上谷の堀本

July 24 [Sun], 2016, 23:07
今どきの交代制勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、看護師があります。職場が外来の看護師であれば、日勤になることもありますが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くのでまだ経験が浅ければ、必然的にシフト勤務になると思います。妻の話ですが、子供が小さい時に看護師としてシフトを組んでいた為、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって悩みました。多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって体の健康を害してしまうのであれば、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。重要なポイントとして、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて収入が減ってしまう事が多いようです。現在の年収を下げてまで日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。厳しい労働環境の中で、長時間の残業と夜勤を続けたため、結果として過労死を迎えてしまった看護師もいました。夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、さらに看護師の需要は高まっており、看護師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。正看と呼ばれる資格を持った看護師になる方法は、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが絶対条件です。看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。ですからこうした専門学校に合格するための予備校に通う人も増えています。准看護師に限らず、働きながら正看護師の資格を取ろうとする場合は、通信過程で学べる学校が存在しますから、興味があれば調べてみてください。土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている看護師は多いですが、土日祝日の休みをとることもできます。病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、土日が休日になるでしょう。何か不測の事態による緊急の出勤や、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。他には、個人の病院で入院施設がなければ、大抵の場合は土日は休めるようになっているでしょう。看護師試験合格に向けて学ぶ場所として大学あるいは専門学校があり、看護師を目指す場合、どちらかに入ることとなります。それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。その時点での最先端の医療を含め、高度な勉強が可能であるということと、医療以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。それに対して専門学校は、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。その他、学費に関しても専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。職場を移りたい、と考える看護師は意外なほど多いようです。働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、ですから、求人だってもちろん多いです。今、働いている仕事場ではどう考えても給料が労働に見合わなかったり、人が少なすぎて全然休むことができない、というように、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。現在の職場よりもよい待遇を期待するなどの理由で転職を考えているのであれば、できれば給料とか労働条件だけではなくて、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。意外に思われるかもしれませんが、看護師には細かな階級が存在するのです。階級のトップからいえば、職場によっても違うのですが、大抵は総看護師長や看護部長と呼ばれている人たちです。どういう人が出世するのかというと、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、周りの人間の信頼を得るように努力することが必要だと言えます。階級が高くなるほどに高い収入を見込めます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yamato
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ymoepoceumtkrn/index1_0.rdf