衣笠と小田桐

February 27 [Sat], 2016, 18:59
看護師の働き先といえば、病院という考えが一般的でしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも多々あります。保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の職務です。それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。看護士を志望する理由は実際に、どのようなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを交えるとイメージが良くなります。転職の場合、その理由はこれまでに培った経験を有効活用したいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、前向きなイメージを持たせられるものにします。今までの勤務先についての良くないことは言わないようにしてください。昨今は高齢化社会が進み、看護師は福祉施設でも需要が増してきているのです。また、大手の会社になると医務室等にも専門の看護師がいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを実施しています。このような時は、その企業の社員として入社するといったこともありえるでしょう。産業看護師は働く人の健康のために保健指導とかうつ病防止のメンタルケアも行います。産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、ハローワーク等で見つけるのはほぼ不可能です。興味がある人は看護師専用転職サイトを利用してください。そういうサイトなら、産業看護師の募集も掲載されることが多いです。全国の看護師年収は平均して437万円くらいです。しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務のため、年収は平均すると、593万円くらいになります。公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。準看護師だと、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。看護師の国家試験は、1年に1度行われます。看護師不足が深刻になっている日本のためには良いことに、直近数年の看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを示し続けています。看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格可能な国家試験です。産業看護師とは一般企業に勤務する看護師をいいます。看護師と聞くと病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所に勤務する人もいます。仕事の中身、役割といったことは働く会社により、様々ですが、従業員の健康を守り、管理することはどの企業でも行う仕事と思ってください。看護師の資格を得るためには、何通りかの方法が考えられます。看護師免許を手にするためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、突然、試験を受けることは認められていません。試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護について学習することが必要だというわけです。高校進学の際に衛生看護科で勉強を始めると、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、一番早く、看護師の資格を得ることができるでしょう。しかし、途中で違う進路を考えだしても変更するのは大変です。さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、試験までの期間が短いために試験に向けた勉強や実習が不足するために合格が困難という側面もあります。看護師が上手く転職するためには、将来の自分のことを想像して早めに行動を起こすことが大切です。また、どんな点を重視するのかを決定しておいた方がいいでしょう。将来どうなりたいかをきっちりと考え、その希望に合った転職先の情報をちょっとずつ集めてください。年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件もピックアップしておきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:梨花
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ym50i7obhstlbu/index1_0.rdf