マイ・コレクション:「第九」カラオケ&合唱パート別レッスン

February 21 [Mon], 2011, 0:02
今回のマイ・コレは、ベートーヴェンの「第九」のパート別レッスン用のカラオケCDです。

これを買いましたのは、もちろん第九のレッスン用であったわけなんですが、当時合唱団でいろいろ探してきて団内でこれ使って!ということをやっていたということもあります。このあたりから、私はだんだん団の運営にかかわるようになっていました。そういう自らの「地位」というものが買わせた一枚です。

しかし、評価は当時から実は低い一枚です。それは、第九を歌ってみないと理解できないかもしれませんが・・・・・

まず、各パートが完全に独立していません。それぞれのパート別にトラックが振られていますが、実際聴きますとわかりますが、他のパートの音もしっかりと聞こえてきます。つまり、音取用としてはあまり適していません。その次の段階である、ほかのパートとのかかわりという点で優れています。

ですから、当時から私は「このCDは初心者にはお勧めできない」と断言し、当時すでに出ていたカセットのほうを薦めていましたし、実は私もそれで練習したのです。

ショパン社:ひとりで練習ができる 歓喜の歌パート別練習用テープ ソプラノ アルト テノール バス
http://www.chopin.co.jp/vew.cgi?num=167&ptn=

今では、そのCD版も出ています。
http://www.chopin.co.jp/vew.cgi?num=166&ptn=

こちらのほうが、各パートが完全にセパレートになっていて、音取用としては格段に優れています。合唱全般そうなのですが、いちばん大変なのは音取りなのです。アマチュア合唱団に参加している人たちには、楽譜が読めない人も多いのです。必ずしも譜読みができる人たちばかりではありません。少なくとも、このCDはそういった人たちに向けて作っているわけではありません。

さらに、各パートを詳しく見ていきますと、まずアルトパートでは二重フーガで歌いかたに間違いが。第675小節と第676小節の"Wir betreten"の部分があいまいです。ここはしっかりと歌ってほしいのです。アマチュアのアルトの方が一番苦しむ場所なのです。私も練習時ここで躓いて練習が遅れに遅れたという経験は二度や三度ではありません。必ずと言っていいでしょう。このことからして、音取り重視ではありません。

テノールパートでは、ナポレオンマーチと言われる男声合唱(第410小節から第431小節)が独立していません。どういう意味かといいますと、テノールパートはここでトップとセカンドの二部に分かれるのです。つまり、合唱は声部としてはここは三部になっているのです。あまりこの点のアンサンブルに触れている批評がないのでスルーされがちなんですが、まさかそれを見越していい加減に作っているなんてことはないと思いますが(単に編集方針だと信じたいところです)。ここも音取り重視とは言い難い点です。

しかし、皆様は疑問をお持ちでしょう。ではなぜ、あなたはこのCDを持ち続けているのかと。その理由は、むしろ最初に収録されているカラオケの部分にあります。

カラオケ部分は尾高忠明指揮、東京フィルハーモニー交響楽団と、実は素晴らしいコンビなのです。つまり、「もし合唱部分がなければ、こういうことになっているよ」というのが一目瞭然なのです。仮に楽譜が読めなくても、此れなら第九の構造を理解することが出来ます。

例えば、通常合唱にかき消されて批評も少なくなる練習番号M(第543小節から第594小節)ですが、ここは合唱が付点4分音符でとうとうと歌っていますが一方でオケは8分音符で目まぐるしく動き回っています。そういった第九の構造がとても分かり易いのです。

ですから、私は合唱団時代こういっていました。

「まず、ショパン社のもので音取りして、その後このCDで構造を学んでください」

これは、今でもそう思っていますし、このブログを読んでくださっている方、そしてそれ以外のすべての第九が好きな人たちにも、この言葉を贈りたいと思います。



聴いているCD
「第九」カラオケ&合唱パート別レッスン(監修:小松一彦)
豊田喜代美(ソプラノ)
大藤裕子(アルト)
小林一男(テノール)
勝部太(バリトン)
二期会合唱団(パート別部分)
尾高忠明指揮
東京フィル・ハーモニー交響楽団
(ソニークラシカル SRCR 8570)



このブログは「にほんブログ村」に参加しています。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村
  • URL:http://yaplog.jp/yk6974/archive/549
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク 絵文字 プレビューON/OFF
画像認証  [画像変更]
画像の文字 : 
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
かんちゃん
midoriさん

いらっしゃいませ!

さっそく注文されたのですね!音取りにはもってこいなので、ぜひ活用してみてください。

私はカセット(古!)で持っていまして、繰り返し聴いていました。

今ならCDからmp3にして携帯音楽プレーヤーででしょうか。

midoriさんが歌われる演奏会が成功しますこと、そしてmidoriさんが無事歌い終われることを、お祈りしております。
November 25 [Fri], 2011, 2:09
はじめまして。

12/14発表会なのですが(私は初心者で、今年9月から練習しています)、
どうも先生から渡されたCDがあまりお手本にならない感じで、
聴いたように歌うと注意ばかりされて困っています。
(テノールわかりにくくて。。。)
「評判が良いCDがあるらしい」と聞き及び検索したところ、
こちらのブログにたどり着きました。
ありがとうございます!

早速ショパン社に注文しました。
発表会直前ではありますが少しでもヘンな癖を直したく
ラストスパート頑張りたいと思います。
November 24 [Thu], 2011, 12:52
練習用CDを購入したい。。。さん

いらしゃいませ!

〉ショパン社のは音程もいいし、完全にパート別で良い、という評価ですよね?

はい、そのとおりです。音取りには最適の教材です。それこそ、「音程も発音も発声も、丸暗記して良いぐらい模範的なもの」であると思います。

私が買った時には所謂カセットのウォークマンを持っていましたので、カセットを購入しましたが、今ではmp3ファイルが一般的ですから、CDを購入するのがいいのではと思います。

カセットだと聞いていて難しいなと思ったらすぐ巻き戻してということができますが、mp3ファイルだと巻き戻すという機能がついていないことも有りますから、まずはどんどん聞き流しながら練習に参加し、どうしてもわからない部分だけ該当ファイルをリピートしながら今度は聴きながら歌って自宅でも練習するというほうが効果的だと思います。
September 29 [Thu], 2011, 0:06
練習用CDを購入したい。。。
というわけで、検索しました。
指示語が多くて、どちらを指しているかよくわからないのですが、
ショパン社のは音程もいいし、完全にパート別で良い、という評価ですよね?

初めてなので、音程も発音も発声も、丸暗記して良いぐらい模範的なものを購入したいんです。。。。
September 28 [Wed], 2011, 23:52
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yk6974
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:7月4日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-よく聴くのはクラシックですが、ほぼ何でも聴きます
読者になる
2011年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
Yapme!一覧
読者になる