不妊の原因と対策を考えるとき無視しては

December 15 [Thu], 2016, 19:38
不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)です。生殖ホルモンのバランスがストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)により崩れると、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。
早く赤ちゃんを望む周囲の期待や過度な緊張感が不妊治療に通ううちに高じてくるという場合もあり、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。
治療しているのですから、あとはおおらかに構えるのが大切です。



妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」がいろいろな働きをしていることが分かっています。



葉酸は、ビタミンのひとつです。
その効果は適切な量をきちんと摂取する事で、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。



赤ちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や願望している方も、葉酸の摂取を心がけてみて頂戴。お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、精神的にも大きな負担があることは明らかです。自治体の助成金制度を利用しても、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす自治体が多いですね。私は40歳以上の人こそ治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。

実は私自身もすでにアラフォーですので、見捨てられたような寂しい気持ちで、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)も限界です。

流産を経験しています。ずっと欲しかったおこちゃまでしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、しばらく経ってから、また妊娠について前むきに考えられるようになり、妊娠に向けて、準備をはじめるようになりました。妊娠しやすい体になることを目的に、以前から冷え症に悩まされていた私は、運動で体の調子を整えることにしました。

運動によって新陳代謝が良くなったのか、低体温が改善し、基礎体温が上がったので冷え性を治すことが出来ました。自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活を頑張ろうと思いました。一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。
本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をとねがっていたのですが、言い出しにくい感じがしたので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。



1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、妊娠できなくて、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。私の場合はそれが良かったのでしょう。


ほどなくして下の子ができました。費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。


不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて新しい血を創り出すのに有効な栄養素です。


この効果は不妊改善にも有効で、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠確率が上がるのです。タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。葉酸で血液が増産されると、血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能が正常化して活発になり、不妊対策に良い結果を持たらすのです。みなさんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)の不妊に関係する成分である鉄分は、供に不足しやすいという共通点があります。
一般的なご飯では、適切な量の摂取が難しいとされています。ですからサプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。
最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも見かけますから、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、適切な摂取が、お手軽に出来ますので御勧めです。妊婦や赤ちゃんにっとって、葉酸はあまたの効果を持たらしてくれます。


特に葉酸の十分な摂取によって、赤ちゃんの先天的脳障害発症のリスクが低減する点は大変重要なポイントですよね。こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)は、母子いっしょに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが大切です。たとえば、葉酸のサプリならば摂取が難しくないですから良い方法ではないでしょうか。
いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。結婚して3年目くらいまでは、基礎体温はつけていたんですけど、出来ない時は出来ないのだと感じました。同年代のご夫婦がおこちゃまを連れてる姿を見るたびに、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。

病院で検査をうけているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、担当医の指導をうけて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに早々に妊娠が発覚しました。



原因がわからないときは早めに受診したほウガイいということでしょう。
赤ちゃんを授かったという事で栄養指導をうけたり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導をうけた方も多いでしょう。多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることができます。ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。


食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱すると溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。
基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、妊娠後期の妊婦には葉酸が無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期にくらべて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そのような事はありません。胎児が先天的な障害を発症する可能性を低減してくれるという話では、先に述べた妊娠初期という摂取時期が大変重要な期間という事ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取する事でオナカの中の赤ちゃんに葉酸が働きかけることで、先天性神経管異常の発症リスクが減少することが科学的見地からも認められています。このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。実際に補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。


また種類によってはトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦が利用する場合も少なくありません。少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸のサプリの話題が上ったのですが、ベルタが販売している葉酸サプリが一番良いらしいって教えてくれました。

友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いと以前教えてもらったことがあったので、友達にアドバイスしました。友達が妊活を頑張っている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、げんきな赤ちゃんの顔を見せてほしいなって応援しています。

さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、推奨量の摂取を続ける事で、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。

理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠の初期の段階で1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸のサプリを利用するのが良いと思います。一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。



体が冷えて血のめぐりが悪化すると、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、生殖機能が低下することが知られています。


最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。
血行不順を緩和して自律神経(自分の意思とは関係なく働いている神経のことをいいます)に働きかけ、施術中のリラックス(不安や緊張などのネガティブな感情が一切ない状態のことですね)効果もあるのが魅力です。
赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蓮
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる