金田で勝部

July 17 [Mon], 2017, 21:17
近頃は積極的に申告する人が増えてきましたが、確定申告とは、年間所得を計算し税額を申告するものです。勤め先の給与から源泉徴収されている人や予定納税をしている人の場合は、既に納めている税金との差を計算し、多ければ還付され、不足なら納税します。確定申告で所得とされるのは給与や配当以外に、住宅売却で得た利益も同時に申告します。購入後5年以内に売却した場合の税率は約40%にもなり、それ以降に売っても譲渡所得の2割は税金に消えてしまいますから、大きな出費となります。居宅を売却する流れというと、売買を仲介する業者を選択、物件の評価、売り値を決め、媒介契約書にサインし、販売活動、見学者が来て、買手の価格交渉等に応じ、業者立ち会いの下で売買契約をして、精算と引渡しをして完了です。ここまでの所要日数は、いつ買手がつくかで全く違います。また、住んでいる状態で売り出すなら、転居の都合もあるでしょう。買手がつかなければ仲介業者との契約は3ヶ月で終了しますから、延長したり別会社と契約しても6ヶ月といったところでしょう。家を売りたいのに権利証が見つからなかったら家は売れないと言われますが、本当でしょうか。実際のところ、権利書がないと長年住んだ自宅でも売ることは不可能で、おまけに権利証(登記済証)の再発行も絶対に不可能です。ただ、方法はないわけではありません。物件の登記簿上の所有者が司法書士と面談し、『本人確認情報』という書類を作って証明してもらうことで不動産売買が可能になります。きちんとした書類を作成するには日にちもかかり、権利書はしっかり保管しておくに限ります。ちなみに汚れや紙の皺などは不問です。譲渡所得というのは、資産を譲渡(売却)したことで得た所得のことです。家を売って得た収入も譲渡所得のひとつです。所得ですから当然、所得税と住民税の対象ですが、給与、山林、配当などその他の所得とは分けて、譲渡所得のみで計算します。気になる譲渡所得の税金ですが、所有期間が5年超だとそれ以前に手放すよりも低い税率が適用されます。これから家を売りたいとお考えでしたら、所有期間と税率について理解した上で売る時期を決めるというのもありでしょう。完成済の新築物件や中古住宅、もしくはマンションなどこれから売る予定の住宅のありのままを見ることが可能なオープンハウスは集客力が高いです。立地や周辺環境もわかりますから、住宅売却を決めたらオープンハウスを開催し、興味を持ってくれた人に見学に来てもらうといいでしょう。居住中の物件の場合、オープンハウスの日程にあわせて外出とか外泊することも考えられますが、売り手が生活感が出ている家を気恥ずかしく思うのとは裏腹に、買手のほうは現実感をもって見ることができる点がありがたいです。身内に不動産屋がいれば別ですが、普通は居宅を売却する際は、まず不動産会社に家の市場価値を査定してもらって、販売価格を決めて媒介契約を結びます。価格設定には慎重を期したほうが良いですが、一週間以内に契約する人が多いです。内覧やオープンハウスを経て買い手がつく時期ですが、物件次第、価格次第で早くも遅くもなるでしょう。ただし宅地建物取引業法の定めるところにより、売手と仲介業者の間の契約は契約日から三ヶ月と決まっていますので(再契約可)、そのあいだに購入希望者を見つけられるかが売却のカギとなります。抵当権が設定されている不動産の売却は出来るものなのかというと、担保に入った状態でも自由に売買できますし、売買に伴う所有者移転登記も可能です。しかし債務を返済すべき人が残債を完済することができないと、担保となっている物件は競売にかかり、第三者の所有する物となり、住人は退去しなければいけません。つまり抵当権が残ったままの不動産は訳あり(難あり)な存在なので、実質上「売れない物件」となってしまうでしょう。家の売却相場はネットでも簡単に確認できるので、覚えておくと良いでしょう。国土交通省の『土地総合情報システム』という地価公示閲覧サイトでは、いままで実際に行われた土地家屋の取引実績により成約額、市区町村名、面積、単価、地目などのデータを細かく比較できます。過去ではなく現在の物件情報が欲しければ、例えば、アットホームのような不動産情報サイトで確認できるので、年数や立地などで価格を見てみると市価を想定できます。夫婦ともに収入がある場合は節税効果が大きいため、ここ十数年ほどは不動産を共有名義で購入することが昔より増えています。その一方で家を共同名義にしたがために面倒が生じる場合もあります。家を売る際、登記簿上の所有者が複数いる場合は、共有名義の割合にかかわらず全員の許諾を得なければ取引は成立しません。売却理由が離婚だったりすると、共同所有者である二人が今後の対応をよく話し合っておかなければ、家の売却もままならず、揉める事態にもなり得るのです。納得いく価格で家を売りたいと思うなら、価格や業者の様子がわかるよう、複数の業者に見積り依頼を出しましょう。複数の不動産業者に一括で見積り依頼できる中古住宅専門の一括査定サイトがネット上には多々あり、大手や地元系などが名を連ねています。サイトのサービスは無料ですし、一括査定サイトから何社に見積りを依頼しようと、納得いくまではどこの不動産会社とも契約する必要はありませんし、比較検討のために利用してみてはいかがでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ann
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yliit9ranebtp3/index1_0.rdf