たかみーでアピストグラマ・カカトゥイデス

March 28 [Mon], 2016, 14:45
介護士は、患者と接する場合が多いので、印象の良いヘアスタイルにも注意しておきましょう。
介護士として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが大事です。
勤務先によって、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを理解しておきましょう。皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、介護職にかかわる人たちもますます必要とされる可能性があります。それ故、今日でさえも介護士が不足していることが指摘されているのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。
毎年国家試験に合格して晴れて介護士となる人がたくさんいて、変わらず介護士の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが起因しています。



我が国の法律で、介護士は医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。介護士が介護行為を行うということは、今のところ認められていないのですが、医師の指導の下であれば認められている介護行為もいくつか存在します。
ですが、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、差し迫った状態になったときは、介護士の経験や知識にもよりますが、部分的に介護行為も行っていいのではないかと思っています。
あまり知られていませんが、介護士で公務員になる方法があります。それは介護施設の中でも国公立の介護施設に勤めることなんです。



介護士は専門的な知識や経験が求められ、安定した仕事だということで人気なのですが、さらに公務員の待遇が付加することでもっと安定性が高まりますよね。給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは何よりも魅力的だと思います。シフト勤務で働く介護士にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で体の健康を害してしまうのであれば、日勤のみという条件で転職するのも間違いではありません。
でも、重要なポイントとして、勤務時間が少なくなったり夜勤手当がなくなりますから、夜勤で働く介護士と比べて給料の額が減ってしまうことが少なくありません。例え年収が下がったとしても、日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。
貴重な人材である介護士が必要とされている場は介護施設に限りません。

グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても介護士の活躍が期待されています。
このグループホームにいるのは、認知症患者の方であるため、特別な配慮が必要となってきます。


様々な職場がある中で、介護に関わりたいという介護士は一つの選択肢として、グループホームで働くというのもいいのではないでしょうか。介護施設での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。


子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。

それから病棟勤務と違って、外来勤務では、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。
勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは介護施設による訳ですが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと待合室に患者があふれるようなことにもなって、介護士は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。どんなスキルが必要になるか、ということもどんな介護施設か、診療科はどこかによって、変わってきます。


介護士という仕事は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、そうは言っても、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければちゃんとした雇用条件で働けず、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。

介護士というものはストライキをすることも難しく、経営者サイドがしっかりと気を配るということが最も大切です。

介護士試験合格に向けて学ぶ場所として介護系の大学または専門学校を選択する必要があります。まず、大学はどういったところかというと、その時点での最先端の介護を含め、高度な勉強が可能であるということと、専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。
他方、専門学校に関しては、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。その他、学費に関しても大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。かつての介護士は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の介護士がほとんどでした。
ですが、近年は介護士という名前も定着して、男性の介護士も多いです。
介護士に求められる能力を考えてみると、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力も介護士に求められる要素だといえるでしょう。


一口に介護士の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。


そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になる場所で働けるようになるはずです。

仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。

大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。


少々昔の話ですが、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に介護士という仕事はイメージされていたようなのですが、現在ではもうすっかり、介護士が労働の対価に見合う高給を得られる専門職であることが、よく知られるようになっております。


その給料についてわかりやすい例を挙げると、女の人であっても、その稼ぎでもって、家族が食べていけるようにできる程です。つまり介護士というのはかなりの高給を期待できる仕事なのです。
正社員として働く介護士もいれば、パート勤務を選ぶ介護士もいます。正社員の場合は月給制で、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。
どのくらいの額かといいますと日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺が普通のようです。パートとしては良い時給なのかもしれません。

しかし、介護機関で働く専門職ですし、かなりの激務をこなしていることを思うと、あまり良い時給ではないのかもしれません。もし転職される場合には、介護士の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、その際、注意点があります。何に気を付けるべきかと言いますと、その履歴書で最も重要な志望動機をどのように記入するかです。



志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、技術や知識を学べるといった理由や今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。介護士として働くことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。ハードな通常業務だけでなく、決められた労働時間以外の業務もあったりして時間通りに帰れないということはよくあるのです。



それでも、もしもひどく忙しく、疲れている場合でもにこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしてもすぐさま笑顔を向けられるのだから、時々、介護士は女優みたいだなと思うことがあります。往々にして介護士の職はハードワークだと言われますが労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。具体例として、二交代制の介護施設勤務について言うと、合間で休憩はあるのですが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。
労働時間が長いということも一般的に、介護士の勤務というものが過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。
正介護士は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、看護の専門学校や大学等を卒業することが必須です。

看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。
とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、看護学校受験のための予備校に通う人も増えています。



准介護士に限らず、働きながら正介護士の資格を取ろうとする場合は、看護学校が行っている通信教育課程がありますから、働きながら勉強することが出来ます。働く時間も休みも不規則な介護士の仕事ですが、土日を休みにしたければ、そうすることもできます。

病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、外来は土日はやっていませんから、介護士もお休みになります。何か不測の事態による緊急の出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。


また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、診療科にもよりますが、たいてい土日は休みでしょう。
朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、介護士は夜勤を交代制でつとめることになります。規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが大勢いる、というのが現実です。

結婚、出産、そして育児がスタートしたら24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合は夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。

とは言え、近年においては職場に戻ってきたりする人も増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。

学校を卒業したり転職によって、新しい介護施設に就職する際に、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、大体希望を叶えてくれる場合もあり、また、そこで人事を引き受ける人の見解により、左右される場合もあるかもしれません。配属先の決定は、介護施設側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、充分に考えられた配属であることが殆どです。


ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。治療の補助や患者の各種ケアなど、介護士の業務は多岐に渡り、介護士がいなければ介護施設内で仕事が回らないほどであり、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。



介護施設は24時間休みなく動いていますから、そこで働く介護士も24時間不在の時間があってはなりません。なので、仕事は日勤業務と夜勤業務で人員を交代させながら業務につくことになります。

他の交代制のお仕事と同様、睡眠時間をうまく調整できない場合は睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。女性に人気の高い職業の一つ、介護士になるためには、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、特に恐れるようなものではないようです。


さて、介護士を養成するための機関といいますと看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。

世間的に、介護士は収入面で安定している仕事だと認識されておりローンを組むことを考えている際、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。ですが、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない介護士については必ずしもそうであるとは言えません。



ローンを組むことが容易なのは非常勤でなく、正職員として働いているような安定している介護士に限って言えることであり、非常勤で勤務している人の場合、介護士であってもローンが難しいことがあります。能力評価では、自分の介護士としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。



実行している介護施設がほとんどのようです。介護士の個々の能力を、間違いなく評価することを可能にするため、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。

そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、年に一度だけ、という介護施設もあるようです。

自分の能力評価を受け続けることで、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。そもそも介護士といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。

そして、慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。
そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、丁寧に探してみれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。近年においては、ウェブ上のサービスとして介護士の転職をサポートする専門の求人サイトなどが豊富にあるようですので、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりしてぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。
最近では男性も増えていますが、女性が介護士として働いた場合、お給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。
だから、というわけではないかもしれませんが、着飾った人が多く見受けられます。ですが、とにかく忙しいです。


介護施設によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だというようなことがあるようです。
給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最適なのだろうと感じています。よく言われているように、介護士というのはとてもきつい仕事です。
特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいてもし容態が急に変わったら大事になりますし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いもすべて介護士の仕事となっております。

予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間に幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、めまぐるしく立ち働くことになります。



患者という立場から見ると介護士の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。

ですが、現実には介護士の勤務実態は大変厳しいことが多く、たくさんの覚えなけばいけない事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、常に緊張を強いられる状態なのです。
このような仕事のストレスで、こころの病に侵される介護士も少なくないそうです。

責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方や趣味がなくストレス発散が苦手というタイプは、注意が必要です。
小さい頃から介護士として働きたいと思っていましたが、家の都合によって会社勤めをしていました。
ですが、介護士の夢を諦めきれませんでした。資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するという選択肢もあるのですが、ちゃんとした資格を取得して介護士として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、介護施設で看護助手として勤めながら介護士の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。介護士の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、介護士のこれは多いです。
ただ、それ程スムーズに、出戻ってこれるのかどうかは当の職場の求人事情や辞めた理由などにより、違ってくるでしょう。例を挙げるなら、結婚や転居、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。



こういった事例は増加しています。


それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして出戻ってきて、働く人も増加中です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サキ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる