ホシジリスの倉沢

March 07 [Mon], 2016, 16:20
修学旅行やツアーなどに随行して、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。子供のいる既婚者は土日が休みになっていたり、夜勤がない職場を求めています。病院以外を職場とするのであれば、そこに適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。なぜ看護師になろうと思ったのかは本当にどんなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。転職の時の理由はこれまでに経験したことを活かしたいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。これまでの職場に対するマイナスのことは口にしないことが大事です。日本での看護師の年収は平均437万円程度です。けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院より高くて、福利厚生の点も充実しています。準看護師の場合だと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。看護師の働き先といえば、病院という想像が普通でしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも多々あります。保健所で保健師の方と連携して、地域の住民の様々なヘルスケアをするのも看護師の役目です。また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、医療行為は看護師が行うことが多いです。看護師免許を取るには、何通りかの方法があるのです。看護師免許を得るためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護について学習することが必要です。看護士の求人情報は豊富にありますが、希望と一致する条件の求人があるとは言えません。看護師の資格を持っている方で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤のないところで働きたいと思う人が多いはずです。希望に合う勤め先に転職するためには、たくさんの情報を収集することが大切です。高校進学の際に衛生看護科で勉強を始めると、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、看護師になるのに、最短の道を歩むことができるでしょう。ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変えることは難しいです。それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、期間が短いことが理由で勉強したり、実習をこなす量が少なくて合格が困難という側面もあります。看護師になるための国家試験は、年に1度開催されます。看護師の人数の不足が問題となっている日本にとっては良いことに、直近数年の看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を保ち続けています。看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超過できれば合格を勝ち取ることのできる試験です。現代は高齢化が進んで、看護師は福祉施設などでもニーズが広がってきているのです。また、大手の会社になると医務室等にも看護師がいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを実施しています。このようなケースは、その企業の社員として入社するといったこともありえるでしょう。看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較すると特殊であり、就職先によっても違ってきます。職場では一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているという勤務先も多いものです。2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制を望む看護師も多いです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:テッペイ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ylwpoovtleevhl/index1_0.rdf