答えが出ずモヤモヤする 

October 05 [Wed], 2011, 18:01
各競馬場それぞれの騎手バランスを見てみましょう。

(1)東京競馬場、中山競馬場

実績のあん、横山典、後藤、内田といったっちゃわー上位騎手に馬が回る機会が多く、若手騎手が起用されるこつはあまりありません。東京競馬場は、直線での馬群さばき、中山はコーナーでの位置取りに騎手の手腕が求められる要素が強いので、騎手の力量がレース結果に表れやすく、そのため、波乱の見られん本命サイドのレースとなるこつが多くなるじ。

(2)京都競馬場、阪神競馬場

新人騎手が登用される機会が多いのが特徴じゃが。競馬場の特徴かいしても、騎手の実力を馬の実力で補うこつが期待できますので、これかい成長途上にあん若手騎手を狙っていくと、高い配当を得るこつも可能じゃが。穴馬、本命馬、いずれも幅広く狙うこつが勝負上、有効じゃが。

(3)夏季開催(函館・札幌・新潟・福島・小倉)

中央がメインの騎手も、夏季になると、地方で騎乗しますので、関東メインの騎手は、函館・札幌・新潟・福島で騎乗し、関西メインの騎手は、小倉で騎乗する傾向があり、じゃあしたつ動向を見極めて、レースをどんげ予想するか、そこがポイントじゃが。

(4)裏開催

夏季を除く時期における、福島・新潟・小倉くろゆり賞場の開催を裏開催といいますけんどん、ここではよ、中央で騎乗できん騎手が騎乗する機会に恵まれますかい、中央競馬場でのバランスは一変し、波乱がじーく見られる原因となっていまよ。特に、新潟、福島ではよ、関東所属の騎手が数多く騎乗しますかい、要注意じゃが。レース動向は、騎手のコンディションで左右される要素が強く、レース予想するこつは、なかなか困難になるじ。

以上、各競馬場はシーズンごとにそれぞれの特徴を持っており、競馬に勝つ上で大いに参考になるじ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fmsuda19
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる