記念日 

June 25 [Sun], 2006, 23:56
今日は MY BIRTHDAY!

たくさんの友人や家族からお祝いやメッセージを頂き
本当にうれしい。。。

その上 誕生日に元気に仕事ができること。
これもひとえに 皆さまのお陰と心より感謝申し上げます

まだまだ未熟ですが 皆さまのハッピーにつながることが
私をさらに幸せな気持ちにしますので インテリアと住まいに関することの
お手伝いでそれができれば とこれからも邁進していきます。

そして ブログを始めて ちょうど1年。
さらに 皆さまとハッピーになるべく 下記へ引越しすることにします。
今後とも よろしくお願いします

http://ameblo.jp/decorte/

 

まもなく ON AIR! 

June 24 [Sat], 2006, 23:07
無事に一日密着TV取材が終わりました。
スタッフの皆様お疲れさまでした。
今回は2時間番組の一部の女性と仕事をテーマとした番組の撮影でした。
JABの皆様 お客様のT様などなど ご協力に感謝申し上げます。

お陰で この1週間 仕事との係わりについて自分なりに
あれこれ考える時間がもてました。
どうして 専業主婦という道を選ばなかったのか。
自分にとって仕事は どういう意味をもつのか。
仕事を続けているのはどうしてか。。。
などなど うまくまとめて下さっているといいな。

社会が変化し女性の生き方の選択肢が増えました。
そんな中 どう生きていくのか 自由だからこその 戸惑いやあせりも
逆に生まれ 誤解や偏見に生きている人もたくさんいると思います。
誰もが一人で生きているのではなく 誰かと係わりをもって
生きているわけだから なかなか一筋縄ではいきません。
一生かけて 自分らしい生き方はと問い続けることが
私も含め 人生の課題のような気がします。
仕事だけでなく さまざまな人生の醍醐味を味わいたいと
願う自分は欲張りかもしれませんね。。。

すべての人が 自分らしく ハッピーに生きることができますよう。
そのためのお手伝いを自分のできる範囲でやっていきたい。

うふふ。 

June 23 [Fri], 2006, 23:17
栄のラシックの前あたり 久屋大通公園内に長くベンチが続いていて
その真ん中くらいに お母さんと小さい女の子のブロンズ像が腰掛けている
仕掛けがあり ニューヨークのセントラルパークみたい と密かに
気に入っていたのが下の写真です。



そこをいつものように通るとびっくりする光景が
何と 見知らぬおじいさんが お母さんの像の膝の上にちょこんと
腰をかけているではないですか。
そのベンチは10メートルはある 幅の広いものなので余裕はあるし
本物の膝ならいざ知らず その像の膝は硬くて決して座り心地の良いものでは
ないはず。

自分のお母さんのことを懐かしく思い出して座ってしまったのでしょうか。
思いがけない光景は 微笑ましく 何だか楽しい一日になりました。

いにしへの都へ 

June 22 [Thu], 2006, 23:33
藤田嗣治展へ 京都国立近代美術館へ行って来ました。
雨の中 平日にもかかわらず大勢の観覧者で賑わっていました。

これだけのボリュームの藤田の展覧会は珍しく 大変見応えが
ありました。
時代や環境に翻弄された彼自身の心の内面が伝わってきたり
絵を描くことへの情熱も 微細なタッチから溢れていて 
好きなことを極めることについて あらためて考える時間でした。
乳白色の肌は吸い込まれるような美しさがあり これはTVや画集では
見られない実物だけの輝きでした。
そんな展覧会は7月23日まで開催されます。

気がつくと御所に来ていて良い気をいっぱいもらい(風水の先生曰く 
日本で一番良いらしい。。。) その後 大好きな高台寺に寄って
それから いつもの和久伝の西湖や金平糖と村上重さんのお漬物を買って
(相変わらず食べ物ばかり。。。) 先斗町でおばんざいを頂き
慌しく帰路に着きました。
久しぶりの京都は やはり良いですね。
街全体の色が統一されているのが心地よいし 自然の材料で作られている
建物が多いせいか空気も良いような気がする。
その上 山や川に囲まれていて 自然に守られている安心感が嬉しい。。。
次回はもっとゆっくり行けると良い場所。


デザイナーズウィークはやっぱり名古屋に。 

June 20 [Tue], 2006, 23:52
この暑さはサッカーの盛り上がりのせいばかりでは無いように思いますが
皆様、どうぞ体調などくずされませんよう。

