も、ガスを止めるまで温かいものが飲めれば気持ちが休まるのです。引っ越しの際には何かとお金が要るものですが、引っ越し業者によって出費を抑えることが出来ます。


ですから、出来るだけお得な引っ越し業者を選びたいものです。必要な料金が少しくらい高い業者でも、荷造りで悩みがちなゴミの回収といったサービスを提供している業者もあるようですから、実際に引っ越しする時には、複数の業者の見積もりとついてくるサービスやオプションを確かめてから判断するのが一番良い方法だと思います。



何事もそうですが、引っ越しも段取りで決まります。



数と大きさを考えながらダンボールなどの梱包材を揃え、当座必要でないものをどんどん詰めていきます。引っ越し直前まで使う日用品を分けて、用途や種類で大まかに分け、詰めるようにしましょう。





ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることでより片付けしやすくなるでしょう。



ライフライン関係も、転居の手続きがあります。早め早めに進めていかなくてはなりません。



新しい住まいに引っ越すにあたり、ライフラインなどの手続きとともに、もう一つ転居当日からネットも使えるようにしておきたいものです。プロバイダをはじめ、今の環境を変えたいのならこの機会に解約を考えてみましょう。でも、特に不満もなく、このままでいい場合は、そのままプロバイダ契約は続行して住所変更などの手続きを行ないます。転居先で今までのプロバイダが利用できないこともあるため、確認は必要です。



もし、引っ越し先にまったくネット環境がなかったりした場合は開通工事などの必要も出てきます。


転居後すぐにネットを使えるようにしたいのであれば、確認と準備を早めにしておくのがおすすめです。様々なものが身の周りにあふれている生活をしている方がいるとすれば、引っ越しの最大の障壁は所有するものの整理と荷造りでしょう。ものの多さの余り、荷造りを終える見込みが立たなくなってしまうと引っ越しができないのではないかと思うかもしれませんが、これもチャンスだと思いきって処分に専念すれば身の周りがかなり整理されるのではないでしょうか。





手際よく準備を進めていく行動色も、引っ越しには大事なのですが、覚えておかなければならないのはいかに費用を抑えるかということでしょう。



思いもよらない出費が続いたりして、推定していた予算を超えてしまうことも珍しくありません。


いかに安い業者に頼むのかがポイントですから、複数の引っ越し業者に一括で見積もりをお願いできるサイトを利用して、一番安価でサービスの良い業者を見付けるのが良いと思います。どんなケースであっても、引っ越しの前にまず必要になるのが役所に転出届を出すことです。さほど大変な仕事ではなく、今住んでいる市区町村で役所の窓口に提出します。




郵送で送ることもできます。




それから、窓口が開いている時間に役所に行って手続きできなければ、代理人が提出することも、委任状を出せば可能です。


転居届の提出は、転居の2週間前くらいから多くの自治体で可能になっています。



転居に必要な手続きの一つは、インターネット回線のプロバイダーへの連絡です。忘れている方も多いようで、引っ越しの手続きは全て終わったと思っていても、はじめて移転手続きが終わっていなかったことに気づいた、ということになりかねません。


引っ越しが多い時期だと数週間待たないと工事ができないということもありますので、いくら早くても問題はないので、プロバイダーへの連絡だけでも早めにしておくのが鉄則です。



学校や職場から便利なところに住みたい、家族の人数が変わった、などの事情があって人は引っ越しするのではないでしょうか。


引っ越しをきっかけに、使わないでしまってあるものや長いこと着ていない服などは手放し、大半の世帯では身軽になって引っ越そうとするでしょう。それでも、引っ越しを機会に布団類を買い換えることは少なく、引っ越し先でも、引き続き同じものを使うようです。毎晩寝て身体になじんでいるので引っ越しが手放す機会にならないと思われます。




日取りも決まって、さて引っ越し作業を始めようという時、手元になくてはならないものとしては、兎にも角にもダンボールかもしれません。



荷造りではとにかく大活躍します。大きくて軽い物、小さくて重い物、ワレ物等々、荷物によって箱の使い分けできるように、サイズは大小用意しておくと使い勝手が良いでしょう。かなり大量に使用することになりますから、心もち多めに用意しておくと、安心かもしれません。無料で入手したいなら、スーパーなどお店でもらえますし、新品をホームセンターなどで買うこともできます。ですが、利用を予定している引っ越し会社のダンボールを使うこともできます。この方が作業効率の点から見ても良いようです。




出来るだけ引っ越しの負担を少なくしたい方は、アート引越センターならば、引っ越し作業も滞りなくすすめることができます。


荷造りに必要な段ボールの準備や、引っ越し当日の家具の梱包から運搬など、ありとあらゆる引っ越し作業を支援してくれるでしょう。重たくて大変な家具や荷物の運搬もしっかりと対応してくれますから当日も計画通りに転居先に移ることができます。一人暮らしの方が引っ越しすると引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。


新居がワンルームの場合は特に、ベッドがあるとそれだけで狭く感じられます。



また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でも新居の玄関からベッドを入れられないといった大変な話もあるようです。



そのような事態が考えられるのなら、布団の生活を割り切って始めてみても家の中がすっきりしていいかもしれません。


一軒家であればともかく、最近のマンションやアパートでは隣人はどんな人なのか、ほとんどわからないということが当たり前のこととして受け入れられています。そうは言っても、日頃から挨拶を交わし、大変なことがあったときに助けを求められるようなつながりがあった方が良いでしょう。そのようなご近所づきあいのきっかけとして、転入したらできるだけ早く、おみやげを持って両隣に挨拶をすることがポイントになります。





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:智也
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yncnotohrienca/index1_0.rdf