特にオリジナルと、現代風を見比べると楽しい

July 15 [Tue], 2014, 18:58
d
堅苦しく考えることはない。楽しむ為のポイントは以下だと思う。
花痴
@有名な演目を選び、予習をする。
最初はやはりヴェルディとかプッチーニが良い。そして今はWikiなどあるのだからストーリーを知った上で行く。
A中で有名な曲を聞いておく。
ジャンニスキッキのオーミオバッボーネとか、トゥーランドットだったら、(トリノオリンピックで有名になった)Nessun Dormaとかね。iPodなどで何度も聞いて慣らしておく。
Bおしゃれな双眼鏡を買う
鎖のついた極めてクラシックなオペラグラスを買う。間違っても高性能のバードウォッチング用にしない。色もエンジや銀など渋めで。写真参照。
Cタキシードは着ない
Veronaの野外オペラでタキシードを着てくるのは、田舎ものの(笑)アメリカ人(ほぼ)。イタリア人は、夏用の綺麗なジャケットにカラフルなパンツで涼しげに来る。汗をかいていても、涼しげな格好は重要。女性はサマードレスで。出来れば、薄手の光る素材スカーフも。そして、始まる前は、ビールではなくスプマンテを飲む。これは絶対。アレーナにはないが、一階席だとろうそくかな?持って入ることもあり、一斉に点けたり消したりして非常に美しい。
D出来れば同じ演目を違うアレンジで観る
これは驚くほど違うことに気づいて面白い。特にオリジナルと、現代風を見比べると楽しい。
僕は、この双眼鏡を歌舞伎を観に行く時にも使っており、彼女にも貸したりする。これもまた楽しいのだ。
男露888タグ:精力剤 花痴 【日記の最新記事】
低価格の機種ではインク3セット分程度の価..DFラインが勇気を持って高いポジションを..がんの治療は肝臓や腎臓などへの障害が避け..たった千円で会える女性いったいどんなイマジネーションなんだか
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/yktyuyktruh/index1_0.rdf