東方見聞ルー(1)気力、体力、追求心

June 16 [Thu], 2011, 2:54
月日早朝時分いよいよ念願の連泊ツーリングの初日。午前時分に我が家を出発。予備のガソリンリッターは重い。箱物個にツーリングバッグが1個。総重量はライダーを入れて320s程度。サイドスタンド使用時は要注意であります。当然、真っ暗の中の出発でした。のライトは強烈に閃光を放ちながら路面を照らしています。なんと気温は6℃、真冬の装備ホカロン6枚ヒートテック着込んでもまだ寒さを遮断できませんでした。名塩ではバイカーが一同が同語を発して挨拶。強烈に寒いですね。直接横浜で高速をぶっ飛ばせば9時間程度で到着するはず。しかし、せっかくですから途中、富士で下りて富士スカイラインで五合目を目指しました。富士の裾野からは雲を中腹に従えた富士の偉大な眺めを望むことができました。きっと雲海を下に見下ろせると意気込んで139号線180号線富士スカイラインを登り続けました。新五号目目指して登山口に辿り着くも閉鎖されており、雲海を見ることはできず。諦めて下道を御殿場三島へと移動。国道1号線を駅伝で有名な往路ゴールの元箱根芦湖へ向かいました。小学校の時に覚えた唱歌を思い出しました。箱根の山は天下の駅伝で有名なコースを走って確かめてみました。途中、ちょっと732号線も走ってみました。高速は一時間走っては休憩の繰り返しでしたから、疲れはほとんどありません。国府津駅の近く1号線沿いのサンクスで休憩。ここからさんにメール報告。自宅を出発から12時間が経過していました。休憩中にマシンの点検をしていると、ヤバイです。マフラーエンドから排気漏れの痕跡あり、かなり重度の様であります。長時間の連続走行でカーボンがかなり劣化しており、マフラーエンドのりべとが何故か浮いてしまっています。排気がマフらエンド全体の隙間から噴出している痕跡が明らかな状態になっていました。初日からですから、ショックであります。スピードは出ていません80hでの走行でしたからね。しかし、マフラー交換してから3万kmは走ってますからね。仕方ないでしょう。不安を抱えたまま新横浜のスーパーホテルに到着したのが、午後6時半。初日の走行距離は740でありました。気力、体力、追求心で初日は乗り切れました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yn20psa3b1
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yn20psa3b1/index1_0.rdf