第2回目のデザイナーズウィークのミーティングに行って来ました。
先日、一足お先に発表させて頂いたネーミング変更でしたが
何と、元の『デザイナーズウィークIN名古屋』に戻ることに
ほぼ決定しました。
賛否両論ありますが あえて替える理由が見つからない ということに
なるでしょうか。
その他の内容も 少しづつ具体的になってきて 4ヵ月後には
皆さんに喜んでもらえる内容にするべく また熱い日々が続くこと
でしょう。
1回目には大目に見てもらえた甘えは 今回は許されませんから。
新しいところでは 昨年は ホームページを作成しましたが 今年は
話題の『ポッドキャスティング』にて 発信していきますので
どうぞお楽しみに〜。

*ポッドキャスティングとは?
WEB上の音声番組をダウンロードして聞いたり 個人がラジオ局のように
発信したりできるもの。ブログの次にアメリカでムーブメントを起こしている。
日経新聞の朝刊の内容が30分番組になっていて 通勤電車の中で
聞くことができたり 英会話の番組を聴いて勉強したり 東京大学の講義も
公開されているとか。

ミーティングの終了後は 懇親会へ。
和気あいあいで 元気な仲間たちでした。
ボディボードも教えてくれる人がいて やってみようかな〜と思ったところ
泳げない人はやめたほうが良い とのこと。
あきらめました。。。

最近の1週間 

June 19 [Mon], 2006, 18:04
少し前になりますが ある本を読んでいたら 
『昨日 あなたは誰と新たに知り合いになりましたか?』と
言うのを見つけ その時期は お客様をのぞき 旧知の人ばかりと
会っていたので ドキッとしたのですが
この1週間は 毎日刺激を受ける人に会い 目まぐるしい日々でした。

今日は 某放送局の取材のため Hさんがご来店。
素敵なディレクターさんに ついつい余分な話をいっぱいしてました。。。

宇賀先生にも10年近くぶりに久しぶりにお会いしました。
最初に紹介して下さった Mさんは本当に残念なことに
この世からいなくなり でも インテリアデザイナーとして
まだまだ頑張っていらっしゃる宇賀先生に とても励まされました。
何と 喜多俊之さんと同時代にイタリアで学ばれていたとか。
その世代の先達が 今の日本のデザインを引っ張っていってることを
つくづくと実感。

アット名古屋の皆さんもとても元気で かなり濃い時間を過ごせました。
世代を超えても 初対面の人がいても 共通の気持ちがあると
多くの言葉がいらなくて短時間でスーッと まとまるのが本当に不思議。
貴重な仲間がいることに感謝。



こんな本があるのですね〜。
セブンチェアなどで有名な北欧モダン家具の『フリッツハンセン社』が
出しているマガジン。
ヤコブホルム社長のご自宅もその家具でまとめられているとか。
私もDecorteテイストでお部屋をまとめてます。
また いつかご紹介しますね。



優先するもの 

June 18 [Sun], 2006, 23:53
先日のセミナーの時のお話にもあって なるほど〜と思ったのが
今 世間を賑わしているエレベーターの問題も 耐震偽装の問題も
全て 『コスト』絡みの問題。

エレベーターを必要とする大型物件は 大抵 『入札』が行われ
落札されるため 各社ギリギリの値段を出してくる。
それでは利益を確保できないため 設置されてから
義務付けられている 定期点検に法外な値段をつけ 会社を維持する
というカラクリとしていたようだ。
しかし もっと安価にメンテナンスをする会社に依頼するようになり
その変更した会社にはマニュアルさえ 製造メーカーから渡されていなくて
結果として 本当の意味でのメンテナンスになっていなかったため
尊い命を犠牲にしてしまったのだ。
会社を存続するため マニュアルを渡さなかったのかもしれないが
何れにせよ あってはならないことが起こった責任は大きく
こんなシステムが存在していたこと事態 由々しき問題だ。

ただ 両方の会社を責めるだけでは問題解決につながらず
私たち消費者や社会全体が 『安ければ良い』のではなく
『どうしてこのコストになっているのか』という視点をもち
常にその理由を自らに問うことを世の中の常識としないかぎり
このような問題がなくならないように思う。

例えば エレベーター2機の計画を1機に変更しコストダウンを行う。
大切なメンテナンスを行わず犠牲者を出す無念さより 
1機に減らされる不便さを私なら選びたい と思う。

父の日 

June 16 [Fri], 2006, 18:05
今週末は『父の日』。
皆さんは何か計画がありますか?
先日の百貨店は プレゼントを買い求める人で賑わっていました。

