ある男の子の話。

November 19 [Mon], 2012, 23:27
図工の時間
額縁作りで飾りつけ先週からの続きです。

このクラスの先生は「自分で創造して描くのよ」と何度も伝えてくれるから、
子どもたちも一生懸命、自分なりの飾り付けを考えて描いています

先生が描いた見本がお花だったこともあり、
割合的にはお花が多いけど、
その中でも色んな種類のお花が出てきたし、
中には独創的な風景を描いた額縁を作った子もいました

前回の授業で先生は、
「この子たちはイマジネーションが足りないのよね」
とこぼしていたけれど、
今日の作品を見て、
「そんなことないよ。十分イマジネーション持ってるよ!」
と心から伝えることができました。

ちょっとしたきっかけをつかめば、こんなにステキな作品ができあがる。
子どもの力ってそういうもの。

ただ、どうやって表現すればいいかわからなくて、不安がってしまうだけ。
間違うことを恐れすぎて、うまく表現できないだけ。



そんなクラスでも、なかなか描けない子はいます。

何人かの子は私や先生が声をかけて励ますと描き始めたんだけど、
机の間を歩いて子どもたちの作業を見つつ、ちょっと気になる子が一人。
どうやら図工の教科書に載っているような木を描きたいみたいなんだけど・・・
教科書と自分の額縁と定規をいじくりながら、
描き始めて・・・消して・・・を繰り返してた。
上に紙を置いて写してみたり、
教科書の線を上からなぞって確認してみたり・・・

普段ならできるだけ教科書からの模写はやめさせるんだけど、
その子があまりに真剣に教科書に向き合ってたので、
今日はそのまま様子を見ることにした。

何回かそっと声をかけると描き始めたりもしたんだけど、
その子だけは少し経つとやっぱり消してしまう。


彼は、今日閉まっていたドアを開けて私が教室に入ったあと、
そのドアがなかなかちゃんと閉まらなかったときに、
真っ先に駆けつけて閉めてくれた子。
話だって真剣な目で聞いてくれる。

正確に描きたい。
先生に褒められたい。
でも、どうしても自信が持てない。

そんな想いがあるような気がする。


他の子たちが上手く作業を進められてるみたいだったから、
ちょっとの間その子について、木を1本描くのを見守った。
「葉っぱも描こうか」と言うと、
「太陽描きたい」と目で訴えてきたからうなずくと太陽を描いた。
そして、やっぱり目で「葉っぱはこう?」と訴えながら、
こちらを見たから、再びうなずくと葉っぱを描いた。
「よし!そうそう!描けたじゃん!」と言って一回離れたところ・・・

その様子を見ていた先生は、
「あの子は家庭に事情があるのよ」と話してくれた。
「字も全然書けないの」とのこと。
どうやら隣に座っているのは妹で、彼は留年しているそう。
だから隣の女の子がよく気にかけていたのか。
妹の方は兄を気にしつつ、要領良く進めている感じ。
時々物売りなどのために学校を休んでしまうこともあるみたい。
先生はそれを気にして、
少しでもクラスの一員であるという責任感を持ってもらうため、
配布物や何かを回収するときに彼にお願いしていたりする。

そんな話をしたあと、先生はその子に「見せにおいで」と言った。
「いいじゃない!少し大きくしたらもっと良いかもね!」
「その調子で反対側にも描きなさい」
と励ましていた。


だけど・・・
ここで、その子が気になってしまったのはきっと、
「少し大きくしたらもっと良い」という言葉だったんだと思う。
そして、担任であるその先生から言われた言葉は、
時々来るだけの私の言葉よりもずっと重い。


席に戻ってまた描き始めるかなと思い遠目で見ていたら、
迷いつつ消そうとする姿が目に入った。
内心慌てつつ、それを出さないようにゆっくり近くに行き、
「どうして消すの?先生も"良い"って言ってたよ?
 先生が言ってたようにこっちにも描こう?」と言うと、
「でも、もう少し大きくした方が・・・」とつぶやいた。
「じゃあ枝をココにも描いて大きくしようか」と提案してみたけれど、
やっぱり彼はその後迷った末に消してしまった。


声かけって難しい。
どこの国でもやっぱりそれは一緒。


あまり声をかけ過ぎてもプレッシャーになってしまいそうだったから、
ちょっと離れて様子を見ることに・・・

ちょっとしてからまた見に行くと、二つ折りにして待ってる。
「どうしたの?」と開かせると、なぜか額縁は完成していた。
四隅の既に出来上がっていた絵も違ったので、
「あれ?コレ誰の?」と聞いた瞬間思いついた。
振り返ると妹が兄の分を描いている。


言葉が十分にできない私がココで取り替えて戻しても上手く説明できないし、
先生が"(成績のために)点数をつけるからね"と言っていたコトを思うと、
結局どうすることが正しいのか私もわからなくなってしまった。

先生だってこれ以上留年させたくないんだと思う。
本人だって追いつこうと頑張ってる。
どうにか少しでも良い成績をもらえるように必死なんだと思う。

それでも正直"自分で完成させた"という達成感を感じて欲しかった。


だけど・・・

一生懸命描こうとしている姿はあまりに真剣だったから。
せっかく描いた木を消してしまったときの顔も真剣だったから。

そんなのは私の勝手な言い訳かもしれないけど、
そのあと妹が描いてくれた絵に一生懸命色を塗っている姿を見て、
今はこれで良いんじゃないかと思った。

絵は自分で描いたものじゃなかったけど、色塗りは自分でやった。
時間内ギリギリでもちゃんと完成させられた。


子どもを見てると何が正しいかなんてわからなくなる。
教育の答えは一つじゃないもんね。

私の今日の判断が正しかったのかはわからない。
あれから自問自答を繰り返してる。
どうすべきだったんだろう。
あの子のためになるのかな。
また同じような場面に当たったら、私はどうしたらいいんだろう。


でもね、最後は笑顔が見れたから・・・


今日はこれで良いよね?

風邪にご注意。

November 18 [Sun], 2012, 23:41
いやー・・・久しぶりに寝込みました

一昨日から喉をやられ、日に日に悪化して今日がピーク。
そんなに高温じゃないけど、ついには熱が出て1日ダウン

おかげでこの週末に終わらせたかったことが全然手についていないけれど
でも、3連休で良かった・・・

季節の変わり目。
急に寒くなったのが原因かしら・・・

みなさんも風邪にはお気をつけ下さい

オシャレ通り♪

November 11 [Sun], 2012, 22:39
なんだか1日1日が濃い2週間です。

昨日はマラケシュのSVさんが活動している大学で、
日本&モロッコの異文化交流会があり、参加してきました


今日は同期のCと午後に合流して一緒に帰る予定だったので、
それまでみんなでマラケシュ観光

・・・ということで、
テトゥアン隊員2人+モハメディアSV隊員2人+タハナウトのねえさんと、
マラケシュメディナを散策してきました

テトゥアン2人とモハメディアの新隊員さんは初マラケシュということで、
私もなんだか新鮮な気持ちでメディナを見ることができました。

新隊員さんが感動しているのを見ると、
なんだかんだで私も大分慣れたんだなぁと感じます。
でも、こういう新鮮な気持ちも忘れずにいたいですね


私のお目当てはねえさんオススメのオシャレ通り

フランスやスペインの方がデザインした雑貨があるお店の通り
周りにはオシャレなカフェがあったりもして、
とってもステキな雑貨屋さんが色々ありました

この通りはまた来たい


マラケシュは最初は人と物の多さでイヤになっていましたが、
来る度に色々と新たな発見が増えていって、
来る度にどんどん好きになってる気がする

人が魅了されるというマラケシュ。
少し理由がわかった気がします。


ねえさん、案内してくれてありがとうー

明日は・・・

October 25 [Thu], 2012, 23:08
ついに羊犠牲祭

ところどころから羊の鳴き声が・・・

そして、外に出ると、いつもはいない砥ぎ屋さんが、
ずらーっと並んで包丁を研いでいます

羊の餌も至るところで売ってます

みんなそわそわと色々なものを買い揃え、
明日に備えて準備、準備。

知り合いに会うと、
「おめでとう!羊買った?」と必ず言われます
タクシーの運転手さんにまで言われます

「買ってないけど、友達の家に誘われてるよ!」
「うちにも是非来て!マルハバ!」

今週、何度となく繰り返されたこの会話。
みんな、誘ってくれてありがとう

昨年度は一つの家庭で見せてもらったけれど、
今年は去年行けなかった家やいつもお世話になっている家など、
誘ってくれた家庭にできるだけ足を運びたいと思います

秋休み・・・半分開始。

October 24 [Wed], 2012, 23:17
羊犠牲祭まであと2日。
それに合わせて秋休みも始まります

・・・が、教員養成施設はもう今日から休みに入るそう。
ありゃま

代わりにI校に行ってきたけれど、先生たちもそわそわ・・・
半分の先生たちももうお休みでした


それでも、A先生はしっかり2時間体育!
5年生と6年生。
秋休み前、最後の授業。

前回の続きでドッヂボールの予定でしたが、
校長室の鍵を持っている先生がお休みで使えるボールがなかったため、
急遽しっぽ取りに変更。


たくさん走り回った子どもたち。

授業のあとは、
「ライード(犠牲祭)終わったらまた体育やろうね
「ムバラックラワーシャルック(おめでとう)
と、笑顔で帰っていきました

日本語教室。

October 23 [Tue], 2012, 23:59
毎週火曜日の活動後は、
青年の家で活動していた先輩隊員の日本語教室を、
シニアボランティアのMさんと引き継いで行なっています

なんとなく内容を予定して行っても、
毎週来る人数がバラバラなので、
来てくれた人の学習レベルに合わせて、
その日にやることを決めるっていう感じも否めないですが・・・

最近は毎週来てくれる人も増えて、
Mさんと初級と中級を分担して行うことが多くなりました

教科書などはないので、
中級は絵本を読みながら、
語彙を増やしたり文法を確認したりしながら進めています。
こうやって日本語に興味を持ってくれる人が多いのは嬉しいですね

毎回来てくれる人がいたり、
久しぶりに来てくれる人がいたり、
ウワサを聞いて初めて来てくれる人がいたり・・・

活動以外の楽しみの一つです

三度目の正直

October 22 [Mon], 2012, 23:30
・・・ということで、
再び教員養成施設へ出向いたら、
ようやく授業が始まりました

久しぶりに会ったH先生は、
相変わらず力強い講義をしていて、
私のことも快く迎えてくれました

去年発表した日本の小学校体育についても、
色々と覚えてくれているみたいで、
講義の途中途中にその話を盛り込んだり・・・

そして、講義の途中、思い出したように、
「yuka、今年は実践授業を増やすよ!」
・・・と言ってきました!

「40%が理論で60%が実践だから!」
と張り切っています☆



教員養成施設は今年度に入って色々とカリキュラムが変わっています。
小学校教員養成課程も内容が凝縮され、
より実践的な講義が求められるようになったみたい。
それに合わせて、H先生も早速授業の予定を組み直したようです。

ホントだったらすごい進歩
ほとんどの先生たちが小学校体育を経験したことがない中で、
実践的な授業はすごく大事。
いざ学校で授業をしようとしたときに、
イメージが掴めるか掴めないかで大きく変わると思うのです。

去年は10%くらいだった実践授業。
「施設がないから発表で理解を深めるしかないんだ」と、
実践授業の代わりとして発表をさせていたみたいだけど・・・
施設がないのは小学校も同じ。
見るのとやるのでは大きく違うコト、
本当は先生が一番わかってると思うんだ。
今年はどこまで増えるかなっ??

