子供の頃の診察

July 03 [Thu], 2014, 15:52
子供の頃は、よく風邪を引いていて、
お熱が高くなると母親に小児科へ連れていかれました。

順番で自分が呼ばれると母親と診察室にはいり上半身裸にされ診察開始です。
母親との問診や聴診器を当てられたり喉の診察などをします。
その次ベッドに寝かされてお腹の診察でした。
服を着させてもらってる間に母親への説明と看護婦さんへの処置の指示があります。

一通り終わると仕切りの向こう側でいよいよ処置が始まります。

ベッドに寝かされると今度は下半身裸です。
その時点でいつも号泣でした。
数人の看護婦さんに押さえられ、まずは浣腸です。
あまり大きなものではなかったと思いますが、お腹が痛くなるまで我慢させられ排泄。
そしてまた仰向けに寝かされ座薬が挿入されます。
泣き疲れて少しおとなしくなった頃に注射がまっています。
うつ伏せにされ、また看護婦さん数名に押さえられながら、お尻の注射が始まります。
大暴れした記憶もまだ残っています。
時には2本する時もありました。

注射が終わってやっと下着などを着せてもらいお薬をもらって帰れました。

お薬はシロップのような飲み薬を何種類か飲んでいたと記憶しています。
錠剤や粉薬はあまりなかったと思います。
あとは座薬で、家では母親が処置していました。

これだけの痛い処置があると幼心には病院は怖いというイメージになってしまいますよね。

ドッグ結果

July 03 [Thu], 2014, 10:08
特に目立つ所見なし。
適度な運動を!
毎年言われていますが実践できずにいます。

ドッグ

June 29 [Sun], 2014, 9:29
やっと咳もでなくなってきて落ち着いてきたので人間ドッグに行ってきました。
尿検査→身長・体重・血圧測定→採血→視力・聴力測定→心電図→胃・大腸内視鏡検査→子宮体がん・頚がん細胞採取→乳房マンモグラフィー→胸部X線→腹部エコー。
こんな感じで受けてきました。
結果は後日。

熱はないのですが・・・

June 25 [Wed], 2014, 13:37
熱はもう無いのですが咳が止まりません。
気管支炎を併発。
飲み薬3種類。
お尻に注射1本。
痰が絡むのが気になってきた。
もう少しで治るかな?

発熱

June 20 [Fri], 2014, 22:27
朝から喉がイガイガしていた。
熱っぽいと感じてきたのは夕方。

帰宅後、急いで内科受診。
扁桃腺が腫れてきて熱は38・9度もあった。

診察後すぐに点滴(概ね1時間)
お尻に2本の注射。
うがい薬・飲み薬5種類・座薬5個を処方され帰宅。

少し熱は下がってきた様子。
明日まで様子見。
P R
最新コメント
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りょこ
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる