妊活中の女性から妊娠初期の女性まで妊娠に関わる女性が最も意識している栄

November 29 [Tue], 2016, 14:24
妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。葉酸は赤ちゃんが元気に育つために必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。では、もし葉酸が不足したら、胎児にどのような影響があると思いますか?実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。そのため、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天性の障害を発症する要因になると知られています。ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き始めました。夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、言い出しにくい感じがしたので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。月イチで3000円弱なので家計に影響ないところは良いのですが、妊娠できなくて、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。幸い、服用後2か月には下の子を授かりました。妊婦にとって重要な栄養素である葉酸、不妊との関係も指摘されている鉄分は、共に不足しやすいという共通点があります。普段の食生活では摂取量が足りません。ですのでサプリで補給するのが簡単でしょう。最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも販売されています。こうしたものを利用することで、不足しがちな成分を、簡単に摂取できるという訳ですね。葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。しかし、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。ですから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を配合されているものを選ぶのが良いでしょう。目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。こうしたサプリは妊娠しやすい体作りのためにも役立ちます。ですから妊活中の女性も早めの摂取を心がけてください。赤ちゃんを授かったという事で栄養指導を受けたり、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、調理の際の加熱で大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、摂取するようにしましょう。妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。妊娠初期の神経質な時期には過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついて管理しやすい為、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には良いですよね。妊娠が発覚した後、意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも問題はありません。しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、出産後も、葉酸の摂取によって毎日を健康的に過ごすことが出来ますので、出産後も葉酸を意識して摂取するのをお勧めします。皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。妊活中の方をサポートし、栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。選ぶ基準としては、やはり、葉酸を含んだサプリは欠かせません。葉酸の成分には、女性にとって嬉しい、貧血予防因子が含有されています。また、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。それと、意外かもしれませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、夫婦どちらに対しても是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、血液を造る力を強めるという働きがあります。これは不妊体質の改善にも効果があり、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠のチャンスが直接的に増えるのです。タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると新しい血液が体内サイクルを整え、生殖機能を含む代謝が活発になり、妊娠しやすい体作りができるのです。以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ちゃんを失ってしまいました。1年くらい経ってやっぱり子供が欲しいと思い、そこから妊活を始めました。今回の妊活では体づくりにも注意しました。冷え性を治そうとまず運動で、体を変えてみようと思いました。その結果、新陳代謝が良くなったためか、基礎体温を上げることができ、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひまり
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ykretbogd5rado/index1_0.rdf