少しずつでも、一歩ずつ。

教育は長い目で見なければ成果なんてわからないもの。
焦らず私もやっていこう。

ベニ鍋♪

October 21 [Sun], 2012, 18:36
今日は久しぶりにベニメラル隊員4人で夕ご飯

初めてモロッコで鍋をしました

・・・とは言っても、
白菜や大根、糸蒟蒻など鍋に定番の材料はないけれど

それでもやるのがベニ隊員
C&T隊員が色々買ってきてくれたり、
肉団子を作ってくれたりして、
とっても美味しいお鍋になりました

私はベイクドチーズケーキ担当
オーブンはないですが、
こっちに来てからオーブンいらずのお菓子作りを身につけました!
・・・と言えるほど作ってはないけれど
ベイクドチーズは片手鍋でじっくり焼きあげます
クッキーを下に敷き忘れたけど、好評だったから良かった

久しぶりにゆっくり4人で色んな話をして、
とっても楽しい時間を過ごせました

C&T隊員、提案してくれてありがとー

12時間睡眠。

October 20 [Sat], 2012, 21:57
・・・しました

夜の7時頃から朝の7時前
早寝早起きもいいとこです。
活動から帰宅後、うたた寝してしまったらしく、
気付いたら朝・・・

昔から眠気に逆らえないときがあるんだよねぇ・・・
電源が落ちる感じ。


疲れてたのかなぁ・・・
昨日、雨が降って急に寒くなったのもあるかもね
風邪引かないように気をつけなきゃ。


寝不足解消できたのはよかったけど、寝過ぎも良くない
身体が怠けるー・・・


明日はもう少し実りのある1日にするぞっ!


季節の変わり目。
みなさんも体調にはお気をつけてください

日本の学校。

October 19 [Fri], 2012, 23:16
最近大分お馴染みとなった、
日本の学校と交流しているA先生のクラス

今日は授業の合間時間に日本の学校についてちょっとお話。

上履きに履き替えるという話には不思議そうな顔をし、
授業の話には興味深そうな顔をし、
毎日掃除の時間があるという話にはビックリした顔をし、
私も子どもたちの顔を見ているのが楽しかったです

そして質問TIME。
いやー、出るわ出るわっ
授業のコトから環境のコト、地震のコト、歴史的建造物のコト・・・

その場で答えられることは答えて、
日本の子どもたちに聞きたい質問は、
少しまとめてもらおうと思っていたけれど、
先生もまとめようとする気配はないので、
結局質問がたくさん出た状態でタイムリミット。

まとめる作業は空き時間に子どもたちとやってもらえるよう、
とりあえずお願いしてきました。

5年生のクラスで話をしていたんだけど、
その後教室に来た6年生も日本について興味を持ってくれたみたいでした。
授業が始まる前の休憩時間に6年生からも色んな質問が

少しでも子どもたちの視野を広げるきっかけになればいいな
profile***


HN:yuka*
birthday:1988.03.10.
blood type:O

青年海外協力隊:小学校教諭
Beni-Mellal in Morocco
2011年6月から活動しています。

日々の記録として・・・
見たこと、感じたこと、考えたこと。
少しでも残していこうと思います。
気軽に覗いてみてください☆

よろしくお願いします♪♪

*パスワード付き記事は、
私の苗字(ローマ字)で見れます◎
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
thank you***
アイコン画像履歴書バイブル
» 夜のメディナ。 (2013年06月30日)
アイコン画像ヨコヤン
» ある男の子の話。 (2013年01月21日)
アイコン画像yuka*
» 『海外子女教育』10月号。 (2012年10月05日)
アイコン画像ぶち姐
» 『海外子女教育』10月号。 (2012年10月04日)
アイコン画像yuka*
» HAPPY WEDDING☆ (2012年09月20日)
アイコン画像さち
» HAPPY WEDDING☆ (2012年09月19日)
アイコン画像yuka*
» アタマいたー・・・ (2012年08月16日)
アイコン画像yuka*
» 今日のモロッコ七不思議。 (2012年08月16日)
アイコン画像よこやん
» アタマいたー・・・ (2012年07月25日)
アイコン画像あきひと
» アタマいたー・・・ (2012年06月09日)