3月16日 

March 16 [Wed], 2011, 17:19
ずいぶん更新が滞っていました。申し訳ありません。

先日の地震で被害にあわれた方、現在避難中の方々に、早く平穏な生活が戻ることを願っています。

劇団では座長の呼びかけで、募金活動を行うことになりました。
たいしたことはできませんが、少しでも力になれればと思います。

師走 

December 11 [Sat], 2010, 6:35
久々の更新になります。
11月の「長屋紳士録」公演が終わり、1年以上ぶりに少しのんびりした生活を送っています。

あと今年も1ヶ月を切りました。早いですね。あまりのんびりもしていられません。

9月30日 

September 30 [Thu], 2010, 21:49
前の書き込みからあっという間に1ヶ月経ってしまいました。

9月は上旬に兵庫県朝来市での「夏の夜の夢」に参加し、そこから月末劇場「眠れる森の美女」の稽古&本番と、休みのない日々でした。
そして月末劇場の楽日の翌日から、来月の公演「長屋紳士録」の稽古も始まりました。

自分は暇だとぼんやりしてしまうので、このくらいがいいのかもしれません。演劇に参加できることが幸せなのだと感じます。

8月 

August 31 [Tue], 2010, 11:44
ずいぶん更新が滞っていました。
気が付けば、8月ももう終わりです。

29日まで、新宿ゴールデン街劇場にて劇団東京乾電池月末劇場「運を主義にまかす男」「世帯休業」に出演していました。
観に来てくださった皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。

自分は9月の月末劇場にも出演いたします。
そちらもよろしくお願いいたします。

トラフシジミ 

July 31 [Sat], 2010, 23:54
団地の階段にトラフシジミが止まっていました。
市街地でも発生するチョウのようですが、あまり見かけたことはありません。羽の縞模様も、角のオレンジのポイントもかわいいですね。

小笠原のトンボ 

July 30 [Fri], 2010, 16:08
西東京市の多摩六都科学館に「ロクト大昆虫展」を見に行ってきました。

展示の中に、小笠原の昆虫たちの標本箱があり、初めてシマアカネとオガサワライトトンボの標本を見ることが出来ました。どちらも小笠原にしか生息しないトンボです。
小笠原固有の昆虫たちは、環境破壊や外来生物の侵入によって危機的状況にあるそうです。いつか実物が見に行けるといいのですが。
シマアカネ
オガサワライトトンボ

カオジロトンボ 

July 29 [Thu], 2010, 2:12
劇団の登山部で尾瀬に行ってきました。
福島県側の御池駐車場から燧ケ岳を上り、尾瀬ヶ原へ下って、そこからふもとをぐるりと回って御池駐車場へ戻るルートです。

燧ケ岳を登っていると、時々なだらかな湿地に出ます。そこでは、カオジロトンボの姿が見られました。

カオジロトンボは本州では高地の湿原にのみ生息するトンボです。その名の通り顔が真っ白で、黒の体に腰の部分だけが赤い、独特のカラーリングをしています。

この日は天気もよく、風も爽やかで、絶好の登山日和でした。思っていたよりもずっと尾瀬の自然はすばらしかった。また行きたいです。
燧ケ岳頂上から尾瀬ヶ原を望む

栃木のトンボたち 

July 25 [Sun], 2010, 9:18
先週ハッチョウトンボを探しに行った栃木で、他に見つけたトンボたちです。

モノサシトンボ(オス)

キイトトンボ(ペアと別のオス)

マユタテアカネ(羽の先が褐色タイプのメス)

コオニヤンマ(メス)

ハッチョウトンボ 

July 19 [Mon], 2010, 6:53
昨日、ハッチョウトンボを探しに栃木まで行ってきました。
ハッチョウトンボは体長が2cmほどしかない日本最小のトンボで、埼玉県では絶滅してしまったほど近年その生息数を減らしています。

まずは、ネットで調べた宇都宮市近郊の鶴田沼へ、ここのハッチョウトンボは市の天然記念物に指定されているらしく、毎年観察会なども開かれているそうです。
それならばと期待して行ったのですが、1時間探してもその姿は見られず。着いたのが朝の9時だったので、時間が早すぎたのかと思い、別の場所で探してから戻ることに。

次は、日光市の弁天沼へ。ここではかつてハッチョウトンボが多数生息していたそうなのですが、最近僕が訪れている限りでは一度も見られたことがありません。昨日もオニヤンマとかキイトトンボはたくさんいたのですが、ハッチョウトンボは確認できませんでした。毎年行くたびに微妙に植生が変わっているような気もします。そういった影響もあるのかもしれません。

仕方なく、鶴田沼に戻ってきたのが午後1時。天気も良くなってきたので、今度こそはと思ったのですが相変わらず見つかりません。1時間半ほど探していたら、あまりの暑さに頭がボーっとしてきたので、諦めて帰ろうとしたその時、やっと出てきてくれました。

久々に出会えたハッチョウトンボです。体は小さいですが、よく見ると細部までしっかりとトンボしていることに感動します。ちゃんと縄張りも張るので、このオスは僕が木陰で休憩し戻ってきても、同じところに止まっていました。
結局現れたのはこのオス一匹でしたが、それでも見られて本当に良かった。ハッチョウトンボを探しながら、他の昆虫も色々見られましたし、充実した一日でした。

オオツノトンボ 

July 16 [Fri], 2010, 22:47
先日、山梨にトンボ観察に行ったとき、オオツノトンボを見つけました。
トンボに似ていますが、トンボではなくウスバカゲロウ(http://yaplog.jp/ymktsgo/archive/21)とかクサカゲロウ(http://yaplog.jp/ymktsgo/archive/79)と同じアミメカゲロウ目に属する昆虫です。
名前の由来になった長い触角が目を引きます。頭から胸にかけて毛がフサフサしているのもトンボと異なる特徴ですね。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:山肩重夫(やまかた しげお)
  • アイコン画像 誕生日:1978年3月29日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
2007年 劇団東京乾電池に入団

趣味は昆虫採集
トンボが好き
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像名古屋セミナー 福島
» セミの抜け殻比較 (2012年02月17日)
アイコン画像山肩
» 栃木のトンボたち (2010年07月29日)
アイコン画像ながれ星
» 栃木のトンボたち (2010年07月26日)
アイコン画像山肩
» オオツノトンボ (2010年07月19日)
アイコン画像ながれ星
» オオツノトンボ (2010年07月18日)
アイコン画像山肩
» オオモノサシトンボ (2010年06月29日)
アイコン画像ながれ星
» オオモノサシトンボ (2010年06月28日)
アイコン画像山肩
» 春の旅 5日目 その1 (2010年05月04日)
アイコン画像ながれ星
» 春の旅 5日目 その1 (2010年04月16日)
アイコン画像山肩
» シモフリトゲエダシャク (2010年02月15日)