新米看護師と天使

November 13 [Wed], 2013, 8:50
 新米看護師だった頃、私はたくさんの天使に救われた。天使。それは患者さんのこと。社会人生活を8年で退職し、思い切って看護師学校に行った私は同期の若い女の子たちと一緒になって辛い実習をなんとか乗り越え31歳の新米看護師となった。田舎の病院に配属になり、注射の際の確認作業で士長たちともめて大泣きしたこともあったし、都会の病院の先輩看護師に田舎の古いやり方に驚かれて不安になったり。そんなドタバタした毎日の中で患者さんは病気で辛いのに、私に笑顔でありがとうと言ってくれる。小さな失敗を笑ってくれる。忙しくて顔色が悪いと心配までしてくれる。病気の人を助ける立場のはずが本当にたくさんの笑顔に助けられた。あの時の笑顔が私の看護師としての原点になったのだ。院内保育園ってどんな感じ?保育士さんはちゃんと確保されてるの?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はやと
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ymnk42/index1_0.rdf