宮部の桜天女

April 01 [Fri], 2016, 22:51
看護師が転職する際の要領としては、辞めるより先に次の仕事を決定しておいた方がいいですね。
そして、3ヶ月は使って丁寧に次の仕事を見つけるようにしましょう。
焦った状態で次の仕事に就くと、またしても辞めざるを得ない場合も出るので、自分の条件に合う職場をしっかりと見つけるようにしましょう。
そのためには、自分の希望を分かりやすくしておくことが必要ですね。
やはり、看護師の場合であっても転職が何回もあるとマイナス評価となるのかというと、確実にそうであるとは限りません。
自己アピールの方法次第で、意欲が高くて経験が豊富にあるというイメージを持ってもらうことも可能です。
しかし、勤務の期間があまりにも短い場合は、どうせすぐにやめてしまうと思われる場合も少なくないでしょう。
看護師の国家試験は、年に1度催されます。
看護師の人数の不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は90%前後とかなり高い水準を保っています。
看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格可能な国家試験です。
看護師の転職を上手にするためには、先のことを考えて早めに動くことが大切です。
また、どんなことを優先するのかを決定しておいた方がいいでしょう。
将来どうなりたいかをはっきりして、その将来像に合った転職先の情報を少しずつ収集してください。
年収、職場環境、働き方など、自分にとって譲れない条件もあれこれ思い馳せておきましょう。
修学旅行やツアーなどに連れ添って、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。
子供のいる既婚者は土日を休みにできたり、夜勤なしの職場を希望しているものです。
病院以外の場所で働くのであれば、その職場に適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。
看護師国家試験に合格するよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいと感じる人も多いのです。
看護学校はかなり厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。
そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、看護師国家試験にも合格した人は、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。
看護士を志望する動機は、実際に何をきっかけとして看護師になりたと考えたのかを交えることによって、印象が良くなります。
転職に関しての志望動機は、これまでに培った経験を活かしたい、もっと人の役に立つような技術を習得したいなど、前向きで明るい印象を与えるものにしてください。
前の職場での出来事の不満はいわないように心掛けることが大切です。
看護師の勤めているところといえば、病院と考えるのがオーソドックスでしょう。
しかし、看護師の資格を使える職場は、病院以外にも様々あります。
保健所では、保健師と連携し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の職務です。
また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。
看護専門職が職場を移る根拠としては、ステップアップと説明するのが良策です。
元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、待遇が良くなかったといった、負の動機であった場合、わざわざ株を下げることになります。
この場合は、仕事を変えたい本当の訳を真意は胸の内だけでよいので、建設的にキャリアを積もうとしているということを述べるようにして下さい。
看護師として働く人が転職しようとする時、違った職種に転職を考える人も少なくないです。
けれど、一生懸命に看護師資格を得たのですから、その資格が有効に活用できる仕事を選んだほうが良いでしょう。
全然異なった職種だとしても、プラスになるところはいくつも存在します。
大変な思いをして取れた資格なのですから、活かさないのはもったいありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:龍星
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yl7toocbaie1rn/index1_0.rdf