私の場合は 父と(もちろん母もいっしょに)一足早く 食事へ行って来ました。
これと言った趣味もなく(元々アウトドア派のせいか?) その上 身体の
自由がきかない父のための身の回りのものは 母がぴったりのものを誂えるので
不自由がないし 贈り物が好きな私も格別 贈る物に困る人です(苦笑)。
それもあって 毎年 たいてい 父の日は お食事へ行ってます。
どうしても出不精になってしまうし これが今のところ一番いいかな?と
思っています。
父に お伺いをたてると 即答で良い返答が返ってくるので
満更でもなさそうだし。
いっしょに行けるのが一年でも長くなるよう願って。

皆さんも 贈る物を迷われた時は 一年に一度 お食事へ
ご一緒するのはいかがでしょうか

展示会シーズンの一日 

June 15 [Thu], 2006, 23:20
定休日の今日は 友人のMさんと展示会巡りでした。
照明器具メーカー2社と ヤマギワさんでのイタリア家具『モローゾ』の
発表展示会&レセプションへ行って来ました。
セミナーも受講し 盛り沢山の一日でした。

現役インテリアデザイナーさんのお話は 具体的で分かりやすかったとともに
お客様に対する姿勢に共通点が多く 共感できました。
お客様の言われる通りにするばかりでなく 潜在的な要望を叶えてあげるべきことや
お洒落なモデルルーム風にするのだけでなく いかに快適に住み続けることが
できる工夫をするか などなど。
さすが ベストタイムで2年間お仕事されただけあって お話ぶりもお上手でした。
また レールメーカーもそうですが 以前からの其々の地位と 照明器具メーカーも
わずかづつではありますが 逆転現象が起こっているかも?と思わせる
新商品のラインナップでした。

『MOROSO』は 以前もナゼロなどが扱っていましたが 今後はヤマギワが
日本市場では独占でスタートするそうです。
喜多俊之さんの『SARUYAMA』は 形が面白くて おまけに座り心地も意外に
快適で すっかり気に入ったソファでしたが 280万円もしたので諦めました。。。
大好きなトードボーンチェや三宅一生とのコラボで話題のリップルチェアなどが
あったり 貼り地の素敵さとバリエーションの豊富さに さすがソファメーカー
と感心しましたが この玄人好みの商品が名古屋でどのように評価されるか
今後に注目したいです。

レセプションのお料理は神谷デザイン関係のケータリング屋さんが
担当してました。(見たことのあるお顔が。。。)
勧められたスパークリングワインが一日の疲れを癒やしてくれたので
良い気分で早々に帰路につきました。
まだ 仕事が残っていたのでした。

時間をこえて 

June 14 [Wed], 2006, 23:44
知り合いの設計士さんの事務所開きやお祝いなどを買いに 松坂屋へ。
小さな展覧会が開かれていました。

『ルイヴィトンミュージアム収蔵 ハードトランクコレクション展』では
ルイヴィトンの出発点である 1800年代からのさまざまなトランクが展示されて
いました。(写真撮影は厳禁のため悪しからず。)
書棚と折り畳み式のデスクが内蔵された音楽家のトランクや夥しい靴が
収蔵できる女優さんのトランクや お化粧道具が効率よく収納できるトランクなど
優れた技と美しいデザインが調和していました。

全てオーダーのものなので お客様と作り手の見事なコラボレーションが
時代を超え 訴えてくるものがあり こんな仕事がいつかできるといいな と
新たな目標ができました。
それとともに こんなトランクを持って旅を続けていた古えの人々が羨ましく
時間に追われない 船旅に行きたくなりました。
それとともに 以前 ニューヨークのアッパーウエストの『ルイヴィトン』の
お店をのぞいた時のことを思い出しました。
地下の薄暗く人気のない店内は トランクの山(これらは、新しいもの)。
この地はこんなトランクを必要とする人 時間にも経済的にも余裕が
ある旅ができる人が住んでいることをあらためて実感したことを。



2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像angel
» 記念日 (2006年06月27日)
アイコン画像deco
» 記念日 (2006年06月27日)
アイコン画像miki
» 記念日 (2006年06月27日)
アイコン画像deco
» いにしへの都へ (2006年06月27日)
アイコン画像deco
» 記念日 (2006年06月27日)
アイコン画像arima
» 記念日 (2006年06月26日)
アイコン画像kinoko
» 記念日 (2006年06月26日)
アイコン画像ラテン音楽の好きな人
» 記念日 (2006年06月26日)
アイコン画像うふふっ
» まもなく ON AIR! (2006年06月26日)
アイコン画像deco
» まもなく ON AIR! (2006年06月26日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ymdecorte
読者になる
Yapme!一覧
読者になる