車谷浩司でウズラ

June 08 [Thu], 2017, 11:08
インフルエンザにならないようにするために乳酸菌が効果があるといわれています。約1年前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹患する子供の人数が大幅に減少したというコンテンツを見ました。

私の娘が受験生でしたので、以来、ずっとヨーグルトを食卓に出しています。乳酸菌が生きて腸まで届くタイプのヨーグルトが格別にいいそうです。

便秘に効く食料品は、水分や食物繊維、乳酸菌を有する、発酵食品といわれています。頑固な便秘の人は、うんちが固く腸内に溜まった状態になっております。



この状態を改善して、便を出やすく柔らかくするため、初めに 水分と食物繊維を摂りながら、腸内環境を改善するのが良いでしょう。
乳酸菌と耳にして連想されるのはカルピスです。昔から、日々飲んでいました。なぜなら、乳酸菌が入っているからです。
私に毎朝、お母さんが出してくれました。
そのために、私は便秘を経験したことがありません。カルピスのおかげでとても健康体になりました。

1歳から5歳くらいの幼児がインフルエンザというものに感染し、高熱が出た後、急激に意識障害やけいれん、異常行動等の症状を引き起こすのがインフルエンザ脳症となります。インフルエンザ脳症とは、命にも関わる大変な疾患であり、回復した後に後遺症が残るケースもあるのです。便秘に効くツボで有名なのは、おへそから両側に指に2本分程度離れたところに天枢(てんすう)が有名です。


他にも、おへその下5cmくらいのところにある腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。

手首にも支溝(しこう)と外関(がいかん)というツボが存在します。

色々なタイプの便秘によっても、効くツボが違うので、自分にとって適切なツボを押すと改善できやすいでしょう。私は先天性のアトピーを持っており、幼い頃は、「虐待でもされてる?」と心配される程、かなりひどい見た目でした。ありとあらゆる治療法を試しても、効果が出なかったばかりか、住居を変えたところ、急に肌がキレイになり、酷い痒みもおさまりました。思いきりよく環境を変えるのも、アトピーの治療に一役買うかもしれません。


元来、乳酸菌が身体に優しいことはわりと知られている事実ですが、一方で効かないという説もあります。


これについても本当かどうかなんてわかりません。
その理由は、体質には個人差があるほか、乳酸菌はあくまでも菌であり、即効性が期待できる治療薬ではないからです。
一度試して自分に合うかを確認してから判断するのがよいです。乳酸菌シロタ株でおなじみの、ヤクルトでしょう。



昔、白血病になり、闘病した経験のある渡辺謙さんのCMをよく目にします。あざやかに白血病との闘病生活から帰還し、ハリウッドでめまぐるしい活躍をみせている渡辺謙さんがCMで大絶賛していると、大きな効果が期待できそうな予感がします。今、便秘に効く食べ物を毎日食べています。

ヨーグルトです。



来る日も朝食べています。



頂いている間に、最近、便秘が良くなってきました。

あれほど頑固で、ひどかった便秘がなくなってコーラックなどの薬を飲水することもなくなりました。今ではポッコリしていた腹部も、ひっこんできていて喜ばしいです。
知っての通り、アトピーは大変にきびしい症状になります。
暑い寒いを問わず1年中耐え難いかゆみとの闘いになります。

夏場は汗をかくのでかゆみが増し、冬場は乾燥のせいで痒みが増します。また、食べ物アレルギーを持っていることも多く、知らずに食べてしまうと、かゆみだけの問題で収まらず腫れたり、呼吸が困難になってしまうこともあります。
近頃は毎年のように冬になればインフルエンザが大流行しています。


年を追うごとに予防注射をする人も増える一方ですが、都市部ではとても多くの人がかかているのが現状です。いくつも感染経路は可能性がありますが、公共交通機関や街中、職場など、大人数と接触する空間で感染しているのではないでしょうか。病気のインフルエンザに感染してしまうと学校の出席が5日間できなくなります。

インフルエンザに感染してしまったとしても、発熱は2、3日で治まるので、つい、登校する気になってしまうかもしれません。

熱がすっかり下がっても、体内にウィルスはまだ残っており、他人にうつる危険性があります。なので、出席停止の間はを家にいることが集団感染しないためには重要なことです。

気にする人もいますが、乳酸菌を多く摂りすぎても特にこれといった副作用はございません。



ただそうではありますが、身体に良いにしてもヨーグルト等で多く摂取し過ぎてしまうと、カロリーがオーバーする可能性がございます。消化し吸収できる量には限界があるので、常識の範囲内を心がけておくと確かでしょう。


便秘になってしまっても、薬があれば簡単に、解決することができるとは思いますが、薬にばかりに頼ってしまうのはよくないので、食生活を見直してみてください。実際、食物繊維が豊富に含まれた食べ物を摂るのは効果的で、不溶性と水溶性といった2つの食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。

野菜やきのこ類、海草類を多めに食べましょう。

インフルエンザは風邪と比べて別のもの知られています。
その症状は、1日から5日程度の潜伏期間を経過して、すぐに高熱となり、3日から7日ほどその状態が続きます。

型によって、筋肉痛、腹痛や下痢など症状が微妙に違います。しかし、肺炎を伴ったり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、恐れるに匹敵する感染症です。決められたものがあるわけではないのです。


明示されているわけですから、その日の摂取量を一回にして取り込むよりかは、決まった回数に分けた方が身体のすみずみまで届くということから効果を実感できます。
この間、インフルエンザに罹患してしまって内科を受診しました。

どれくらい潜伏期間があるのか分かっているわけではないのですが、インフルエンザにかかっている人と接触の機会があってうつったのだろうと考えています。高い熱が3日わたって出て大変苦しい思いをしました。インフルエンザは高い熱が出続けるので、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分として目を止める存在となっています。オリゴ糖を摂取した乳酸菌は活発になり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。乳酸菌とオリゴ糖はどちらも内臓の働き向上や健康には欠かしてはならない重要な成分であるといえます。私がなぜ便秘になったかというと、運動不足にあるのだと思います。

会社への毎日車で通勤しているので、歩く事もめったにありません。


犬でもいれば違うのでしょうがいないので、散歩に行くこともありません。

そのせいで、私は便秘なのでしょう。
でも便秘を少しでも軽くするため、今日からウォーキングを行おうと思います。アトピー性皮膚炎の治療に活用される薬は、年ごとに高い効果を得られるようになっています。言うまでもないことですが、必ず医師の指導の下で適正に使用するということが大事です。


もし、違う治療や薬剤を試したい時には、医師、薬剤師の意見を聞くか、セカンドオピニオンを参考にするといいでしょう。独りよがりの判断は好ましくありません。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユヅキ
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる