子供にもあった!睡眠を妨げるさまざまな問題!!

June 25 [Wed], 2014, 13:51
「夜眠れない」「日中眠くてしかたがない」
このような睡眠についての悩みは大人だけかと思っていました。


子供は通常の発育過程では睡眠障害などにかからないことが一般的なんですって!
だから子供が不眠症の症状を訴えた場合には、特殊な理由があるといいます。


子供の睡眠障害の原因の多くは、子供の生活が夜型になってしまったことなどが原因
だといいます。しかしまれに精神的な疾患の現れである可能性もあるため、
早い時期に治療を受けることも必要だといいます。
子供に睡眠障害がある状態は、子供の成長にとって非常に悪い影響を及ぼしかねません。
したがって、子供の睡眠障害と思われる場合は早めに治療を受けさせることが重要です。



子供の睡眠障害の原因として考えられること


もともと子供は長時間の睡眠を必要としているんですね。
それは睡眠中に成長ホルモンの分泌を通して、心身の成長を促すためです。



例えば小学生の子供の場合は8〜10時間ほどの睡眠時間が必要といわれています。
しかし、中学受験に向けての受験勉強やインターネットの普及による
夜ふかしなどが原因となり、子供に夜型の生活リズムが形成されてしまうと...

このような生活環境だと体内時計のリズムが乱れてしまい、
夜眠ろうとしても眠ることができない不眠症のような症状や
夜中に何度も目を覚ましてしまうなどの睡眠障害を発症してしまうことがあります。

また、受験という目に見えない不安やプレッシャーが本人とって過度のストレスと感じ、
不眠症などの睡眠障害を子供のうちから発症してしまうこともあります。
このように夜型の生活やストレスが子供の睡眠障害の原因となっているといわれています。



このような子供の睡眠障害への対応は、まずスマホやインターネットなどの使用時間を
制限するなど夜寝る前の生活パターンを改善する工夫ですね。
また受験などのストレスは学校や心療内科などで早めに相談することが重要だといいます。



次にいびきが大きかったり、朝に頭痛を訴えるたり、
学校から日中の集中力低下を注意されたりする場合ですが、
集中力低下や大きないびきなどから子供の睡眠障害の可能性があります。


子供の睡眠障害として多いのは、睡眠時無呼吸症候群が挙げられます。
睡眠中に気道が閉塞して呼吸が止まってしまう状態で、夜間の酸素不足により、
起床時の頭痛や日中の集中力低下などをもたらします。


治療方法としては、通常はマウスピースを利用した治療が行われるますが、
子供の場合、原因が扁桃腺の形にあるなど身体的な原因の場合には手術することもあります。


いずれにしても子供の成長に大きく関わりますので、早めの対処が望ましいですね。



眠りたいのになかなか寝付けないときに熟睡するための方法
睡眠とは深い眠りのノンレム睡眠と、
浅い眠りのレム睡眠が90分ごとの周期で繰り返しながら、
身体を休めさせ、疲れを取るための時間なのです。
日常的な生活習慣が睡眠に大きく影響するので、
ノンレム睡眠を妨げるような習慣を見直すことが、
より睡眠のリズムを整え、睡眠の質を向上させます。








P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サンちゃん
読者になる
http://yaplog.jp/yn8axk4t/index1_0.rdf
ヤプミー!一覧
読者になる