田仲の浜川

June 08 [Wed], 2016, 12:52
妊娠している女性にとって無くてはならない栄養素が葉酸です。葉酸は胎児の脳や神経を生成するのに必須の栄養素なんですね。葉酸はほうれん草などに、多く含まれていますので、積極的に食べるようにしてください。ほうれん草一束を毎日摂ることが不可欠となります。けれども、これは大変なので、食事と同時にサプリメントを摂ることを推奨します。

妊娠しにくい体質を改善する食品というと、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。



鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども大事な栄養素が含まれていますから、摂取が推奨されます。しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、さまざまな食材をとるのが理想的な食生活というのに変わりはありません。また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、避けたほうが、妊娠してからも楽になります。病院でも言われますが、葉酸は赤ちゃんの発育をサポートする非常に大切な栄養素として有名です。
妊娠することを希望する段階から摂取する事が理想的だと考えられています。

初期はつわりので食べられる物が限られる妊婦さんも多くいるため、サプリを利用するのが効果的です。また、貧血が起きるのを防ぐ為にも葉酸や鉄分の複合サプリメントを摂取することでさらに効果があがると言われています。
葉酸は妊娠したいと考えはじめた段階から妊娠の初期にかけて摂るようにする事が良いとされているため、お腹の赤ちゃんの先天性奇形を防ぐといった効果があるんですね。


実際、妊娠3ヵ月頃までの時期は、葉酸の含まれた食品やサプリなどから摂取するように意識する事が大事になってきます。
二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。

ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、言えば不機嫌になりそうだったので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。

料金は1回2800円で安価でしたが、即、妊娠できるというわけでもなく、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。相乗効果なのか、服用後2か月には二人目の妊娠が判明。
やったぁ!と思いました。嬉しかったです。



葉酸というものは妊娠する前から積極的に摂取するのがおすすめとされています。

赤ちゃんの奇形を防ぐために摂取する事が必要になってくる栄養素なのです。
葉酸は野菜にたくさん含まれる栄養素ですが、意識的に食品から毎日摂取するのは面倒で続けていくことは大変ですから、サプリトで摂ると効率がいいと考えられています。

鍼でツボを刺激することにより自律神経系及び内分泌系の働きを良くする効果があり、体全体のバランスのとれた状態に整えたり、促進したりする効果が期待できます。

お灸は肩こりや腰痛などの治療の際に行うものだと思っている方も多いと思いますが、副作用の心配なく妊娠しやすい母体を作る自然療法であるということで不妊症の悩みにはお灸がいいそうです。


カフェイン入りの飲み物を飲みたくない妊活中は、よく飲まれる飲み物としてハーブティーが挙げられます。


その一つの理由は、体にとっていい効果があるためです。一例として、不妊の原因でもある冷え性の改善や、生理周期の乱れを整えることです。

他にも、気持ちを穏やかにするといった効果もあるようです。妊活している間は特にストレスを溜めてしまわないよう注意しなければならないのですが、その解消が期待できます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruto
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yiv01elredwdby/index1_0.rdf