縮み志向の言葉たち 

April 23 [Tue], 2013, 23:12
最低気温は午前6時の「−2.0度」、最高気温が午後1時、2時の「10.7度」、高低差が「約13度」でした。
いやいや、寒いことで(笑)。



さて、このところでご紹介している「漢字の常識・非常識」なんですけど、「縮み志向の言葉たち」という章がありまして、これが、また、いろいろと目ウロコだったのでございます(笑)。

「地価高騰に油を注ぐ」
新聞などで文字数に限りがあって出来上がった言葉かも知れませんけど、油を注いでどうするのかって話です。
これは「市民運動への規制は、市民の反発の火に油を注ぐ結果となった」という使い方の一部分なので、「油を注ぐ」だけでは意味がないのですね。
まさか、中国語の「加油」のように応援している訳でもないでしょうし(笑)。

「東西を問わず」
これも、「東洋、西洋に関わりなく世界中で」ということですから、本来は「洋の東西を問わず」という言葉です。

ま、この辺は読んだときに舌足らずな変な感じがするんですけどね。

「堂に入る」
「堂に入る」って、一発で変換が出ますからひとつの言葉として認識されていると思うんですけど、私も、何にも考えずに「堂に入った」とか使ってました。

これ、語源は論語で、孔子が子路の琴の腕前を評して「子路の技術は堂に昇ったところで、まだ室には入っていない」と言ったという話から「堂に昇り室に入る」という言葉ができたので、それの頭と尻尾をくっつけて「堂に入る」ということになっちゃったんです。
だから、「堂に入る」だと、まだ入門段階だと言っていることになっちゃうんですね。

びっくりだ(笑)。

http://a1304231.jugem.jp/
http://adgjm.net/blog/?us=a1304231
http://a1304231.blog.shinobi.jp/
http://blogs.yahoo.co.jp/a1304231
http://a13042312.seesaa.net/
http://blog.livedoor.jp/a1304231/
http://ameblo.jp/a1304231
http://blog.goo-net.com/a1304231/
http://blog.oricon.co.jp/a13042314/
http://a1304231.exblog.jp/

「習い性となる」
これは縮め違いというのと微妙に違うんですけど、「『ならいしょう』となる」と思い込んでました。
って言うか、そう聞いたように思うんですね。
これは「習い、性(せい)となる」で、習慣が性質のようになるなんですって。

これと同じようなものが、「先入主となる」で「先入、主となる」が縮まってしまった結果、「先入主」という言い方ができてしまったのです。
意味は「先に入った事柄が心の主(あるじ)となって(その後のことを偏った見方をして)しまう」ということです。

「間髪を容れず」も、「間髪(かんぱつ)を入れず」と思ってますけど、「間、髪(はつ)を容れず」が元々です。

「、」ひとつ無くなっただけで、繋がった単語のように思っちゃいますね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yjsnpif
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる