年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では

December 31 [Sat], 2016, 17:19
年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。



沿うした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。



インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療をうけてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。治療をうける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大切だと心得てちょうだい。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、そこで調べるのも良いでしょう。一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行なえるかどうかや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。口内のセルフケアを怠れば、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだ感じがあなたの歯に近く、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。
あなたの歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。人工歯の歯根と義歯は、ガムを幾ら噛んでも取れな幾らいしっかりした構造になっています。



もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材でできているからです。インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。


その全額が自費になるのが普通です。



余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。

一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。


第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという段階を踏みます。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大切です。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてちょうだい。インプラント治療はすごくの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れがつづくといった身体に関する問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてちょうだい。


歯科治療のインプラントとブリッジ、どこがちがうかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着い立ところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。
さまざまな条件を考え合わせた上で、インプラント治療をうけることを決め立と思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで決定的なちがいが出てくると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方もずいぶん見うけます。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。



治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療の開始は実現できるようになりました。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。



麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持っ立ため他の歯の神経も刺激されて反応し立ためで、時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。簡単にインプラントとクラウンのちがいを述べるなら、あなたの歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで大聞く歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば冠のような形の義歯を造り、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。特質として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン(ドイツの物理学者ヴィルヘルム・レントゲンが発見し、第一回のノーベル物理学賞を受賞したそうです)、口腔内検査など検査を綿密に行ない、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聴き入れて治療を行なえます。
治療が終わっ立ところで、重要なメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用がつづくことを期待出来るでしょう。



義歯があなたの歯と同じように使えるようになればインプラント治療はおわりですが、定期的なメンテナンスをうけなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。
この定期検診に必要なお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてちょうだい。長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、それでおわりと思って油断するのは禁物です。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大切なのは自分自身でのケアなのです。

加えて、あなたの歯の神経ではなくなりますから、異常に気付くのも遅くなります。


治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大切ということですね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠雅
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる